December 2009

December 30, 2009

サヤーム・パラゴン

 バンコックの年末の雰囲気をお届け!
paragonparagon4
 日本語読みは『サイアム・パラゴン』別名「バンコックのプライド」と言われている、タイで一番高い土地に、世界で一番高級なお店を集めた総合デパート。BTSサヤーム駅と直結している。貧乏人でも入れるのでご心配なく(笑)
paragon2paragon3
 今回は田舎へ帰るお土産を買いに、そして都内で唯一、生クリームを使ったケーキ屋がたくさんあるので食べに (値段と味は日本とかわりません )いや〜年末で人がたくさんです。
がやるどランボルギーニ
 穴場は『ランボルギーニ』です。本当は写真はだめなんですが、みんなバシャバシャ撮ってます ガヤルドが3台も!誰が買うんだろうか?

December 29, 2009

ワット・サケーッ(サケット寺院)

オン 映画の仕事の関係でたくさんの芸能人?と知り合うきっかけが良くあります。が部屋にはテレビがないので、なかなか顔や名前を覚えられません。で、食事や遊びに誘われて参加しますが、良く知らないのにツーショットなんて図々しいので控えています。彼らにはそんな控えめなところが逆に気に入られているのかもしれません。日本人とつるんでいるというのもク〜ルなんでしょうね。逆に僕が日本の芸能人と知り合えたらどうだろう?やっぱり「サインちょうだい〜」「写真撮って〜」なんてなりませんよね。
 今回はオン君が仕事も含め家族も連れてココへ来ると言うので同伴。彼は過去に色々あったので、信用を取り戻すのはなかなか辛いようです。なのでこうやって厚い信仰心を身に付けて、テレビを見ている人達にアピールし、芸能活動を続けているんですね。もしみなさんも機会があれば応援してあげてください。
 ちなみにハーフっぽい顔立ちですが両親共にタイ人です。お母さんが今でもかわいい!はっきり言って抱けます イチロー選手でもありません

 さて本題です(笑)センセープ運河の船の終着点なので、前々から来たかった所でウキウキしています。よく「小高い丘にあるお寺」と紹介されていますが、人工的っぽい気がします。麓には大砲の発射台?もあるので、日本のお城的な感じですかね(お城と書くと尼子氏が喜ぶ?!)
プーカオトーン入り口

頂上 では早速中へ入ってみましょう。下は大きなお寺でして、そっちのほうが良い感じですので必ず参拝しましょう(ご本尊もここにあります)そして横にある入り口からスタートです(写真上右)
 ここは「プーカオ・トーン=黄金の山」と呼ばれています。途中には小さな滝がいくつもあったり、鐘がならんでいたり、そして銅鑼も贅沢に!(写真下左)僕がドラマーなら失禁間違いなしでした(でもタイのお寺って結構銅鑼があちこちにあるので珍しくはないんですが
 展望台は良くウェブなどで有料とか書かれていますが、タンブン制(賽銭)なのでセコビッチさんもご安心を。ここには写真下右のエメラルドでできた仏像などを中心に、中央に金の仏像があって、正しいお参りの仕方はその金の仏像の周りをグルグル周るんだそうです。
 で脇にある秘密の階段をあがれば写真中右の頂上です!ここから一望する景色がすばらしい。ここでもこのチェディを中心に平民達がグルグル周っています 僕は平民ではないので周りませんでした。
 ここは市内なので手軽に遊びに来られる素敵な場所です。バンコックへ来た際には是非行ってください。
銅鑼エメラルド


December 27, 2009

師走。。。

カウントダウン はどうですか、みなさん?
 僕は日本の年末年始がまったくわからなくなりました。何をして何がどうだったか。。。何年ほど経験してないのかな?
 逆にタイは何も変わらない。3〜4日ほど店が休んで、仕事の段取りがワヤになるくらいか。ただでさえワヤやのに。。。おかげで今回の駅探索がまだできていません。月曜に嫁のビザを取りにいって(今回も問題なしでした)その足でJALに行って飛行機を予約して。。。帰省ラッシュの中、はたして空席はあるのでしょうか?いつ日本に帰られるのだろうか?帰るまでに駅探索の時間があるだろうか?あ〜何も予定が決められない時ってイライラして嫌です。
 写真上はクリスマスの次はカウントダウン!この行事も近年、ここバンコックでも恒例イベントになってきました。新年を迎えるパーティーです。毎年だんだん派手に大袈裟になっていきます。
 でもクリスマス・デコレーションはまだ終わらないバンコック(写真下左)サヤーム《サイアムとは呼ばないで》センターにて。ジュースの広告のねえちゃん、良く見るけど誰だっけ?
 そして写真下右は何も飾られていない「民主記念塔」逆に珍しいので記念に撮影。
siam center民主記念塔


