SRT-North

December 11, 2007

ロッブリー駅

LOPBURI Station - 132.81 km
ロッブリー2
 とうとうアユタヤーの次のターゲット「ロッブリー」までやってきました。ここへは遊びに良く来るので、自分の中では「今更」なんですが、この駅シリーズでは「やっと辿り着いたか!」という感じです。次はちょっと遠いけど、これまたよく行く「ナコンサワン」です。約120キロ先だ。
 ここのホームにはでっかい金の猿が2つ鎮座しています。これはここからちょいとサラブリー方面へ行ったところの「LOPBURI INN」というホテルが作って置いているらしいです。ちなみにホテル前にも同じような置物がありますので是非泊まってみてください!安いけど良いホテルですよ!泊まってびっくりしました。ちょっと遠いけど。
ロッブリー1 駅周辺は旧市街地でたくさんの遺跡があります。駅からもゴロゴロ見えるほどです。駅前にはSLがあり、その横には「ワット・バンダイ・ヒン(バンダイ・ヒン寺跡)」があります(無料)向かいには「パー・スリラッタナ・マハタート」があり(有料)駅を出るだけで遺跡モードにトリップできます。
 普段は野良猿がウロウロしていて危険ですが、今の時期は寒いのかおとなしめでした。光るものが好きらしくカメラやグラサン、かばんなどのひったくりに注意しましょう。

n785jp at 20:18コメント(0) この記事をクリップ!

December 10, 2007

バン・パワイ駅

BAN PAWAI Station - 127.44 km
バンパワイ 何もない。駅前に屋台があるのみ。モータサイも列車の到着時刻にはやってくるが、普段はいない。バスも来るらしいが「いつ来るかわからん!」と一笑されました。さすが4等駅。
 お!観光地が近くに!「ワット・コーカティン」というお寺&墓。10分で観光終了。次の列車まで2時間もある。と男前の駅員が、駅舎裏にある自宅へ案内してくれコーヒーをご馳走。奥さん(妊婦)もかわいい゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
 なんと各駅に備わっている社員用の家は「家賃無料」なんだって!よく廃墟と化しているのを見かけるけど、もったいないな〜〜

n785jp at 19:14コメント(0) この記事をクリップ!

December 09, 2007

バン・クラップ駅

BAN KLAP Station - 121.72 km
バンクラップ駅

n785jp at 14:27コメント(0) この記事をクリップ!

December 08, 2007

ノン・ドーン駅

NONG DON Station - 116.56 km
ノンドーン 書き忘れたが手前の「バン・モー」は2等駅でRAPID(タイ語ではレオ=この場合「速い」)が停まる。ここは3等駅で各停しか停まりませんが、駅を出るとなぜか屋台や商店街でにぎわっていて、列車を待っている間、時間をつぶすのが容易です。
 列車の料金が納得いかないのは自分だけだろうか。例えばロッブリーからバン・モーまで(25キロ)は各停(タマダー)は3バーツ(約9.6円)でもロット・レオ(ワンランク上)なら40バーツ(約128円)で約13倍!しかもレオ(速い)のくせにチンタラ遅い。。。確かにクソ駅はスッ飛ばしてくれますが。
 「何言ってんだ。日本円で考えたら安いもんだろ!」と言うなら、綺麗でクーラーが効いていて、時間通りに発着して、本数も多くて...と同等の条件なら文句なしですが。

n785jp at 04:26コメント(0) この記事をクリップ!

December 07, 2007

バン・モー駅

BAN MOH Station - 108.78 km
バンモー え〜っと、何もないです(焦...)

 ちょうど国王誕生日が近かったためか、黄色い旗がずらっと並んでいますね。
 あ・と・は・ここからセメント工場まで線路が延びている。そう、このあたりの山ではセメントの原料が採れるので、セメント産業が盛ん。車窓からもサラブリとの境にある山が望めると思います。綺麗ですよ。国道沿いはもっと綺麗に近くで見られますから、バスに乗ってください(笑)

n785jp at 05:19コメント(0) この記事をクリップ!

December 04, 2007

ター・ルア駅

THA RUA Station - 102.73 km
タールア とうとうこの路線も100キロ地点まできました。ここは友達の機関車運転手ジェフ君の実家(そんなの関係ね〜)
 駅名は「ター・ルア=船着場」というだけあって、さぞかし船の交通便が栄えているのかと川の方へ探索。しかし撃沈(笑)アユタヤーまで行けるみたいだが時間がかかりすぎ。
 そしてここの裏メニューは地下に工場がある!核兵器?ではなくとうもろこしを材料にした食品を製造。ペットフードなんかも作っている。
 駅前には「ワット・ノン・ヘウ(WAT NONG HAEW)」というお寺があってデカイ大仏が鎮座している(写真はリンクのマレーンポー氏のページで)それ以外は普通の田舎の街だが、知り合いがいて、よく訪れるというだけで何故か親近感が湧く街です。

n785jp at 18:10コメント(4) この記事をクリップ!

