国民新党の下地幹郎国対委員長(衆院沖縄1区)は20日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米議会関係者と意見交換するため成田空港を出発した。米上院歳出委員長のダニエル・イノウエ議員らと会談し、22日に帰国する予定。下地氏は出発に先立ち、19日に首相官邸を訪ね、鳩山由紀夫首相に訪米目的などを説明している。

【関連ニュース】
普天間移設:日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ
普天間移設:徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官
普天間移設:政府案28日発表で調整 辺野古埋め立ても
普天間:対処方針巡り、政府・与党内での綱引きが激化
普天間:政府、沖縄県に鳩山首相の再訪問予定を伝える

大規模災害にツイッター=総務省消防庁が運用開始(時事通信)
富士通を指名停止処分=リースパソコン障害で―国交省(時事通信)
<災害情報>公式ツイッターで発信 消防庁(毎日新聞)
小沢幹事長 政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)
在日米陸軍 司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)