札幌市北区の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」で入居者とみられる男女7人が焼死した火災で、札幌北署と札幌市消防局は13日、同ホームを実況見分した。火元とみられる居間の灯油ストーブの付近には洗濯した入居者の衣類が干してあったことが判明。同署などはストーブの火が洗濯物に引火した可能性があるとみて調べている。

【写真特集】老人介護施設、火災現場の写真など

 同署や市消防局によると、灯油ストーブ周辺の燃え方が最も激しく、周囲に焼け焦げた衣類や物干しざおが散らばっていた。同署が同ホームの職員らから事情を聴いたところ、同ホームでは、冬期間はほぼ毎日、ストーブ付近で洗濯物を干していたという。また、ストーブのホースが焼き切れているのが見つかったが、ストーブ自体が爆発したり、燃えた形跡はなかった。

 同署は14日以降も実況見分を継続。出火当時、当直で、重傷を負って入院中の女性職員(24)が回復次第、事情を聴く。その後、業務上過失致死容疑で現場検証する方針。

 昨年3月に群馬県渋川市の高齢者向け施設「静養ホームたまゆら」で入居者10人が死亡した火災では、今月3日、防火対策や避難体制が不十分だったとして、前橋地検が施設を運営していたNPO法人理事長ら2人を業務上過失致死罪で起訴している。【吉井理記、和田浩幸、水戸健一】

【関連ニュース】
【火災の一報】グループホーム全焼 7人死亡 札幌
札幌ホーム火災:噴き上がる炎「中に人。助けて」
札幌ホーム火災:福祉施設の指導を都道府県に通知 消防庁
渋川の老人施設全焼:理事長ら2人起訴 「過失」認定が焦点 /群馬

「すり寄りではない」子ども手当合意で公明幹事長(読売新聞)
<普天間移設>官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)
「人間関係イライラ」患者の肋骨折る 看護師逮捕(産経新聞)
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映-刷新会議(時事通信)
雑記帳 地元農家の夢乗せ、大豆、宇宙へ 北海道(毎日新聞)