December 24, 2009

Merry X'mas 2009

X'mas'


December 23, 2009

シャークエフェクト特製Tシャツ発売決定!

 詳しくはシャーク・エフェクト・ジャパン・ウェブサイトをご覧ください。

 種類は3種類、Lサイズの普通の丸ネック(Mは売り切れました!)LサイズのVネック、新たにXLの普通の丸ネック、どれも黒のみとなっています。バックプリントもなくなりました。
 価格は4色カラーなので少々高いですが限界まで下げましたので、この心意気も買ってください。送料込みで1700円です。
 申し込みは今からメールのみで受付け、郵便番号、住所、氏名、欲しい種類と枚数を書いてメールしてください。
メール

 なお発送は1月中旬になります。よろしくお願いします。

December 22, 2009

ひまわり列車ツアー

ひまわりひまわり列車2

ひまわり列車 正式の名前は「カブアン・ロット・ピセート・ナム・ティアオ」なので「ひまわり列車」では全然違うのですが、訳すと「特別観光列車」ってなところでしょうか。今年は切符の売れ行きが芳しくないのか、駅に遊びに行ったら強引にチケットを渡されました(笑)
 早朝の6時40分にバンコック中央駅(ファランポーン駅)を出発します(ちなみにこの日は8分遅れ)列車番号は臨時番号の921列車。2等のクーラー車が3両連結されていました。写真左上は記念にと2両目に繋がれていた「ひまわりラッピング?車」にて。朝早いのでまだ暗いですね。しかし僕たちが乗るのは勿論クーラー車です(写真上右)いくらこの時期涼しいといっても、日本人には暑いですし、通常この車両は寝台車なので(韓国製)椅子を倒せばゴロンと横になれるのです!
 列車はサムセン駅バーン・スー駅バン・ケーン駅ラク・シー駅ドン・ムアン駅ランシット駅アユタヤー駅サラブリー駅ケン・コーイ駅と停まって乗客を拾い(熟睡していたので停車駅はパンフレットから抜粋)そして最初の目的地「カオ・ヒン・ダーッ停車場」を越えたあたりのひまわり畑に到着(到着予定時間午前9:52)
ひまわり列車1ひまわり畑
 ここで30分ほど観光(入場料無料)っていっても写真を撮るかお土産を買うくらいです。今年は天候が悪かったのか、来た時期が悪かったのか、ひまわりの背も低く花も小振り。すでに枯れている花も多く残念でした。売店はこの列車の為だけにオープンしているらしく、列車が出発する頃には店じまいに夢中でした。
ひまわり畑2パサックダム1
 そして「ケン・スア・テン駅」で75列車(バンコック発〜ウドン・ターニー行)を先に行かせる為に小休憩(降りられません)その後10分ほど走って、写真上右のダムの上で停車&撮影大会。パンフレットには「チョム・ロット・ファイ・ローイ・ナーム」で「水に浮く列車を見学」って書いてます(笑)ここでも30分ほど停車。もともとダムを作る前はここを列車が走っていたので、ダムを作る時にこういう形で残したそうです(信憑性は知りません )陸地を走らせる方が楽だったのにね。でもおかげで良い観光スポットになりました。
コークサルーンダム
 そして列車は次の「コーク・サルーン駅」で10分ほど停車。でも降りられません。機関車の付け替えです。ここから列車は向きを変えて、今来た線路を戻ります。再び長いダムを横断する橋を渡り「パ・サック・ジョンラシッ・ダム停車場」に到着(その前に「バーン・ノーン・ブア停車場」がありました。自分のノートに載ってない停車場だったので、ちょいと興奮。いつ出来たんだろう?
ホーケオホーケオ中