December 03, 2007

バン・プラッグ・ラッド停車場

BAN PLUG RAD Halt - 99.16 km
バンプラッグラッド ここも始発パターンでないと来られない所。自分は次の「ター・ルア駅」から徒歩でやってきた!(笑)途中の川&橋が撮影したかったから、そのついでに。
 で勿論ここを撮影後は難民状態。駅員もいないし何もわからない。すると近くのバス停で焼き鳥を売っているおばはん発っ〜見〜ん!バスかソンテウで近くの駅まで行けるかどうか色々聞いてみた。答えは「マイミー」!!困った華沙を見かねて「知り合いにバイクを持っている人がいるので聞いてあげる」との事。無事駅まで送ってもらって「お金はいらない」と。あかんあかん、と40バーツ握らせた。田舎でこの距離だと相場は30バーツだけど、お金はいらないという言葉に10バーツプラスや、取っとけ。日本人泣かせなタイ人だぜ!普通は100バーツとかふっかけるのに。
 (注意)タイ語ができない人は絶対真似しないように。

n785jp at 00:19コメント(0) この記事をクリップ!

December 02, 2007

ノン・ウィワット駅

NONG WIWAT Station - 96.44 km
ノンウィワット ここも何もない、しがない田舎4等駅。ここも降りて撮ったのだが、この列車最後尾からの写真の方が綺麗ので、こちらを選択。じゃあ降りる意味がない?前にも書いた通り、意味はあるんだよ!
 このへんの駅トイレは南京錠がかかっていて、駅員に声をかけて鍵をもらってから借りる。がここは水洗便所が使用できず(壊れていた)外れの沼の横にある古いタイプの便所を使った。飯屋もかなり離れているし、列車を待っている間は暇暇暇。と昼過ぎに物売りがピックアップトラックでやってきた。が野菜など食材が中心。う〜〜やっぱり暇。
 地名はタ・ルア郡、ノン・カナック町。なしてウィワット??タイには「ウィワットさん」がたくさんいるので人名なのかな?今度調べておきます。

n785jp at 00:04コメント(0) この記事をクリップ!

November 28, 2007

ドン・ヤ・ナン停車場

DON YHA NANG Halt - 93.58 km
ドンヤーナン オッケイ!撮り直してきました。
 一日に数本停まるだけ、バンコックからは始発の4時20分、到着が6時半頃。帰りは反対行きの7時45分のに乗れる。次は11時台バンコック発に乗ると2時過ぎに到着。で駅を降りると夕方5時過ぎまで列車が来ない。3時間もここで過ごす事になるので、是非始発に乗って行きましょう。か隣の駅からモータサイに乗って行くか。最低往復60バーツ。歩くならノンウィワット駅から歩く方が近いです「誰が行くか〜」って?

n785jp at 00:09コメント(0) この記事をクリップ!

October 23, 2007

バン・パーチー駅

BAN PHACHI Station - 89.95 km
バンパチー 構内にSLが置いてあるね。さすが一等駅。ここで東北線と分岐。

 なぜかここは名物の手作りアイスクリーム売りがやってくる。お腹を壊すほどではないけど、汚いから食べないほうがベター(笑)発車間際に買ってお金をポーイと投げ、線路に落ちた10バーツ硬貨を必死に探す売り子が面白い(ちなみに一杯5バーツだったかな?)

 駅を出れば夕方からは屋台群が現れる。特に陽気なヤム・ママー売りのプンプイおばさんはかわいくて面白い。見つけたら是非食べるべし!ただし何も言わないと普通の店よりもメッサ辛いので「マイペッナ〜」と必ず言いましょう。

n785jp at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

October 22, 2007

パー・ケーオ駅

PHRA KAEO Station - 85.44 km
パーケオ さて東北線と北線の分岐点「バン・パーチー駅」まであと少し。

 例に漏れずド田舎臭漂う4等駅。外れながら国道3056線が並走しているので「バン・パーチー駅」からも車で来られそう。

 やはりここにも「パー・ケーオ寺」がある。寺があるから駅を作るのか、ただ単に寺はどこにでもあるから偶然、なのか。ま、どっちでもいいや。駅について書くことが無いので文字を埋めているだけやし(笑)

n785jp at 00:02コメント(0) この記事をクリップ!

October 21, 2007

バン・ドン・クラン停車場

BAN DON KLANG Halt - 82.31 km
バンドンクラン 何もね〜ずら。まじで。halt! halt! halt!

 近くに「ドン・クラン寺」があるのでそれ用かな?写真では左の木で隠れてしまったが、小さな納屋のような待合室があります。本当に野原のド真ん中です。でもお寺は大きくて綺麗で目立ちます。

(リンク先はマレーンポー氏のサイトです)


n785jp at 14:14コメント(0) この記事をクリップ!

October 20, 2007

マッパーチャン駅

MAP PHRA CHAN Station - 78.98 km
マッパーチャン ここも4等駅。なかなか列車が停まらない。
 駅へ漂流すれば駅員への挨拶はかかせない。色々情報をいただけるし、サービスも(期待はできない程度のね)「なんでこんな田舎駅にきたの?」これは必ず聞かれる「マーティアオウ・タイループ〜写真を撮りに」笑われるか同情されるか呆れられるか、そんなのはどうでもいい。向こうも列車が停まらず、暇でしょうがないから、俺みたいな珍客は良い遊び相手になるのだろう。
 こんな田舎駅にも列車通過情報システム(?)が装備されている。時間が遅れる事(ロット・シア・ウェラー)がしょっちゅうなので必需品だ。鉄板の箱に豆電球が付いた古い型から、パソコンを導入した最新のものまで。駅のランクにもよるが、オヤジの駅員がいる所にはパソコンが苦手なのか、古い型を使っている。あとは列車と交信する無線も欠かせない「日本人が漂流してるので拾ってあげて」なんてありがたい事もあります。

n785jp at 00:03コメント(0) この記事をクリップ!

