この国はどこに行くのか、日本はどうあるべきなのか-。産経志塾2日目の講義で、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、これからの日本を背負っていく若者たちと、日本の未来像について真剣に語り合った。

 「日本国の政治の中に、国家という概念がなくなっている」と現代日本に危機感を抱く櫻井氏は、「経済だけで国を守れるか」と塾生に問題提起。高い技術力や経済力を持ちながら中国への依存を深める台湾を例に、「日本の国益を守るには、力がいる。一国では難しく、価値観を同じくする国の同盟が必要」と外交力と軍事力を備えたうえで、国際協調する必要性を強調した。

 櫻井氏が「お金がなくても、人間がしっかりしていれば立ち上がれる。立派な日本人を作ることが日本を作ること。心も体も頭も強い日本人になってください」と講義を締めくくった。

 鹿児島市の医師、美園奈央さんは「日本の予算が借金まみれで、来年度の子ども手当の予算が防衛省予算より大きいことなど、知らなくてはならないことがいっぱいあった。これから、周りに伝えていきたい」と話していた。

【関連記事】
明石氏「外国から学ぶ貪欲さを」 産経志塾
『皇位継承の危機いまだ去らず』櫻井よしこ、大原康男、茂木貞純著
保守系文化人、メディアパトロールジャパン立ち上げ
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
「正論」九州講演会 櫻井よしこさんが日米同盟の危機に警鐘

「娘の首絞め火つけた」 寝屋川 放火未遂容疑で女逮捕(産経新聞)
パトカー衝突、3人に軽傷負わす=緊急走行開始直後-神奈川県警(時事通信)
<掘り出しニュース>「光害」知って--茨城大生、天の川マップ作成(毎日新聞)
B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に(医療介護CBニュース)
<全日空機>副操縦士からアルコール検出 出発遅れる(毎日新聞)