マナオワーン そしてお待ちかね?ダム見学です。予定時間は大幅に遅れてもう午後1時。ここで昼ごはんを兼ねて自由行動。
 国王プミポンさんがここを作るときに設計や指導をしたらしく、それで有名なのでたくさんのタイ人が訪れます。機関車型のトラクター(25バーツに値上げされてる )に乗って対岸へ行けば、大きな仏像があるようです。写真上左の記念塔?も前回来た時は無かったので驚き。中は1階は無料ですが(写真上右)上の階は有料です。その麓には線路が少しだけ敷いてあって「マナオ・ワーン(停車場?)」と書かれていました(写真右)昔のここの地名がマナオ・ワーン村だったのでこう書かれているのかな?(現在はノーン・ブア村だそうです)
 さて列車はお客を降ろした後「ケン・スア・テン駅」で待機。午後3時に迎えに来ました(なんとバックでやってきた!)約2時間の自由行動が終わり、後はバンコックに帰るだけです(列車番号926)帰りもグッタリなので寝台車が役に立ちます。約3時間半ぐっすり寝ました(バンコック到着時間18:30。予定時刻は17:45)
 以上が謎の臨時列車「ひまわり君」レポートです。毎年11月から1月くらいまで週末土日のみ走っていますが、最近は12月で終了するみたいです。時間はもちろん、料金や座席なども変わるみたいなので、必ずバンコック駅の前売り切符売り場で尋ねましょう。ここは英語も大丈夫です。他の旅行会社などで頼むとサンドウィッチが車内食で出たり、片言タイ人ガイドが付いたりと色々あるみたいです。もちろん値段はそれ以上高いですけどね

December 19, 2009

パ・サック・ジョンラシッ・ダム停車場

PA SAK JOLASID DAM Halt - 162.38 km
パサック2パサック
 11月から1月の週末はここへ来る特別列車が走る。その名も「ひまわり列車」この時期、タイで一番繁盛する停車場です。また特集を組むと思いますが「ひまわり列車」の内容は、バンコックから出発して、ゲンコーイ〜ブアヤイ線沿線のひまわり畑で停まって、その後、写真左下のパサックダムの湖上に停まり、最後にダム見学というツアーです。
 この停車場は、普段はダムを見学するしか、することがないんですが、上記の期間以外も結構キャンプなどで賑わっています。
パサック湖上パサックダム


December 17, 2009

シャークガールズ結成?

関空カレー屋MBKクリスマスデコレーション
 寒い寒い関西空港。海外で無性に食べたくなる物ナンバー1のカレーを出発前に食べてしまいます。最近ずっとです。贅沢になりすぎた奥さんは、今日も調子に乗って「やっぱ、カレーにはカツが乗ってないとね〜」と値段も気にせず注文するまでに成長しました。出国前であんまり所持金がないのに。。。
 とかなんとかいいながらも今日も「クリスマス・デコレーションが似合わない」暑〜いバンコックにいます。MBK(マーブンクローン前にて)外人が一杯ですね。
シャークTシャツシャークガールズ
 「シャーク・エフェクト」に顔を出すと、忘れていた頃にTシャツができていました(遅っ)で早速着て宣伝。来年日本でも手に入るようにしますので「要予約」コメント欄にでもお願いします。基本黒T+プリントです。バックにも小さくシャークの文字が「勝手に」入っています。

December 15, 2009

ケン・スア・テン駅

KAENG SUA TEN Station - 159.65 km
ケンスアテン パサック・ジョラシッド・ダム停車場の手前の駅。ラオス行き(ノーン・カーイ)のイースタン・オリエント列車(E&O EXPRESS・現地ではイーオーと呼ばれています)がダム湖の上で停車&見学というのを撮影する時に寄った。

