小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反容疑で逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)が、土地購入代の4億円を小沢氏から借り入れることを公設第1秘書大久保隆規容疑者(48)から持ち掛けられ、その後、2人で小沢氏に相談に行ったと供述していることが21日、関係者の話で分かった。
 大久保容疑者は政治資金収支報告書の作成について、石川容疑者に詳しい指示を出していたとされ、虚偽記載に関与した疑いが強まった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<鳩山首相>緊急人材育成支援事業 11年度から恒久化表明(毎日新聞)
小沢氏発言に疑問…4億円は自己資金?預金は?(読売新聞)
石川議員の辞職求めず=鳩山首相(時事通信)
遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
<官房機密費>市民団体が河村前官房長官の告発状提出(毎日新聞)