May 2008

May 30, 2008

カンボジアとの国境

ロンクーア
 ここもよく「ロンクルア市場」と書かれているが、それでは一生通じない。
 さてバンコクからアラン(ヤパテーッ)までは鉄道、長距離バスの他にロットゥー(乗合バン)もある。自家用車で来てもいいが、以外に高くつくね。ロットゥーもガソリンの価格沸騰で値上がり。合言葉は「ナマン・ペーン(ガソリン高い)」だ。ちなみにタイでは、米の価格も上がり、メシ屋も値上げに突入。だいたい一品あたり5バーツアップが相場みたい。それでも日本と比べると安いけど、こっちで生活してると、そうは言えない。。。
国境
 そして今回の僕の様に列車で来た場合は、駅から国境まで移動しなければならない(長距離バスも同じく)駅にはトゥクトゥク、モータサイなどが客引き合戦を繰り広げている。相場は80バーツ。ソンテウでのんびり行けば安いが、遅いし現地人がたくさん。長旅の疲れ、時間、盗難、転落などのトラブルを考えると、ここはトゥクトゥクが無難だ。一番良い方法は4人で乗れば一人当たり20バーツですむ。列車の中で相方を探しましょう。せこく値切るよりはましでしょう?(写真下は国境の出国審査場)

May 28, 2008

4551ウボン行き 帰国してから体の調子が悪い。いつもの胃腸系だ。4日ほど食事は薬とゼリーみたいなサプリのみ。体はガリガリだ。ダイエットやろうと思えば簡単な体質なんだな〜と思いつつも、やはり嘔吐はつらい。。。吐くものも何も無いのに、酸っぱい胃液だけが食道を刺激する。
 年寄りは嫌だね〜病気の話題ばかりで(笑)写真はタノンチラ駅でウボン行き。列車はゲロ吐き放題!よくお年寄り(ババーが多い)が窓から吐いてます。タイではゲロを通称「パッカパオ(パット・グラッパオ)」と言い、僕たちの間では「パッカパオが飛んでるよ!」とソレを見て笑います。最近、日本にも広めようとしているメニューみたいですが>パッカパオ

n785jp at 00:12コメント(0)WARZY この記事をクリップ!

May 26, 2008

ついに上陸!

本 どうだ!広告では絵だったが、出来上がりはこうなったぜ!おまけに広告では髪があるが、今は。。。笑
 まあ、紆余曲折あったが。。。それを書けって?あれやな、発展途上国と先進国のタイムラグだな。金になるからといってガキばっか相手に商売してっと、何が基準なのかがぼやけてしまうで(日本のメーカーも気をつけてや。今や世界を引っ張っていくのは日本やで!)
 これ、実は満足していない部分があって、音は完璧だが、まずブースターA,B(クリーンブースト)なんていらん!常にオンでしか使用しないんやから。おっさん曰く「色々な音をみんな欲しがる」なんて言うてるけど、しょぼい音なんて用は無い。そんなの演奏中に切り替えてどうするん?フットスイッチならまだしも、小さなつまみ。ワージードライヴやで?俺の仕様にせーや!
 音の作り方は(そのうちホームページでも紹介)とにかく右上のメインのドライヴ以外、全て真ん中でオッケイ。ブースターは両方オン。そしてギターの音を出しながら、ドライヴを0から徐々に上げていって好きなところでどうぞ。たぶん9時までも上げないうちに腰の強い、粒のあるビンビンサウンドが出てくるはずですわ!気持ち良いからといって、これを上げ過ぎ!てもハウるだけ(そんなド素人さんにはブースターABをオフにすると解決はするが腰は無くなるよ。メタルゾーンみたいな)トーンはすべて真ん中で仕上げたが、実際バンドとかで合わせると、一番上のハイがドラムと被る。ちょっと減らして10時くらいで丁度いいかも。これは今後の参考になった。

May 24, 2008

ルールを破れ!