 ちなみにここで降りても水辺で遊べます。

December 14, 2009

チキン野郎

ひよこ ついに行ってきた『インスタントラーメン発明記念館』へ!池田へは仕事で良く行くので、前々から気にはなっていたが、一人で行くには寂しいし、友達と行くにも誰も行ってくれないし。。。ってな場所ですよね。ということで地元民の破壊王氏も誘ってやってきました。
 まずはインスタントラーメンの研究小屋から見学し、袋麺からカップ麺に変わり、世界各国でも販売できるよう工夫をし、ついに最後は宇宙食にまで(スペース・ラムと言うらしい)今では当たり前に食べているし、勝手に真似したインスタントラーメン会社がたくさんあるが、すべてここから始まったのだ。そう考えるとタイのママー(ワイワイ)が憎たらしくなってくる 笑!
麺を作る 2階は自分で麺から作り上げる「チキンラーメン手作り体験工房」があるが(写真右)ここは予約制なので外から見学。
 1階には「マイカップヌードル・ファクトリー」という自分でオリジナルの絵が付いたカップヌードルを作れる体験工房があるので、我々はそれに参加。というかコレが目当てでしたが。。。
 カップを購入し、手を消毒して待っていると、NHKの体操のお兄さんバリの元気ハツラツとした係員の若者が作り方などを説明してくれた。そして席が空いたので早速カップの絵を描く(写真下左)途中の工程は写真を撮る暇がなかったが、麺をカップに入れ、スープの味を選び、具を選び、ふたをして、シュリンク包装し、最後に透明のビニールに入れ空気を入れて完成(写真下右)
絵を描く出来上がり
 奥にはテイスティングルームと呼ばれる地域限定のカップ麺を食べられるところがあった(破壊王氏はこちらがメインだったようだ)さっそく新商品のトムヤムクン味を食べる(破壊王のみ)で写真下左のこんな顔になりました(辛い!)
 家に帰っても、もったいなくてなかなか食べられないな〜世界に一つだけのカップヌードル。。。ワージードライヴ味(笑)
辛い何


December 12, 2009

メタル&レザー?No!アルミ&ステン!

 あんまり好きじゃない外観の大阪市交通局の車両。最近結構利用するので写真がたまってきた(一応撮ってますが
四つ橋線千日前線
 左上は水色の23系四つ橋線車両。数字が大きいので初期型になります。
 右上はピンクの25系千日前線車両。ひょっとして、地上駅がないのって、この路線だけかな?正統派地下鉄路線ですな でも車庫がないので中央線の森之宮車庫を借りてます(
大阪モノレール
 写真中央右は地下鉄じゃないですが『大阪高速鉄道(大阪モノレール)』で世界最長のモノレール路線です。現在は「イオン」のラッピングが付いている1000系の初期型4号車。

 下の2枚は谷町線。左は22系、右は珍しいアルミ製ボディの一番古い編成(3044F)ではないでしょうか?
 谷町線といえば1編成しかない新車「30000系」があるのですが、まだ見たことがありません(てか谷町線に乗る用事がないっす)狙って乗るしかないようですが、そこまではアレですわ
谷町線2谷町線


December 10, 2009

OH!OSAKA〜

 今回は一ヶ月という短い期間ですが、大変日本を満喫しております。そして連日、たくさんの友達に食事を誘っていただき、デブデブ?しています。やっぱり日本食は世界でも最高峰ですね。
阪堺たこやき
 で彼女は(も?)鉄オタなので電車移動が楽しいみたいです。写真上左は阪堺電鉄の恵美須町駅にて。駅を手軽に行き来できるのがタイ・スタイルと同じなので驚いていました。
 写真上右は近所のたこやき屋さんのレトロな看板。奥には懐かしい「オロナミンC」もありますね。でも「にせものですのでパクリに来ないでね」とか。
かに道楽尼子
 ほいでこちらはお馴染みの「かに道楽」本店の看板。さすがにこのあたりはグリコやアサヒビール、ふぐ、商店街、くいだおれとたくさんありますから、写真を撮っている人が多いです。
 最後は尼子氏が高級焼肉店へ連れて行ってくれました。いつもありがとう!!おかげで奥さんは焼肉が大好物になりました! タイでは牛肉が死ぬほどまずいので、あまり食べませんし嫌いな人も多いです。が日本で食べれば必ず好きになりますね。

December 09, 2009

ステーキハウス松阪家

松坂屋 今宵は先月行く予定でしたが予定変更になった『ステーキハウス松阪家・新大阪本店』へ!
 写真の様にタイ語が上手なかわいいお姉さんが切り盛りしているお店です。もちろん店名の通り、本場の松阪牛を自社提携牧場から産地直送しているので、安くて美味しいのであります!
 しかし今回はお姉さんの創作タイ料理をいただきに参上しました!僕と嫁は久しぶりのタイ料理にモクモク食べていましたが、破壊王氏は初体験で青プリックの辛さにタジタジでした(笑)しかしやはり次回は「肉」を攻めたいとおもいます!おねえさん、またよろしくね〜!

