亀井静香金融・郵政改革担当相は2日の閣議後会見で、郵政見直しに伴う「民業圧迫」批判を受け、原口一博総務相が預金保険料率の引き下げに触れたことについて、「金融業界から要望があれば、検討することにやぶさかではない」との考えを示した。ただ、現時点では業界側からそうした要望はないといい、「こちらが強制的にやりましょうというのはおかしい」と述べた。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令-大阪高裁(時事通信)
「今が最初で最後のチャンス」自民会派離団の大阪府議が会見(産経新聞)
衣類の下の爆弾も透視、全身スキャナー成田に(読売新聞)
<年金記録回復委>脱退手当金巡り、救済認める基準(毎日新聞)
<山岳遭難>宝剣岳斜面に人の姿、神奈川の男性か 長野県警(毎日新聞)