全日空は17日、グループ会社エアーニッポンネットワークが運航する双発プロペラ機ボンバルディアDHC8-Q300型機(乗客56人乗り)3機で、規定された部品の定期点検をせずに運航していたことを明らかにした。このため同日、札幌の丘珠空港を発着する6便が欠航、約260人に影響が出たほか、18、19両日に羽田-三宅島の計4便が欠航、約80人に影響が出る見込み。

 全日空によると、Q300型は米連邦航空局の規定で、プロペラの角度を変えるための部品を1万500飛行時間ごとに定期点検しなければならないが、機体購入時、コンピューターに点検時期の設定を忘れていた。不具合の修理で発覚、点検時期を約1200~1900飛行時間(通常運航で200日~1年に相当)オーバーしていた。

 全日空はQ300型を5機所有しているが、残り2機はまだ点検時期になっていないかった。【平井桂月】

【関連ニュース】
全日空機:副操縦士ライセンス忘れ足止め 韓国で4時間半
航空トラブル:NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港
スカイネットアジア機:車輪トラブル 手動で出し羽田着陸
全日空:日航への公的資金に懸念 伊東社長が国交省に表明
<全日空の特別塗装機>「モヒカンジェット」20年ぶりに復活

働く女性にとって関心のある習い事は「英語」(産経新聞)
ベトナム難民の子、送還取り消し=タイ出生で無国籍-東京地裁(時事通信)
<放火>アパート放火で36歳の男を緊急逮捕 愛知県豊田市(毎日新聞)
<寺島しのぶさん>若松監督メッセージ代読…ベルリン映画祭(毎日新聞)
消えゆく言語守ろう 外国人ら池袋で祝典(産経新聞)