 その後は、梅田のとあるバーへワジドラをプレゼンしに(店長が買うまで店名は出しません〜 いつかは買ってね!絶対損はしませんので
doomsday device 何台か試したことがないエフェクターがありましたが、弾き比べてトータルを考えるとやっぱワジドラになりますね〜 ←自分で言うと宣伝みたいなのでやめます。。。
 中でも写真の『DOOMSDAY DEVICE』はエクソダスのゲイリー・シグネチュアで気になっていた一品。去年のNAMMのブースで直接本人と話したときは「チューブスクリーマーの改良版」とか言っていたけど、まさにその通り。よくディストーションと紹介されているが、アンプを歪ませて、コイツを補助的に使うのがベターな使い方だと思う。HBEのエフェクトは全体的にあんまり幅広くない音作りだが、それぞれの機種でトーンがしっかり個性を持っているので気にならない。1台1台ターゲットを絞って製作されているようですね。良いブランドだと思います。

December 08, 2009

どっちが大人?子供?

大宮神社ひかり

めしや 地元でのショット。うちの姪が「お姉ちゃんができて嬉しい」といつも付いてまわっています。言葉はわかりませんが、その都度、色々と日本語の単語をゆっくりと、そして何度も繰り返して教えてあげています。優しいお姉さん(反対?)です。
 家内は当分子供はいらないみたいなので、姪を養子にでもしようかと企んでいるようです

寿司 で連日食べる初体験の食べ物にビビリながらも、すべて平らげております。彼女曰く「日本食最高〜」だそうです。みなさん、何かお勧めの美味しいものがあったら「奢って」やってください (笑)

December 07, 2009

THE EFFECTOR BOOK Vol.6 2009年 WINTER号

the effector book 6the effector book 6 warzy 1 ついに出ました!
[THE EFFECTOR BOOK Vol.6]
 そう、僕のインタビューが載った本がついに出たのだ。みんなはもう本屋で手に入れたかな?
 内容は残念ながら僕の本来の姿『ギタリスト』という立場は完全無視されていますけど(笑)『ワージードライヴ』を開発した経緯など、ダラダラしゃべった内容を、ライターさんが上手くまとめている所が、個人的には気に入っています
 ライターさんのコメントにもあるように「ハイゲイン・ディストーションの難しさは、十分に歪ませながらも、いかに音を埋もれさせないか、という点。これは完全にそこのバランスが取れている」と同様のコメントを各方面からもいただいております。
the effector book 6 warzy 2 僕はコレを製作するにあたって、小さなコンボアンプでもフルスタックに負けない音を目指していたので、ディストーション・エフェクトを作ろうとした訳ではありません。そこがこのエフェクトの最大の武器であり、結果的に上記のようなインプレッションをいただけるのだと思っています。他のペダル・ディストーションと比べるのは間違いです。プリアンプと思って買ってください。だとしたら、この値段は安いものです。
 他にも面白いコメントがたくさん載っているので、是非1冊買って読んでみてください。

