長妻昭厚生労働相は5日の閣議後記者会見で、贈賄容疑で逮捕された全国町村会会長の山本文男容疑者(福岡県添田町長)が後期高齢者医療制度に代わる新制度創設に向けた厚労省の有識者会議「高齢者医療制度改革会議」などの委員を務めていることに関し、「常識的な判断をしないといけない」と述べ、免職も視野に検討していることを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

不審死当日、鳥取県警が女の尾行に失敗(読売新聞)
「A少年じゃないが切り刻んだ」 亀井発言に批判(J-CASTニュース)
小沢氏進退、なお焦点=首相「続投は至極自然」(時事通信)
地震 「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に(毎日新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房の職員らが兼任(毎日新聞)