大阪市水道局が市ホームページ(HP)で「水道メーター取替票」の見本を公開したところ、隠したはずの世帯主の男性の住所や氏名、電話番号などの個人情報が一時閲覧できる状態になったことが24日、分かった。見本は別の個人情報を含む取替票の紛失事案の発表に伴ってHPに掲載したもので、情報漏洩(ろうえい)を繰り返す“二重の失態”となった。

 問題があったのはPDFと呼ばれる電子文書形式で公開された取替票の画像。担当者は個人情報を隠す処理を行い、PDF画像では氏名などの部分は白塗りになった。しかし閲覧者が画像を別形式のファイルなどにコピーすると、白塗りが消え、元データの個人情報を閲覧できたという。

 水道局は24日午後2時、住宅などの水道メーター交換時に使用する取替票を、盗難などで計27件紛失したとして市HPで発表。市民から指摘があった午後6時まで、見本として掲載した取替票の個人情報が閲覧できる状態だった。

【関連記事】
カード番号売買「裏サイト」暗躍 モンベル顧客情報流出
MS 顧客企業の個人情報保護強化 「クラウド」管理へ説明を充実
金融庁 情報漏洩問題でアリコジャパンに業務改善命令
「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」
「情報漏洩に対応優先」 企業で意識高まる 危機管理調査
あれから、15年 地下鉄サリン事件

鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種(産経新聞)
死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
7都県で偽一万円札使用か=特徴似た151枚発見-行使容疑で3人逮捕・警視庁など(時事通信)
そごう社員、認知症女性に7000万円分売りつけ(読売新聞)
<偽装献金>ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇(毎日新聞)