October 19, 2007

バン・マ駅

BAN MA Station - 74.69 km
バンマ 隣のアユタヤーから循環運転しているソンテウで無事来られました。が、ここから次の「マッパーチャン」が難敵。ソンテウを乗り継げば行けましたが、距離がかなりありました。列車よ来い!

 パックソイにある食堂にはいつも女子大生が食事している。近くには何もなさそうだが。。。とりあえず紛れて食事とシャレこもう!

n785jp at 00:03コメント(0) この記事をクリップ!

October 08, 2007

アユタヤー駅

AYUTTHAYA Station - 71.08 km
アユタヤ1 もちろん1等駅です。さすが世界的に有名な観光地だけあって、ホームの真ん中に英語が話せるプンプイ姉さんがいます(彼氏在)構内アナウンスもタイ語と英語の2種類。残念ながら発音が。。。(´・ω・`)
 バンコク側にある食堂は安くて美味しいので、地元の女子大生(なぜか多い!)に混じって是非食らってみてください。お勧め。

 旧駅舎は昔ながらの味のある建物ですが、北側のある写真下の臨時ホームも何だか雰囲気が良さげ(写真下右)
アユタヤ2
 観光地情報は他のサイトにお任せするとして。。。って「駅について」なんて、そないに書く事がおまへんがな。
 あ!年に数回、タイの記念日などで臨時列車として走るSLはバンコクからここまで走りますね。
 あとは。。。モータサイが10バーツ均一なのかな?ソンテウもグルグル走っていますので7バーツ均一で観光地も楽々。隣のバン・マ駅にもソンテウでワープ!1駅助かりました。
 とにかく北線はアユタヤーまで一段落(撮影はロッブリー&チラまで終了)したので、今後はちょいと東線も進めてみましょう。

n785jp at 00:02コメント(0) この記事をクリップ!

October 07, 2007

バン・ポー駅

BAN PHO Station - 62.75 km
バンポー 4等駅ですが、停まる列車がなかなか来ない(涙)しかたなくバンパイン駅から約5キロ歩いて行きました。トホホ。。。

 駅前は原付やバイクが山のように。こんなところでも「パーク&ライド」が自然と普及してます(笑)この辺は国道にソンテウしか走ってないから、車&バイクは必需品ですね。アユタヤーとバンパインという観光地に挟まれて、何だか寂しい雰囲気の駅です。

 上りと下りのホームがチグハグに設置されている。長い車両が停まっても、線路上ではなくホームに降りられる、そして乗る列車の行き先を間違いないように、等の理由なんだって。よく見られます。

n785jp at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

October 06, 2007

バン・パイン駅

BANG PA-IN Station - 58.00 km
バンパイン アユタヤーまであと一息だが、ここには国王の離宮があるため、ちょっとした観光地。列車はほとんど停まるけど3等駅だって。読み方は『バンパ・イン(区切り注意)』という方が何故か通じます。レッツ・トライ!
 写真左横はバンコク方面から、手前の踏切にて。右車線に住み込みの保線車が停まっているのが見えます。
 写真下はアユタヤー側から。国王関係者の待合室が手前に見えます。道を挟んだ向かい側にも綺麗に整備された小さな池があって、きっとここも見学なさるのでしょう。
バンパイン2
 駅の前には食堂があるが、まずい&デブ家族が嫌々やっているのでお勧めしません。他に店がないから殿様商売なんでしょう。ソンテウも同じ。ここで一日or半日のガイドを頼むと高い高い!特に外国人は値切ってもラストプライスは相場の4−5倍が当たり前。モータサイはリーズナブルな値段やったがタイ語要。ちなみにソンテウでバンパイン宮殿まで2人で20バーツでした(要交渉)参考までに。

n785jp at 00:06コメント(0) この記事をクリップ!

October 05, 2007

コーン・プッタ駅

KHLONG PHUTSA Station - 51.88 km
コーンプッタ でぶっちょの駅長で有名(?!)駅員って普段はランニング一丁でゴロゴロ、列車が駅に着いたり通過したりするときに制服を着用。。。ってな人が多い。昼飯は裏庭で自炊したりと田舎の駅は何だか楽しげ。

 この日は良い天気で、早朝からここへ来て、残った3駅を撮り、午後からは続きのロッブリー(132.81キロ地点)へ行くつもりでした。でも「タイの晴天は雲が薄く覆う白い空、こういう青空が広がり入道雲が見えると大雨が降る前兆」といいます。今までの写真を見ても空は真っ白だと思います。その言い伝え通り、午後のロッブリーは大雨。。。残念

n785jp at 00:08コメント(0) この記事をクリップ!