December 05, 2009

島村楽器 イオン大日店

 週末に大阪は守口市の大日というところにある『イオン大日ショッピングセンター』その3Fの『島村楽器イオン大日店』さんへ行ってきました。というのも関西地区で『WARZY DRIVE』を一番多く売ってくれているので偵察と(笑)感謝の意味も込めて、あと「ポスターをください」という事もあって、ちょっくら寄ってみました。
島村楽器1 昔は僕も一時期住んでいた大日ですが、大きな某工場の跡地にこんな大きなショッピングセンターとマンションが建っているなんて、と大変驚きました。
 建物内に入ってみると「わ〜海外のショッピングモールを思い出すな〜」って印象。週末という事もあってか家族連れを中心にお客さんもたくさんいて大変賑わっていました。で迷いながらも島村楽器に到着。店長さんをはじめ従業員の方やエフェクト担当の方にも挨拶し、色々話をさせていただきました。お客さんは有名ミュージシャンの影響で買われて行くのかとおもいきや、実際に音を出してワジドラを買う人がほとんどだと。エフェクトコーナーを見ると、有名メーカーのボスをはじめハイエンドの物からハンドメイドまで、幅広く置いてあるのですが、その中で『WARZY DRIVE』がダントツの人気だとか。これは嬉しいことです。ひょっとしたら、大阪市内の専門店(?)よりも、こういう一般の楽器屋さんの方が、お客さんの層が厚いのかもしれませんね。品揃えもきっちりしているし、店員さんの教育も行き届いている感じで、一般のお客さんにとっても非常に買いやすいお店という印象でした。
 お客さんの対応に備えるため、担当の方にも色々質問されました(まだまだ売る気バリバリですね!)気分が良くなったので、店頭で一番気になったシェクターを持って試奏しました。アンプはフェンダーの小さいコンボでしたが、横で試奏していた某有名最新マルチ+フルスタックに音抜けから音粒まで圧勝でした(笑)
島村楽器3島村楽器2
 今後もストックを強化して在庫切れのないようにしていくとの事なので、遊びに行く予定のある方は、是非『島村楽器イオン大日店』へ!!

December 03, 2009

箕面の滝

箕面3 外人が来れば必ず連れて行く観光地です。今回は電車でチャレンジしました。もちろん阪急電車です
 平日の昼間に行ったのですが、紅葉の季節だけあって結構な観光客で一杯でした。ご覧ください、この美しい紅葉の姿を!(写真左)こりゃ行くしかないですね。
 しかし駅から滝までの道は大変疲れました。約3キロ弱ですが登り降りのある山道なので。。。線路を歩くのとはまた違った疲労感があります。
 途中に何箇所か観光スポットがありますが、我々がまず気に入ったところは写真下左の「瀧安寺」あちこちで写真を撮りましたが、メインは右端に写っている赤い「瑞雲橋」ですね。中は普通のお寺ですが休憩がてら寄ってみてください。
 そして写真下右はメインの「箕面滝」滝を綺麗に撮るならこの角度ですね。滝に近いところでは曲がって構図が綺麗ではありません。いや〜いつ来ても心が洗われます。。。日頃汚れ切った心を。。。ってオイ 寒い一人つっこみ炸裂中。
箕面2箕面1


December 01, 2009

GIGS No.314 2009年12月号&No.315 2010年1月号

Gigs 2009 Dec 早いもので、雑誌などはもう2010年なんですね〜

 タイミングよくコメントをいただきましたが、写真左は『UVER world』のAKIRA氏の使用機材レポートでワジドラ発見。いつも(株)ワンダートーンさんから載った報告があるのですが、僕がタイにいた為、この雑誌は手に入りませんでした。が、運良く手に入りましたので報告。
Gigs 2010 Jan
 そして写真右側は『DIR EN GREY』薫氏の最新機材。なんとライヴはもちろん、最新アルバムでも使ってくれている(ありがとうございます!)彼は6弦を3音下げにしているらしいが「原音を潰さずにブーストし、超低音でも輪郭がぼやけることなく、過激かつ綺麗な歪み」をワジドラで作り出しているようです(インタビューから抜粋)なるほど、そういう使い方もあるんですね。逆に勉強になりました!自分も7弦ギターを持っているのでチャレンジしてみます。

 詳しい内容は本を買って読んでみてください!!!

WARZY Work Information
【WARZY OFFICIAL WEBSITE】
logo

jhm-logo

【FACEBOOK 参戦中!】


【 Supported WARZY by 】

NEW LOGO

EB

パンティップ店
MUSIC EXCHANGE PANTHIP

tuimusic
TUI MUSIC RACHATEVEE

WARZY DRIVE 発売中!
mini


『THE EFFECTOR BOOK VOL.6』

にWARZY本人による『WARZY DRIVE』製作についての独占インタビューが掲載されています。


jode head

liszko

- - - - - - - - - - - - - - - -
Copyright 2004-2016 WARZY
All rights reserved


livedoor プロフィール

ワージー

コメントは御自由に
My Release


RUTHLESS AGGRESSION (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2018


VERGE OF DEATH (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2017
JACKHAMMER MUSIC 2016


FATAL-Deluxe Edition-(CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
DIVEBOMB RECORDS 2016