nng2
 ここもいつもお世話になっている「NNGギター」今回はかなりの賭けを打って出た。同業者激突だ!
 タイでは同業者同士は、まず敵対心むき出しからスタートする。始めるにあたり何か後ろめたいものがあるのだろう。やはり先輩の真似から始めるのだから当然だ。僕の場合はいつも、初めからオリジナルなアイデアを引っ提げて参入するので、堂々としたものだが。現にこうやって店を持ちつつも、あちこちの店や業者に出入りしているのは俺だけだろう。他店の広告にデカデカと写真入りで登場したりね!自分は技術やノウハウを独り占めせず、どの店にも聞かれればアドヴァイスしているし、何でも協力してきた。「タイ人じゃないからだ」と言われれば、それも一理あるけどね。音楽以外の業種にも出入りしているので便利なパイプ役と言われれば、それもあるかも(笑)まあ、いがみ合っても仕方がないんで、協力しあえるならそれは良い事だと思う。誰もやらないしね。
 今回は一応楽器・リペア屋さんとギター会社なので問題はなかろうかと思い、トゥイさんの要望もあり、ギター会社に紹介した形だが、この業界では後追いのNNG、かなりブ厚い壁を「全て」取り壊す事は無理であった。僕が行った時は、いつも工場で遊ばせてもらうのだが、今回はムニャムニャと言い訳を言われて断られたみたいだった(残念)
 商談も上手い事いっているようだったが、肝心な部分は。。。なんとか集合写真だけでも撮れたのはラッキーだぜ!
nng1
 で、僕まで辛気臭くなるのも嫌なので、ここの販売マネージャーを従えて、完成したギターを一本ずつチェック。今回の目玉は写真の「ヴァン・ヘイレン・モデル」「お前ら逮捕するぞ!笑」と思いながらも、メタルなワシにぴったりなサウンド。個人使用で一本だけのオーダー物らしい。前に僕に厳しく自社製のピックアップを指摘された事が効いたのか、最新の物はかなり良くなってきた。やはりこういう事はキッチリというべきだし、できる奴はキッチリと答えてくれる。この会社は将来良くなると思いますよ!ノイズ対策も力を入れ出し、自社製シールドも生産開始(僕の一言がそこまで!?)実は親会社がケーブル工場なんですね、ここ(ちなみに僕のオリジナル・ギターの工場はここではありません)

May 22, 2008

I am pii TUI !!

tui
 なんと、初登場になるね。僕のイクイップメントを全て無料でサポートしてくれている「シャーク・エフェクト」を立ち上げた「TUIミュージック」のトゥイさんだ!
 一緒に食べているのはノンタブリーのパンティップ近くにあるイサーン料理店、と言っても店ではなく屋台ですが。本場のイサーン料理はシビレルほど辛いだけだけど、この店は辛いけど一品一品に珍しくコクがあって「うまい!」

 下の写真は、これまたトゥイ氏と一緒に仕事途中に寄った、お寺の境内で食べた「モツ・ラーメン」ワテは肝が食えまへん。。。がそれ以外は頑張って食べます。見た目はグログロですが、美味いのでペロリと食べてしまいます。。。
waru
 中間報告でも述べましたが、新しくオリジナルギターをサポートしてくれるメーカーが現れました。まず自分の設計?した試作品を製作してもらって、それからミッチリ先の事を練っていきたいと思います。その試作品にあたって、ここ半年以上にも渡り、色んな材質のギターを試奏してきました。値段やイメージを除外して、一番自分にしっくり来る材質をチョイスした結果マホガニー(+ホンジュラス)のスルーネックが基本になりました(やはりそうなってしまうのか?)ただボディの見た目が悪いので、色をベタ塗りか化粧板を張るか。結局キルト・メイプルを張る事に。同仕様のサンプルを急遽組んでもらい(ボルトオンですが)後日試奏。どのポジションでも一音一音が綺麗に鳴る、濁りのないサウンド。コードを弾いても音が潰れず、6本全ての音が独立して広がりのあるハーモニーを奏でます(実は製作過程で何か秘密があるのです!)これでスルーなら文句はないでしょう。続く。。。