October 04, 2007

チィアン・ラック・ノーイ駅

CHIANG RAK NOI Station - 46.01 km
チィアンラックノーイ 滝のように汗を流し、徒歩で列車の停まらない駅に行く。これほど間抜けな道楽は存在しないに値する。

 ここへは逆周りで来た。バンパイン〜コーンプッタ〜ここ。運良くコーンプッタ駅で普通列車(ORDINARY)が来たので楽に来れた記憶がある。歩けば1時間だが列車なら4分2バーツ(7円)停まってくれよ各停。。。と祈るばかりである。停まらないのに各停列車か。。。でもタイは各停列車って少ないんですよ・・・涙

n785jp at 00:11コメント(0) この記事をクリップ!

October 03, 2007

ナワ・ナコーン停車場

NAWA NAKHON Halt - 44.12 km
ナワナコーン ここは工場がたくさんあって朝夕の通勤用にあるのだろう(一日停車本数上下合わせて10本)
 自分がこの停車場に漂流した時には(笑)保線車が作業した後で、左端の線路が白くなっているのが見える。保線車は「Plasser & Theurer(プラッサー&トイラー/道床安定作業車)」というらしく寝台車を改造したホテル?客車4両と、貨車が2両、そして保線車をつないだ形で、全国の線路を徘徊&整備しているみたい。現在はバンパイン駅に停めて、この近辺を作業中。夜はホテル客車(クーラーも備わっている!列車用ではなく家にある室外機があった)で酒盛りしてた。女の人達は通勤らしく、何度か一緒に列車に乗ってドンムアンまで帰った事がありました「一緒に泊まってあげなよ?」というと「バー(ばか)」と照れていました。

n785jp at 00:02コメント(0) この記事をクリップ!

September 26, 2007

タマサート大学ランシット校停車場

MO.THAMMASAT UNIVERSITY Halt - 40.19 km
タマサート 列車が停まらねえから歩いて行くのじゃ。道を歩けば遠回り&迷子が怖い、だから線路を伝うのじゃ。
 大学の駅やというからにゃ、さぞかしキャピキャピしとるんやないやろかと思うたが人っ子一人いないわいな。。。恐怖の手摺り無し陸橋が原因かいの〜?

 腹が減ったので駅を出て何か店を探してみる。ん!?川を越えて行くと駅前はバス停になっていて、番号を見ると見慣れた「29」家の前を通って(パホンヨーティン通り経由)ファランポーン駅前行きです。ここが終点みたいですね。もうこれに乗って帰りたい気分です。っていうか、この事実を知っていれば バスでここまで来たのに。。。アーメン

n785jp at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

September 25, 2007

チィアン・ラック駅

CHIANG RAK Station - 37.47 km
チェアンラック1 ここは写真下の様に、特徴ある屋根の待合所で有名です。
 先に「チィアンラック・ノーイ駅」があって、こっちは「チィアンラック・ヤーイ」なのでしょう。
 立派な駅舎とは裏腹に、のどかで、近くの校舎からチビッコの声が聞こえてきます。かっこいい駅なのに優等列車は停まらないみたいですね(4thクラス)
 貨車も扱っていますが、一向に動かない放置されたコンテナがいつも停まっていますので、いまだに反対側からしか良いアングルで撮れません「かなり来ただろう」と思い調べてみると、まだ37.47km!ジンロ?!
チェアンラック2
 線路を歩いていると動物の死骸がゴロゴロ。先日紹介した「ヤギ」もそうですが、一番驚いたのがワニ!かと思うくらいのオオトカゲ!!「トッケー」と鳴くのでタイ語では「トッケー」といいます。草むらでガサゴソと生きているのを良く目撃しますよ。これもまた「レイルウォーカー」には乙なもの。

 昨日「先には何かが待っている、きっと。。。」と書いたが早速!本日お誘いがあった!機関士さんのご好意でナコーンサワンの機関区への入場許可だ!来月招待してくれるという。ありがたい。歩んでいけば道が開けるもんだ。猪木語録はまんざらでもないんだぜ。

n785jp at 00:07コメント(0) この記事をクリップ!

September 24, 2007

コーン・ヌーン停車場

KHLONG NHUNG Halt - 33.84 km
コーンヌーン ここには日系企業の工場がたくさんあります。だから朝夕は送り迎えの車やバスがウジャウジャ・・・大渋滞です。
 しかし駅には誰一人いない・・・時刻表などあてに出来ない、来るか来ないかわからない列車を利用する人なんて、いても疎らです。 
 「何度経験しても停車場との出会いはシビれますな〜」と吐いたセリフにゃ嘘はないが、この先の4000キロもの停車場探索を考えると・・・ゾッとしますわ。

n785jp at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

September 23, 2007

ランシット駅

RANGSIT Station - 29.75 km
ランシット ここからはだいぶ距離があるが、国道沿いには「メジャー」「ロータス」「ZEER」など大型施設が建ち並び、地方から出てきた人が「バンコクまで行くには渋滞がダルい」というので、この辺で住み着いたり、買い物を済ませる。バスターミナル・モーチットマイもあり、一応ベットタウン・ランシットが売り。高架鉄道がバンスー駅まで完成すれば、さらに便利な街になり発展する予感。
 そんな田舎者をカモにしている輩も多く、治安があまり良くないと聞く。この駅のそばでもボッタクリ観光バスが並び、御自慢のペイントバスを掃除している。モータサイも最悪だ。郊外だがタクシーもチラホラ見られるので是非タクシーを利用しましょう。

n785jp at 00:04コメント(0) この記事をクリップ!

