自民、公明両党の幹部が13日、都内のホテルで会談し、政府が18日召集の通常国会に提出する方針を決めた永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案について協議した。自民党は反対の方向で意見集約していく方針を説明、公明党は賛成の方針を示した。両党は、国会では別々の対応を取ることになった。

皇太子ご夫妻、震災15周年式典にご出席(産経新聞)
可視化法案、今国会提出を検討=民主・輿石氏(時事通信)
小沢氏の説明不十分、対応は擁護…鳩山首相(読売新聞)
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ(産経新聞)
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)