May 20, 2008

コーン・カーナン・チィッにて

ダムで
 キックにせがまれ「コーン・カーナン・チィッ駅」まで泳ぎに行きました。何んにも無いのに。。。列車を降りれば駅長に「また来たのか!どうぞどうぞ!」と裏の家に招かれ食事をご馳走になる。タイの駅員はどこも優しいのだ。
 前回の時に書くのを忘れましたが、この駅は道が無いので、ここに来るには列車に乗るしか方法がありません。買い物は早朝の便で一日一回、物売りがやってきます。あとは自分で列車に乗って行くのみ。不便です。が「住めば都」なのでしょうか?人が住んでいる家が2軒、住民は4人で、あとは駅員3人だけです。
Khlong Khanan Chit
 あと2軒ほど住めるような家がありますが人は出て行った模様で空き家。駅長に「住んでもいいよ」とのお言葉をいただきました。僕がもう少し(だいぶ?)若ければ、ここにリゾートホテルを建てますわ。
 今は崖ですが、勇気を持って降りれば、写真の様に水辺まで降りられます。水も臭くなくて泳いでも大丈夫、人も来ないし綺麗な景色で最高です。

KHLONG KHANAN CHIT Station

n785jp at 00:16コメント(0)WARZYSRT この記事をクリップ!

May 18, 2008

帰国

eo 今回は諸事情により、少し長めの滞在でしたが、仕事相手がタイ人なので、やっぱり時間が足りませんでした。最低一ヶ月は滞在できればな〜駅撮影も近距離の駅はすべて撮影したので、一回撮りに行くと3−4日は外泊になります。それでも時間だけが過ぎて行き、一日4〜5駅が限界。。。次回は当初のルールを覆して車で攻める予定です(笑)列車での全線走破は終わっているのでお許しを。。。
 写真は雨の中、シンガポールから到着したE&O。バンコク中央駅(ファランポーン)にて。
 そういえば各列車、省エネの為か、連結車両が短くなったような気がします。。。

n785jp at 00:41コメント(0)SRT この記事をクリップ!

May 10, 2008

バン・コッ駅

BAN KO Station - 272.50 km
バンコッ
 ここへはコラートのバスターミナル(ポーコーソー)からモータサイ(バイク・タクシー)に乗ってやってきました。みんな道を知らなくて、えらいふっかけられましたが(200バーツ!)まともな若手の兄ちゃんを口説いて往復80バーツで。まあ妥当でしょう。一方通行などで結構遠回りな道程でしたから。

4534バンコ

 この路線はラオス(ビエンチャン)に行く重要な路線ですが、1日6往復(?たぶん)でほとんど夜中通過、よってメインは貨物かな?この日も貨物列車が止まって空台車を連結して持って行きました(貨物の上に乗って写真を撮っている自分-笑)
 ノーンカーイやラオス(ビエンチャン)方面に行くなら、みんな飛行機かバスでしょうね。

May 09, 2008

タノン・チラ駅

THANON CHIRA Station - 266.28 km
タノンチラ ここは北の「ノーン・カーイ駅」行きと、東の「ウボン・ラチャタニー駅」行きとの分岐点であり、新市街地でもあるので非常に利用客が多いのだが2等駅。謎。
 車内販売の物売りもここからの乗車が多い。もう顔見知りになってしまって「あんた、また来たんか?手伝え!」とからまれる。何故かこいつらはデブばっかり。車内をウロウロするくせにちょっとは痩せろよ!それと乗り込む前に買われると嫌がる。。。変なの。

「タノンチラ駅にて」

May 08, 2008

ナコーン・ラチャシマ駅

NAKHON RATCHASIMA Station - 263.65 km
コラート1
 2等駅なんですね〜知らなかった。
 終点の「ウボン・ラチャタニ駅」までは575.10キロなので、本当の中間点は5つ先の「ター・チャン駅」あたりなのだが、まあ目安として「半分まで来たな〜」と一息つく事になります。列車もここでかなりの時間停車するダイヤが組まれており、給油や給水なども良く見られます。場合によっては乗り換え(列車交換)もしばしば。乗る時は「コーンケーン行き」しかしここで終了&違う列車に乗り換え、なんて慌てない様に下調べはきっちりと(笑)
プミポン
 コラートは人口が非常に多く、タイの第二の都市とも言われている「ナコーン・ラチャシマ」って長いので、みなさん通称「コラート」です。
コラート
 ここは旧市街地らしく、メインは次の「タノン・チラ駅」だそうだ。ちなみに「チラ」の発音が未だに通じた事がありません(笑)
 写真左下は国王と駅看板、右下はバンコク寄りにある給油所から駅を。この奥には車両区があり、懐かしい車両がたくさん置いてあります。