September 22, 2007

コーン・ランシット停車場

KHLONG RANGSIT Halt - 28.48 km
クロンランシット 日本語ではよく「クロン」と表記されているが「コーン」の方が発音が近いので、こちらで統一します。

 前の「ラックホック」と同じ道沿いにある、これまた草むらで覆われた停車場。ただしこちらはコンクリートのホームのかけらもなく駅標のみ。しかも草ボーボー&未舗装の道を隔てて立てられた駅標。良く観察していないと見落とします。でも「ラックホック」より停まる列車の本数が多いのが不思議。。。

n785jp at 00:03コメント(0) この記事をクリップ!

September 21, 2007

ラック・ホック停車場

LAK HOK Halt - 27.61 km
ラックホック 草むらが広がる中におっ立つ朽ちた駅標、それが「ラック6停車場」だ。たぶん写真の高架道路との交差点なので列車をとめます、みたいな所。しかし何度経験しても停車場との出会いはシビれますな〜

 多数の郊外型ムバーン(村)とゴルフ場、ランシット大学があり、朝夕のみ数本停車します。極めて汚い下町の家(工場)を前に、暗がりで列車を待つ女学生は危険度300%!!

n785jp at 00:02コメント(0) この記事をクリップ!

September 20, 2007

ドン・ムアン駅

DON MUANG Station - 22.21 km
ドンムアン やっとここまで着た。。。という感じです。みなさまお馴染みの旧バンコク(ドンムアン)国際空港です。現在は一部国内線で利用再開されましたので、ボチボチとバックパッカーの姿も見られます(飛行機を利用するのに列車移動でケチる意味が不明ですが。。。)しかし駅構内のツーリストオフィス(右に並ぶ建物群)はご覧の通り閉店のまま。高速道路が併走されていて、それ用の道沿いの広告塔も白幕です。空港行きの利用車両が減ったという事でしょうか?
 ちなみに「ドン&ムアン」両方とも発音が難しいです(涙)

n785jp at 00:03コメント(0) この記事をクリップ!

September 19, 2007

タラートマイ・ドン・ムアン停車場

TARATMAI DON MUANG Halt - 21.69 km
ドン市場001 2001年現在、バンコク都市鉄道「ダークレッドライン(濃赤線)」の工事が始まったようで、ここにも駅が出来る予定だとか。

 タラート・マイ(新市場)ですので道を渡れば市場があります。反対側には旧ドンムアン国際空港のカーゴ専用のターミナルがあります。ちなみに前の住んでいた所へは、この空港内を通って近道していました。カーゴ内も有料で通り抜けできます(確か10バーツ)ので渋滞の時はショートカットで良く利用していました。

n785jp at 00:06コメント(0) この記事をクリップ!

September 17, 2007

ガン・ケーハー・コーモー19停車場

KHAN KEHA KM19 Halt - 19.47 km
19km もうすぐドンムアン空港だけあってデカイ広告塔が目立ってきました。その合間に細々とある感じ(笑)
 おまけにど真ん中には屋台群が陣取ってます。小さな小さな駅舎があって、昔は硬券が手に入ったのですが、今は無人駅のため、屋台のおっさん&おばはんの溜まり場状態です。
 ここは「19km地点にある小さな村の集団」という意味みたい。変な訳。。。日本語が下手ですな〜

n785jp at 00:17コメント(0) この記事をクリップ!

September 16, 2007

ラック・シー駅

LAK SI Station - 17.57 km
laksiwat laksi
 立派な駅です。構内に「セヴン・イレヴン」もあるし〜♪
 駅名の由来は、初めラマ5世が鉄道をバンコックとバン・パイン駅との間に敷いた時に、だいたい約4キロ地点に駅を作った。その4キロを1ラック(1スパン?)とし、4ラックの地点なのでこの駅名だそうだ。ちなみに1ラック地点には「サムセン駅」2ラックは「バン・スー駅」3ラックは「バン・ケーン駅」5ラックは「ドン・ムアン駅」6ラックも駅名そのまま「ラック・ホック停車場」7ラックが「ランシット駅」以下省略・・・ははは。
 ここはノンタブリーへ行く重要な交差点でもあるし「ラックシープラザ(ITスクエア)」もある・・・パンティップにいた友達が、ここに楽器屋をオープンさせたが半年で撃沈した、驚くほど客足が少ないというショッピングセンターだ。ちょいと覗いてみると。。。まずまずかな。写真右は近くにある駅名と同じ「ラックシー寺院」

n785jp at 20:17コメント(0) この記事をクリップ!

September 15, 2007

トゥン・ソン・ホン停車場

THUNG SONG HONG Halt - 14.81 km
トゥンソンホン 綺麗な「ファミリーマート」が駅前にあります。なんなんでしょうか、この辺は。住宅街?
 バイタクや屋台が待機しているので、恐らく写真にある歩道橋を渡って、バス乗り場からの乗客が目当てなようです。決してこの駅の乗客目当てでないことだけはわかります。待合室には低所得者の親子が真っ昼間から寝ていました。
 時刻表を見ると、朝に8本、昼に2本、夕方8本。お!結構停まるね。失礼失礼。。。

n785jp at 00:13コメント(0) この記事をクリップ!

