映画化された「遠雷」などで知られる作家の立松和平(たてまつ・わへい=本名・横松和夫=よこまつ・かずお)さんが8日、東京都内の病院で死去した。62歳。栃木県出身。葬儀は近親者で行う予定。

  [フォト]死去した作家の立松和平さん

 立松さんは先月体調を崩して入院していた。

 早大在学中に早稲田文学新人賞を受賞。市役所などに勤務したあと文筆活動入り、昭和55年に「遠雷」で野間文芸新人賞。平成9年に「毒-風聞・田中正造」で毎日出版文化賞などを受けた。テレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」の出演で有名に。パリ・ダカールラリーに出場するなど行動派として知られ、最近は環境問題などに積極的に取り組んでいた。

【関連記事】
サリンジャー氏死去 「ライ麦畑でつかまえて」
【追悼】多彩な才能 一気に爆発 栗本薫さん
「スペンサー」シリーズ パーカー氏死去 最後の“職人”作家
モントリオール映画祭で「ヴィヨンの妻」に監督賞
「南京大虐殺でっちあげ」の永野茂門元法相死去

<無料低額宿泊所>愛知でも損賠求め提訴(毎日新聞)
【中医協】「後発医薬品調剤体制加算」めぐる議論が決着(医療介護CBニュース)
神奈川不正経理 県警も「預け」など14億 15~20年度 職員117人関与(産経新聞)
京王線車庫で一部車両脱線=ラッシュ時、3割運休-東京(時事通信)
<岡田外相>訪韓 11日に外交通商相と会談予定(毎日新聞)