SRT-East

November 09, 2008

アランヤパテーッ駅

ARANYAPRATHET Station - 254.50 km
アラン
 よく「アランヤプラテート」と書かれているが通じないぜ「ラ」の発音さえできれば「アラン」でも通じるようになります。
 昔はカンボジアまで延びていた、この路線、駅標には今でも次の駅「KLONGLUK」と表記されている。が写真下をごらんのように、現在はここで終点です。しかし線路は、ちょうど国境にあるロンクーア市場の、インターネットカフェとロットゥの運転手の待合室で終了。その先は線路が破壊されていました。
 さて今回ここへは、以前から仲良くさせてもらっているチャチェンサオ市周辺でお店をやっている夫婦に誘われてやってきた。彼らはカンボジアまで買い付け、僕は国境は渡らずにタイ側で遊んでいた。
終点 さてここではたくさんの日本人と話す機会があった。さすが国境、みんなカンボジアでビザ延長がほとんどだ。中にはロンクーア市場で仕入れて日本で売るというチンケなやつもいたが(なんでもネットで情報を買ったとか)ここはゴミしかないぜ?僕も何度か行ったけど、カバンなどのコピー商品以外は使い道ね〜コピーは日本に持って帰れないし。さっきの夫婦もそうだがタイ人ですら「ここで仕入れる奴は馬鹿」と言ってたくらいだ。
 この市場の人はカメーン語も話す。なんか外国へ来たみたいだ。女の子は彼氏(だんな)がいると初対面の男の目を見ないくらい身持ちが硬い。よって積極的に顔を見て微笑んでくる子は「100%OK」なのだ。僕が何度もここへ来る理由がわかったか!冗談笑

n785jp at 08:14コメント(0) この記事をクリップ!

November 07, 2008

フアイ・ドゥア停車場

HUAI DUA Halt - 245.03 km
フアイドゥア さあ、あと一駅で終点です。
 草むらをかき分け歩いて行くと舗装された道が出てきて、小さな村が見えてきます。地図で調べていたので国道の場所はわかりますが、どう考えても「遠い」そこで例の「タダ乗り作戦」を実行。ものの4−5分ですぐに獲物が食いつく(笑)
「どこへ行くの?乗っていかない?」
「国道までだけどお金ないから歩いてる」
「お金なんかいらないよ。乗せていってあげる
 女性だと簡単だ。男だと一瞬間があくけど必ず「いいよ」ってなる。その後は駅探索そっちのけで女性と仲良くなるも良し これがこの駅で降りた御褒美なのだ。

n785jp at 22:24コメント(0) この記事をクリップ!

November 05, 2008

バーン・ポーン・コム停車場

BAN PONG KOM Halt - 240.32 km
バーンポンコム ここへはどうやって来たっけ??あ、2等バスで国道からやってきました。その国道までが遠い!延々と続く田んぼに挟まれた道を約1キロはありますが歩きます。ノーチョイスですので。。。何度も書きますが列車は一日一往復で早朝&夕方のみなので待ってられません。そのバスですら「こんなところで降りてどうするの?」と質問攻めにあうという超ド級田舎です。そんな二度とこないところで撮った一枚

n785jp at 20:42コメント(0) この記事をクリップ!

November 04, 2008

ワッタナー・ナコン駅

WATTHANA NAKHON Statio - 233.86 km
ワッタナー 終点「アランヤパテェーッ駅」の手前の最後の大きな街。でもホテルはありませんでした。。。終点はあと3駅ですぞ、頑張れ!
 サーケオ駅でもそうでしたが複線側に貨物の積み下ろし用の丘があります(写真右手前)
 ここへもバスで来ました。列車を待つよりバスの方が便利なのでバスばっかです。面目ない。駅前は小さな市場になっていてなかなか便利な町でした。またゆっくり来たいです。

n785jp at 07:35コメント(0) この記事をクリップ!

November 02, 2008

フアイ・チョット停車場

HUAI CHOT Halt - 223.40 km
フアイチョット ここも停車場になってだいぶ経ちますが、駅だった名残が西側にある国道と交差する踏み切りにあります。
 こんな良い天気には牛の放牧が見られます。繋いでなく放し飼いですが、飼い主の言う事をちゃんと聞いて線路を歩いて家に帰って行きます。
 こんな小さな停車場だが結構利用客がいます。一日往復一本ですが、やはりその安さは魅力的なんでしょうか。今回も値上げはしませんしね!庶民の味方、タイ国鉄万歳!

n785jp at 16:11コメント(0) この記事をクリップ!