September 14, 2007

バン・ケーン駅

BANG KHEN Station - 13.00 km
バンケーン駅 駅標を入れようと思えば、なかなか駅中心部の表情がわかりにくいが、ここも駅舎や待合所は、タイのお寺などで良く見られる尖がった屋根形になっています。
 
 この辺も高架鉄道の橋脚が見える、が勿論工事はストップしたまま。ここのホームは凄く長くて、バンコク寄りのホーム先端は何もない。手前の小さなドブ川に架かる橋から来る列車を撮影するのに良い場所。ローカルなイメージの鉄橋と、近代的イメージのコンクリの橋脚、このバランスの対比が楽しめます。

 注:2011年からバンコク都市鉄道「ダークレッドライン(濃赤線)」の工事が始まったようです。

n785jp at 00:53コメント(0) この記事をクリップ!

ワット・サミアン・ナーリー

WAT SAMIAN NARI - 12.84 km
サミアンナリ寺 ここもただの踏切ですが、後に開通するであろう高架鉄道の駅らしきコンクリートが柱の上に乗っかってます。近くにある大きなお寺が目印であり駅名です。

(注:バンコク都市鉄道「ダークレッドライン(濃赤線)」の駅ができる予定みたいです。)

 ロットゥア(長距離バス)がモーチットに着く直前の通り道なので、ここで降りる人もちらほら。新規高級住宅地もあるので、高架ができれば益々注目されるでしょうか。

サミアンナリ踏切 調べていて思うけど、寺の近くに駅がある。というか寺はどこにでもあるから偶然かもしれないけど・・・田舎に行けば行くほどその傾向が強い。目印にもなるし交通の便が良いのも、お坊さんが列車で移動する時に便利。ちなみに各列車の最後部の車両には「お坊さん&身体障害者専用シート」があります。自分も最後部で職員と情報交換(笑)

n785jp at 00:01コメント(0) この記事をクリップ!

September 11, 2007

ニコム・ロットファイ・コーモー11停車場

NIKHOM ROTFAI KM11 Halt - 11.01 km
コーモー11駅 ここも駅じゃない。しかし優等列車が停まる、よくわからない停車場。周りはド・スラムですが、バーンスー機関区の職員や、モーチットの長距離バス運転手などが住んでいるらしい。
 ちょうどバンコク中央駅から11kmにあるから、こういう駅名になったのか。先には「ガンケーハー19km」という19.5km地点にある停車場もあります。終点のチェンマイまでは752.5km。まだ1/68しか来ていません(死亡)全線制覇となると。。。気が遠くなりますね。終点駅だけなら楽なんやけど。
 高架鉄道の橋脚が悩ましく並んでいます。。。

n785jp at 00:25コメント(0) この記事をクリップ!

September 09, 2007

バーン・スー駅

BANG SUE Station - 7.47 km
バンスー駅1 地下鉄バーン・スー駅と直結。将来はここも大きな商業ビル街になる予定。よって高架鉄道(リヴァイヴァル・ホープウェル)もここからランシットをまず開通させるぞ、と息巻いている(なんと1997年に計画中止)

 注:2011年現在『バンコク都市鉄道』というのが計画され、すでに工事が着工されている。

 モーチット・バスターミナルともっと良いアクセスがあればな〜地理的にはここから近いけど、大規模な車庫を跨がなければいけないのが難点。
バンスー機関区
 そして写真右横がバンスー機関区の中。撮影禁止地帯なのでくれぐれも真似のなさらぬよう願います。とりたてて珍しいものはないので、この写真を見れば満足していただけると思います。油まみれの汚い工場っす。機関区の写真を撮るならトンブリの方がいいよ。SLもあるし。

 この駅は北(東北)線のみの発着専用となっていて、南線は『バンスー2駅』とホームが別となってます。

n785jp at 00:18コメント(0) この記事をクリップ!

September 08, 2007

パー・ディパット停車場

PRA DIPHAT Halt - 6.37 km
パッカープラディーパット駅 出た!車両一両分くらいの停車場。現在ここに停まる列車はありません。

 ここから北に向かって川の手前で右にモーチィット・バスターミナルへ行く分岐線に突入します。現在は貨物専用線で辿り着く先は、今は亡き『パホンヨーティン駅』

 本線は橋を越えてバーンスー・ジャンクション駅に到着。その橋のそばでは低所得者の家もあり、撮影ポイントとしてもいいです。

n785jp at 00:02コメント(0) この記事をクリップ!

September 06, 2007

サムセン駅

SAMSEN Station - 4.80 km
サムセン駅 バンコク駅を出て、ようやく駅らしい駅が出てきました。バンコク駅まで2バーツ(7円)で行けます(笑)
 お洒落なレストランが何軒かありますが、駅前はそれほど活気に溢れていません。勿体無いです。
 鉄筋がむき出しになっていますが、こちらは旧空港(ドンムアン)を越えてランシットまで行く別の高架鉄道(ホープウェル・国鉄改良計画)です。しかし工事は止まったまま。だってホープウェル(香港)の会社がお金を出すのを途中でやめたから。どうなるんでしょうか?

 注:2011年現在、また工事が始まったようです『バンコク都市鉄道』という名前みたいです。

n785jp at 00:49コメント(0) この記事をクリップ!