BONDED IN HELL (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2015


CAGE OF THE SORROW (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2012

solo-cd
STATE OF WAR (CD)
WARZY (演奏)

初のソロアルバム

USA-comp
VD Records Vol.2 (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・God Cries! World Dies! (未発表)

Licenced by VD RECORDS 2009

tc
ULTIMATE METAL Vol2
- Asia united - (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・G.T.G.T (未発表)
・GENE (未発表)

Licenced by
ULTIMATE MUSIC Co.,Ltd 2008

kaientai-new
KAIENTAI DOJO 3 SUPER BEST (CD)
WARZY (演奏)

・SHOOTING STAR
【円華(マドカ)選手】

・フューチャーキル
【MIYAWAKI選手】

・STRONGEST-Kテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2008


孤城悲闘 (CDR)
モノノフ (演奏)

4曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


我に七難八苦を与え給へ (CDR)
〜尾張先行発売限定版〜
モノノフ (演奏)

3曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


大阪プロレス The 3rd. IMPACT! (CD)
HATE BEYOND (演奏)

9. The Tactical Violence
ブラックバファロー 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2005


KAIENTAI DOJO (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" 再収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


KAIENTAI DOJO (CDR)
~ Theme music collection vol,7 ~
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" (未発表曲) 収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


大阪プロレス 物(ストーリー)語 (CD)
HATE BEYOND (演奏)

4. ULTIMATE PAIN
"ビッグボス" MA-G-MA 選手のテーマ

10. MADNESS
ゴア 選手のテーマ

8. KING OF TERROR
大王 QUALLT 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東南アジアのみ販売。ボーナス2曲プラス

Licenced by
NORTH POEM RECORDS 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東ヨーロッパのみ販売。ボーナス3曲プラス

Licenced by
ROCK EXPRESS RECORDS 2003


REMASTERING OF "RUIN" (CDR)
NARCOTIC GREED (演奏)

2nd Cassette Album
"CRISIS OF RUIN"のCDR化

Licenced by STUDiO FACE 2003


PERPETUAL PAIN (CD)
HATE BEYOND (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2003


TWICET OF FATE
~運命のふたひねり~ (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

セカンドアルバム

Licenced by
WORLDCHAOS PRODUCTION 2001


INITIATION (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"IMMORTAL GERM" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1995


FATAL (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by LARD RECORDS 1994


TO LARD... YOU WILL DECAY (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"FUTURE KILL" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1994


CRISIS OF RUIN (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1992年発売 2nd Cassette Album


ABSURED WAR (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1991年発売 Debut Cassette

訪問者数

    一人一日一カウント!毎日「ワジ漫」見てね!

    SHARK EFFECT JAPAN

    NARCOTIC GREED, HATE BEYOND / WARZY

    WITCHES / LIENJ

    JAYRADIKAL / DISINTEGRATOR

    SxAxT / MATTCHANG

    CHAIN DISASTER / HISASHI

    BKK31 / POP

    VOIDD, CLANDESTINED / OKAZZY

    RAGING FURY / ZAP-T

    RAGING FURY / HELL WAR

    DARK FOREST / YOU

    THE UNCROWNED UNION / KANADE

    THE UNCROWNED UNION / SIN

    ギャルメット / あやの

    DEFILED / YUSUKE SUMITA

    ROSENFELD / SDGY

    ROSENFELD / SHINJI

    ∀NTI FEMINISM etc... / YAYOI

    ROSENFELD, ∀NTI FEMINISM, UNHOLY THE 13TH PREACHERS, 紅番区-RedbronX , HATE BEYOND etc... / LINA

    GRIM FORCE / CHU-RIN

    モノノフ / 富樫 刑部少輔 雄親

    モノノフ / 明石 式部法印 智玄

    ICONOCLASM

    HATE 77, THE JIZZ MONKS / 山内圭哉

    ヴァリアンテ / ISAO

    UNHOLY THE 13TH PREACHERS / アキ

    モノノフ / 尼子 民部少輔
    過去
    注意事項

    ※このブログに掲載の文書・写真・コメント
    などの無断使用・無断転載を禁じます。
    ご使用の場合は、コメント欄もしくは
    メールにてご連絡ください。

    こちらから


    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)