千葉景子法相は26日の閣議後の記者会見で、戦時中に日本企業で働かされ賃金が支払われないまま帰国した朝鮮半島出身の戦時徴用者に関する記録を韓国政府に提供すると発表した。韓国側の求めに応じたもので、法相は「情報提供で韓国内での(徴用者)への支援が円滑に進められると期待している」と述べた。
 法務省は、徴用者を雇っていた企業が各地の法務局に届けていた記録の取りまとめ作業を続けていた。その結果、賃金が未払いだったのは約17万5000人、未払い総額は当時の金額で約2億7800万円に上ったことが分かった。 

【関連ニュース】
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求

【同盟弱体化】第2部 普天間問題(中)すれ違う狙い 普天間5分(産経新聞)
コカイン、大麻所持でも追送検 JAYWALKボーカル(産経新聞)
<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ-文科・厚労省(時事通信)