ラチャ・ウィティー(信)

RATCHAWITHI - 4.80 km

 ここが停車場???踏み切りしかなかった。。。
 調べてみると、どうやらランシット行きの高架鉄道(ホープウェル・国鉄改良計画)が建設される時に駅ができる予定みたいです。まだまだ先ですね。

 注:『ホープウェル』の計画は中止になり、その後『バンコク都市鉄道』というのが計画され、その駅ができる予定だそうです。

n785jp at 00:01コメント(0) この記事をクリップ!

June 27, 2007

ラマー・ティップ・ボー・ディー停車場

RAMA THIP BODI Halt - 3.29 km
ラーマーティップボーディー すみません、まだ英語表記がわかりません。今回訪れた時にできていました。
 正式な駅名もわかりません。地元の鉄オタは「コミューター用のチットラダー停車場」といっていましたが、おそらく目の前にある病院「ラーマー・ティップ・ボー・ディー病院停車場」だと思います。すでに停まって乗降しているのを確認しましたので営業しているんでしょう。無人駅なので営業も何もないか。ちなみに「チットラダー停車場」の斜向かいにあります。

n785jp at 16:27コメント(0) この記事をクリップ!

June 26, 2007

チットラダー(臨)

CHIT LADA Station - 3.29 km
チッドラダー宮殿駅
 きっと国王関係者のみ使用される駅だと思う。よって臨時駅と表記しました。
 撮影した時は「ワンメー(母の日)」の4日前という事もあってか、ポリさんが7-8名ほど警備していました。中には意地悪なポリもいて「撮影禁止!」の一点張りのドアホもいたけど、僕は関係者の許可を得ていたので、その中で一番偉い人にその旨を伝えると撮影OKでした。常にポリが駐在しているかどうかは不明ですが、撮影に行かれる方は注意してください。まあ、撮影するといっても、中には小さなガラス張りの待合室のみですが。。。

n785jp at 00:28コメント(2) この記事をクリップ!

June 25, 2007

ヨンマラート停車場

YOMMARAT Halt - 2.17 km
ヨンマラート駅 ペッブリー通りとの交差点に位置する。こちらは本専用の停車場で、通りを挟んで西側に東線専用の停車場「マハナック停車場」があります。
 すぐそばに高速の出口があったりと、踏切が閉まれば、いつも大混乱する所です。横の写真でも奥の方で車が詰まっているのが見えるでしょう。
 朝夕に数本しか停まりません。駅でもらう時刻表のみ表記されていますが、大抵はバンコク中央駅の次は、ここから3つ先の「サムセン駅」もしくは5つ先の「バンスー駅」となっています。従ってまだまだ秘境駅が続きます。

n785jp at 00:11コメント(0) この記事をクリップ!

June 23, 2007

バンコック(ファランポーン)駅

BANGKOK (Hualamphong) Station - 0.00 km

 始まりました、この企画。駅名表記等まだまだ暫定的ではございますが、とりあえずやりながら修正していきます。情報や写真、指摘などありましたら提供してください。世界初の企画だと思いますので一人では厳しいですが、とりあえずやってみます。では駅の紹介・・・
ファランポーン駅 タイの主な路線の始発駅です(下記参照)バンコク中央駅、ファランポーン駅、クルンテープ駅など、日本人の間では色々な呼び名がありますが、タイ語では『ファランポーン』のみ。普通は「サータニー・ロットファイ〜」と「鉄道の駅〜」というのを付けて呼びますが、ここは「ファランポーン」のみで通じます。でも「この列車はどこ行きですか?」と尋ねた場合は「クルンテープだよ」となります。このニュアンスわかるかな?タイ人の間では『コートーモー(KTM)』という言い方もあります。行き先表示にはこのような書き方をしている物もありまして「KTM=クルン・テープ・マハナコーン」の略です。
駅構内
 主な行き先は
 *東北線:ノーンカーイ、ウボンラチャタニー行
 *北線:サワンカローク、チェンマイ行
 *南線:スンガイ・コーロック、カンタン、スラー・タニー、ナコーン・シー・タマラート、バタ・ワース、シンガポール行(E&O)
 *東線:アランヤパテーッ、バーン・プー・ター・ルアン行
 *西線:スパンブリー行

ファランポーン 1枚目の写真。先日も書きましたが、駅を出た所にある操車場です。立ち入り禁止区域です(今後、いちいち書きませんが、自分は承諾をもらって特別に撮影しています)
 あとの3枚は過去にここで掲載したのを再度使いました。駅構内や外観は日本でも見られるような立派なものです。しかし夜中に到着する便や、早朝出発する便が結構あって、駅の周りではゴロゴロと野宿する低所得者達がいますので、旅行者の間では夜間の利用を敬遠する傾向にあるみたいです。
24 また夜間移動中や寝台車などではレイプ&強盗事件もおこるみたいで、列車移動よりもバスを利用する、という意見もタイ人の間ですら「良く」聞かれます。一人〜少人数の女性の方の長距離移動は個室利用かバスをお勧めします。
 そして2004年7月3日に開通した地下鉄(MRT)の始発駅でもあり、ここからバーンスー駅まで行けます。が利用目的も違い、遠回りの路線ですので、発車する列車がすぐにあれば、国鉄でバーンスー駅までは15分で行きます。価格も2バーツです(現在。ちなみに地下鉄は36バーツ)

