昭和38年に能登半島沖の日本海で消息を絶った後、北朝鮮で生存が判明し、平成6年に死亡したと伝えられた寺越外雄さん=石川県志賀町=について、「救う会兵庫」は13日、第9管区海上保安本部(新潟市)が死亡認定を取り消したことを明らかにした。

 兄の文雄さん(74)=神戸市=が同会を通じて「死亡認定取消認定願」を提出していた。

 同会によると、外雄さんはもう1人の兄、昭二さんらと出漁中に行方不明となり、海保が死亡認定した。しかし、昭和62年に外雄さんから手紙が届き、北朝鮮での生存が判明。結婚して子供2人がおり、外雄さんの家族から、文雄さんに生活の窮状を訴える手紙が届いているという。

【関連記事】
昭和38年失跡の寺越外雄さん、北で生存
寺越さん家族が拉致被害者認定を政府に要請
「苦難の行軍」北から届いた手紙100通 “拉致被害者”の子供たち
拉致問題に薄情な韓国、被害者は日本の30倍なのに…
朝鮮学校無償化先送りで総連に分裂危機…偽装韓国籍、ソフト化もやまぬ生徒離れ

<草競馬>一線を退いた23頭のサラブレッドが疾走…三重(毎日新聞)
沖縄・奄美が梅雨入り 平年より2~4日早く(産経新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
<カキツバタ>雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
<野口聡一さん>「宇宙授業」ISSから(毎日新聞)