平野博文官房長官は26日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を5月末に決める際の地元自治体の合意について「理解は求めなきゃならないテーマだが、合意が取れないと物事が進められないものなのか」と述べ、必ずしも必要ないとの認識を示した。

 平野氏は、移設問題は「日本の安全保障にかかわってくる問題」として、移設先はあくまで国が決めるとの姿勢を強調。「(地元の)理解は得られなきゃいけないと思うが、理解というのはパーフェクト、市民全員が合意しなきゃいけないのか」とも語った。

 また、同県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」とした発言に地元から反発が出ていることに対しては「(選挙結果が)民意ということは否定するつもりはないが、検討課題から即(現行案を)はずす、はずさないということではない」と述べ、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古)に移設する現行案を排除しない姿勢を改めて示した。【横田愛】

【関連ニュース】
名護市長選:「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発
鳩山首相:施政方針演説の概要判明 「命を守る」がテーマ
ハイチ大地震:PKOで陸上自衛隊を派遣 政府が方針
普天間移設:辺野古の可能性低い 沖縄県知事
鳩山首相:現行案排除せず 普天間移設、ゼロベースで結論

<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)
星雲 5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)
清水建設元作業所長ら書類送検=パイプライン工事爆発-新潟県警(時事通信)
<脅迫容疑>交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪(毎日新聞)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)