n785jp at 01:10コメント(0) この記事をクリップ!
WARZY Work Information
【WARZY OFFICIAL WEBSITE】
logo

jhm-logo

【FACEBOOK 参戦中!】


【 Supported WARZY by 】

NEW LOGO

EB

パンティップ店
MUSIC EXCHANGE PANTHIP

tuimusic
TUI MUSIC RACHATEVEE

WARZY DRIVE 発売中!
mini


『THE EFFECTOR BOOK VOL.6』

にWARZY本人による『WARZY DRIVE』製作についての独占インタビューが掲載されています。


jode head

liszko

- - - - - - - - - - - - - - - -
Copyright 2004-2016 WARZY
All rights reserved


livedoor プロフィール

ワージー

コメントは御自由に
My Release


RUTHLESS AGGRESSION (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2018


VERGE OF DEATH (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2017
JACKHAMMER MUSIC 2016


FATAL-Deluxe Edition-(CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
DIVEBOMB RECORDS 2016


BONDED IN HELL (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2015


CAGE OF THE SORROW (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2012

solo-cd
STATE OF WAR (CD)
WARZY (演奏)

初のソロアルバム

USA-comp
VD Records Vol.2 (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・God Cries! World Dies! (未発表)

Licenced by VD RECORDS 2009

tc
ULTIMATE METAL Vol2
- Asia united - (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・G.T.G.T (未発表)
・GENE (未発表)

Licenced by
ULTIMATE MUSIC Co.,Ltd 2008

kaientai-new
KAIENTAI DOJO 3 SUPER BEST (CD)
WARZY (演奏)

・SHOOTING STAR
【円華(マドカ)選手】

・フューチャーキル
【MIYAWAKI選手】

・STRONGEST-Kテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2008


孤城悲闘 (CDR)
モノノフ (演奏)

4曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


我に七難八苦を与え給へ (CDR)
〜尾張先行発売限定版〜
モノノフ (演奏)

3曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


大阪プロレス The 3rd. IMPACT! (CD)
HATE BEYOND (演奏)

9. The Tactical Violence
ブラックバファロー 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2005


KAIENTAI DOJO (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" 再収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


KAIENTAI DOJO (CDR)
~ Theme music collection vol,7 ~
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" (未発表曲) 収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


大阪プロレス 物(ストーリー)語 (CD)
HATE BEYOND (演奏)

4. ULTIMATE PAIN
"ビッグボス" MA-G-MA 選手のテーマ

10. MADNESS
ゴア 選手のテーマ

8. KING OF TERROR
大王 QUALLT 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東南アジアのみ販売。ボーナス2曲プラス

Licenced by
NORTH POEM RECORDS 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東ヨーロッパのみ販売。ボーナス3曲プラス

Licenced by
ROCK EXPRESS RECORDS 2003


REMASTERING OF "RUIN" (CDR)
NARCOTIC GREED (演奏)

2nd Cassette Album
"CRISIS OF RUIN"のCDR化

Licenced by STUDiO FACE 2003


PERPETUAL PAIN (CD)
HATE BEYOND (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2003


TWICET OF FATE
~運命のふたひねり~ (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

セカンドアルバム

Licenced by
WORLDCHAOS PRODUCTION 2001


INITIATION (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"IMMORTAL GERM" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1995


FATAL (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by LARD RECORDS 1994


TO LARD... YOU WILL DECAY (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"FUTURE KILL" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1994


CRISIS OF RUIN (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1992年発売 2nd Cassette Album


ABSURED WAR (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1991年発売 Debut Cassette

訪問者数

    一人一日一カウント!毎日「ワジ漫」見てね!

    SHARK EFFECT JAPAN

    NARCOTIC GREED, HATE BEYOND / WARZY

    WITCHES / LIENJ

    JAYRADIKAL / DISINTEGRATOR

    SxAxT / MATTCHANG

    CHAIN DISASTER / HISASHI

    BKK31 / POP

    VOIDD, CLANDESTINED / OKAZZY

    RAGING FURY / ZAP-T

    RAGING FURY / HELL WAR

    DARK FOREST / YOU

    THE UNCROWNED UNION / KANADE

    THE UNCROWNED UNION / SIN

    ギャルメット / あやの

    DEFILED / YUSUKE SUMITA

    ROSENFELD / SDGY

    ROSENFELD / SHINJI

    ∀NTI FEMINISM etc... / YAYOI

    ROSENFELD, ∀NTI FEMINISM, UNHOLY THE 13TH PREACHERS, 紅番区-RedbronX , HATE BEYOND etc... / LINA

    GRIM FORCE / CHU-RIN

    モノノフ / 富樫 刑部少輔 雄親

    モノノフ / 明石 式部法印 智玄

    ICONOCLASM

    HATE 77, THE JIZZ MONKS / 山内圭哉

    ヴァリアンテ / ISAO

    UNHOLY THE 13TH PREACHERS / アキ

    モノノフ / 尼子 民部少輔
    過去
    注意事項

    ※このブログに掲載の文書・写真・コメント
    などの無断使用・無断転載を禁じます。
    ご使用の場合は、コメント欄もしくは
    メールにてご連絡ください。

    こちらから


    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)