任天堂の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の海賊版ソフトを販売したとして、警視庁日野署は、著作権法違反の疑いで、山口県下関市生野町、自営業、浜田裕二容疑者(53)を逮捕した。同署によると、浜田容疑者は「小遣い稼ぎがしたかった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、浜田容疑者は昨年1月6日から3月21日までの間、無断でWiiのソフト8作品を複製したDVD計8枚を、複製ソフトでも使えるように改造したWii本体計3台とともにインターネットオークションに出品。落札した東京都の男性ら3人に計9万7千円で販売した疑いが持たれている。

 情報提供を受けたコンピュータソフトウェア著作権協会(東京)が昨年3月下旬に警視庁に通報し、浜田容疑者の犯行が発覚した。

 同協会は「Wiiは複製ソフトが使用できない仕組みになっているはず。ほかのゲーム機と同様に、複製ソフトでも使えるような改造方法の情報が出回っているのかもしれない」と話している。

【関連記事】
「ユーチューブCN」は海賊版 中国のマニア男性が開設
海賊版対策はいたちごっこ 安さ求める消費者 中国
ネットに自由を!「海賊党」拡大、EUでは議席も獲得
1枚わずか65円 ウィンドウズ7の海賊版が中国で早くも氾濫
万パク事務局しどろもどろ…作曲者の盗作否定で
中国が優等生路線に?

看護教育の臨地実習、「実習領域を選択制に」との声も(医療介護CBニュース)
参院山口に俳優の原田大二郎氏=民主(時事通信)
小沢幹事長不起訴へ…石川議員「了承得た」(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾後半の作業開始 70法人82事業対象(毎日新聞)
雑記帳 鉄ちゃん向け「婚活トレイン」運行 JR小海線(毎日新聞)