May 07, 2008

プー・カオ・ラーッ駅

PHU KHAO LAT Station - 257.44 km
プーカオラーッ
 意味は「山の斜面」って事かな?初の夜間撮影駅ですね。夜空が紫で綺麗です。本当は薄暗いんですが、バルブでここまで綺麗に写ります。

 ここにも駅員に知り合いがいるので、良く泊まります。タイでは宿がないと「寺で泊まりなさい」と良く言います。その通り、お寺では泊めてくれますし、布団も貸してくれます。勿論無料です。でも僕の場合は「駅で泊まる」ですね(笑)ご飯も飲み物も酒も!無料っていうのがお寺との違いか?
 でも本当はホテルがいいです。夜中の通過列車が結構気になります。が駅員業務を体験したり、色々情報ももらえるし、日本ではお金払ってでも体験したいことばかり。でも受け取ってくれないんですよね「受け取ると友達関係じゃなくなる」と言われます。いちいち涙を誘うな〜。゚(゚´Д`゚)゜。

May 06, 2008

コーク・クルアッ駅

KHOK KRUAT Station - 249.94 km
コーククルアット
 最終のケーンコーイ行きが走り去って、静まり返った夕方、僕は一人寂しくシャッターを切った。
 「こんな田舎駅に興味を持ってくれて」と駅員達はソワソワと嬉しそう。そして「この村には泊まる施設も何もないよ、どうするの?」と続ける。僕はこの日、隣の「プーカオラーッ駅」に泊まる事になっている事を告げる。駅員は残念そうな顔だったが「今度はウチに泊まりなさい。明日明日!」とはしゃぎだす。すると今まで気が付かなかったが、その後ろでカワイイ若奥さんがニッコリ微笑むのが見えた。

 俺「泊まるのは今日や〜〜〜〜!!!!!」

 男ワルシャワ、孤独にゃ強いが、女にゃ滅法弱い。

May 05, 2008

クッ・チッ駅

KUT CHIK Station - 241.15 km
クットチック
 ここはコンテナに積み込む時用に、トラックで荷降ろしができるよう、舗装されたすごく広い駐車場があります。が今まで積み込み作業は見たことがありません。何を運ぶ会社でしょうか?

 反対側の駅前には、最近できた綺麗で大きな市場があります。コラートへ行くソンテウもここから出ていますので、まずまず人口が多い町なんでしょうか?

 と質問攻め。。。

May 04, 2008

スーン・ヌーン駅

SUNG NEON Station - 233.87 km
スーンヌーン
 「一番高い場所」っていう意味でしょうか?ま、駅名に意味がそんなにないのはわかっていますが、タイ語を覚えられるし、土地勘など役に立ちますから、損はないですね。
 ここへ来たのは日曜日。前の広場に夜店の準備や移動観覧車も設置。向かいの中華系のお寺でも、何やらイベントの準備がされていました。
 普段はソンテウやモータサイなどがあるらしいんですが、休日は彼らも休み?さすがド田舎駅。駅員の計らいでなんとか凌ぎましたが。。。週末の田舎駅探索は避けたほうがいいですね、列車の利用客も多いし。

WARZY Work Information
【WARZY OFFICIAL WEBSITE】
logo

jhm-logo

【FACEBOOK 参戦中!】


【 Supported WARZY by 】

NEW LOGO

EB

パンティップ店
MUSIC EXCHANGE PANTHIP

tuimusic
TUI MUSIC RACHATEVEE

WARZY DRIVE 発売中!
mini


『THE EFFECTOR BOOK VOL.6』

にWARZY本人による『WARZY DRIVE』製作についての独占インタビューが掲載されています。


jode head

liszko

- - - - - - - - - - - - - - - -
Copyright 2004-2016 WARZY
All rights reserved


livedoor プロフィール

ワージー

コメントは御自由に
My Release


RUTHLESS AGGRESSION (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2018


VERGE OF DEATH (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2017
JACKHAMMER MUSIC 2016


FATAL-Deluxe Edition-(CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
DIVEBOMB RECORDS 2016


