内閣府は30日、自殺者の年齢や職業、自殺時期などに関する調査の結果を発表した。2004~08年の平均で最も自殺が多かった日は3月1日の138.0人で、最も少ない12月30日(55.2人)の2.5倍であることが分かった。自殺者数が12年連続で3万人を突破する中、内閣府はこうしたデータを今後の対策に生かす考えだ。
 調査は、厚生労働省と警察庁がそれぞれまとめた自殺に関する統計を照らし合わせる形で行った。こうした試みは初めてで、結果は内閣府のホームページにも掲載し、地方自治体などにも利用を促す。 

【関連ニュース】
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い
「科学技術で解決」は75%=環境や食糧問題
1月の自殺者、7.2%減=5カ月連続で前年下回る
今後5年はデフレ見込む=上場企業の成長率見通し

線路に転落した男性救助、会社員2人に感謝状(読売新聞)
館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令-大阪高裁(時事通信)
<訃報>大野新さん82歳=詩人、「家」でH氏賞(毎日新聞)
大阪府議会 橋下知事支持の22人が新会派(毎日新聞)
職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)