BONDED IN HELL (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2015


CAGE OF THE SORROW (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2012

solo-cd
STATE OF WAR (CD)
WARZY (演奏)

初のソロアルバム

USA-comp
VD Records Vol.2 (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・God Cries! World Dies! (未発表)

Licenced by VD RECORDS 2009

tc
ULTIMATE METAL Vol2
- Asia united - (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・G.T.G.T (未発表)
・GENE (未発表)

Licenced by
ULTIMATE MUSIC Co.,Ltd 2008

kaientai-new
KAIENTAI DOJO 3 SUPER BEST (CD)
WARZY (演奏)

・SHOOTING STAR
【円華(マドカ)選手】

・フューチャーキル
【MIYAWAKI選手】

・STRONGEST-Kテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2008


孤城悲闘 (CDR)
モノノフ (演奏)

4曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


我に七難八苦を与え給へ (CDR)
〜尾張先行発売限定版〜
モノノフ (演奏)

3曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


大阪プロレス The 3rd. IMPACT! (CD)
HATE BEYOND (演奏)

9. The Tactical Violence
ブラックバファロー 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2005


KAIENTAI DOJO (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" 再収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


KAIENTAI DOJO (CDR)
~ Theme music collection vol,7 ~
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" (未発表曲) 収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


大阪プロレス 物(ストーリー)語 (CD)
HATE BEYOND (演奏)

4. ULTIMATE PAIN
"ビッグボス" MA-G-MA 選手のテーマ

10. MADNESS
ゴア 選手のテーマ

8. KING OF TERROR
大王 QUALLT 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東南アジアのみ販売。ボーナス2曲プラス

Licenced by
NORTH POEM RECORDS 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東ヨーロッパのみ販売。ボーナス3曲プラス

Licenced by
ROCK EXPRESS RECORDS 2003


REMASTERING OF "RUIN" (CDR)
NARCOTIC GREED (演奏)

2nd Cassette Album
"CRISIS OF RUIN"のCDR化

Licenced by STUDiO FACE 2003


PERPETUAL PAIN (CD)
HATE BEYOND (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2003


TWICET OF FATE
~運命のふたひねり~ (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

セカンドアルバム

Licenced by
WORLDCHAOS PRODUCTION 2001


INITIATION (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"IMMORTAL GERM" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1995


FATAL (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by LARD RECORDS 1994


TO LARD... YOU WILL DECAY (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"FUTURE KILL" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1994


CRISIS OF RUIN (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1992年発売 2nd Cassette Album


ABSURED WAR (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1991年発売 Debut Cassette

訪問者数

    一人一日一カウント!毎日「ワジ漫」見てね!

    SHARK EFFECT JAPAN

    NARCOTIC GREED, HATE BEYOND / WARZY

    WITCHES / LIENJ

    JAYRADIKAL / DISINTEGRATOR

    SxAxT / MATTCHANG

    CHAIN DISASTER / HISASHI

    BKK31 / POP

    VOIDD, CLANDESTINED / OKAZZY

    RAGING FURY / ZAP-T

    RAGING FURY / HELL WAR

    DARK FOREST / YOU

    THE UNCROWNED UNION / KANADE

    THE UNCROWNED UNION / SIN

    ギャルメット / あやの

    DEFILED / YUSUKE SUMITA

    ROSENFELD / SDGY

    ROSENFELD / SHINJI

    ∀NTI FEMINISM etc... / YAYOI

    ROSENFELD, ∀NTI FEMINISM, UNHOLY THE 13TH PREACHERS, 紅番区-RedbronX , HATE BEYOND etc... / LINA

    GRIM FORCE / CHU-RIN

    モノノフ / 富樫 刑部少輔 雄親

    モノノフ / 明石 式部法印 智玄

    ICONOCLASM

    HATE 77, THE JIZZ MONKS / 山内圭哉

    ヴァリアンテ / ISAO

    UNHOLY THE 13TH PREACHERS / アキ

    モノノフ / 尼子 民部少輔
    過去
    注意事項

    ※このブログに掲載の文書・写真・コメント
    などの無断使用・無断転載を禁じます。
    ご使用の場合は、コメント欄もしくは
    メールにてご連絡ください。

    こちらから


    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)