November 01, 2008

ター・カセム停車場

THA KASEM Halt - 216.28 km
ターカセム ここへもバスやソンテウで来れるが、珍しく列車で来ました(笑)
 500メートルくらい行くとタノン・ヤーイ(この辺では国道をこう呼ぶ。そのまま大通り)へ出ればアランヤパテートからチャチェンサオ・バンコック行きのバスが走っている。が2等なので必ず近くの町のポーコーソー(バスターミナル)まで行って直行バス(一等)に乗る事をお勧め、というか絶対である。近くは次のサーケオまでバイクでは80バーツだがソンテウなら20バーツ。2等バスは同じく20バーツだが混んでいるし遅いのでやめましょう。

n785jp at 15:18コメント(0) この記事をクリップ!

October 31, 2008

サー・ケオ駅

SA KAEO Station - 202.25 km
サーケオ 東線もやっと200キロを越えました!終点まであと約50キロです。
 カビンブリを越えてからは一日一往復という極少ダイヤを利用して駅探索。。。なんかやっていたらいつまで経っても終わりませんので、バスやバイクを利用します。勿論、泊りがけにもなります。
 色々聞くと、この先にはここサーケオしかホテルがないらしい。という事で拠点としてよく立ち寄った街でもあります。

n785jp at 09:09コメント(0) この記事をクリップ!

October 30, 2008

サラ・ラムドゥアン駅

SALA LAMDUAN Station - 195.87 km
さーらーらむドゥアン ここも現在は停車場に格下げになっています。しかし次の駅が「サーケオ」なので、列車の時間が近づくと、結構人が集まってきます。
 草ボーボーで駅標も見えませんね〜笑 ジャングル状態です。
 ここへは隣町のサーケオからバスで、降りてから駅までは500mくらいですが歩いても行けます。嫌ならモータサイで。20バーツ。

n785jp at 05:16コメント(0) この記事をクリップ!

October 24, 2008

バーン・ケーン駅

BAN KAENG Station - 190.06 km
バンケ−ン バンコック発の一番列車で到着。出発は5:55とぞろ目、しかしここへ到着する頃にはすっかり昼前。腹が減ってきたので駅前の売店でメシ、そして道を聞くが、やはり隣駅までは歩いていくしか方法はなさそうだ。バイクの兄ちゃんですら「そんなところ行きたくないな〜200バーツならいいよ」と言われた「アホか、レイルウォーカー・ワルシャワをなめるなよ」と思いながら線路歩きへ突入!しかしいつもながら不安定な石の線路を5キロチョイも歩くのには気合が必要。途中まで駅で可愛がっていた野良犬が付いてきてくれたのが心強かった。
はしバンケ
 途中には畑にかかる小さな橋がいくつもあり、別になんとも無いが、写真のサーケオとプラチンの県境にある大きな橋は怖かった!!!谷底は深いし、距離も長いし、おまけに枕木が腐っててボロボロ。。。歩き終えるまで気が気でなく、タマキンが縮みあがる思いで踏破しました。

n785jp at 09:15コメント(0) この記事をクリップ!

October 16, 2008

パラ・プロン停車場

PHRA PRONG Halt - 183.76 km
パラプロン カビン以東は一日一往復なんで、ここへは先の「バン・ケーン駅」から歩いてやってきました。

 停車場前には民家が2軒、放し飼いで鶏がたくさんいます。すごく状態が良く、こりゃタイは鶏肉が旨いはずだ。最近の日本の鶏肉は臭いっす。いろいろソースやスパイスなどで誤魔化しているけどね。
 そのまま細道を歩いて行くとギリギリ売店があります。暑い中、水分も底を付き1時間半も歩いてきたので、見つけたときは正直「生き返った!」と声が出てしまいました。日本語で。
プロン鳥
 そこでシャワーをさせてもらい、コーラをガブ飲み。店主のジジー&ババーの言葉は訛りでなかなか通じなかったが、色々親切にしてくれました。大通りまで歩いてバスを待つより列車を待った方が良いと言われ、そのまま3時間ほど熟睡。帰りは駅まで見送ってくれました!

n785jp at 05:09コメント(0) この記事をクリップ!

October 14, 2008

ノーン・サン駅

NONG SANG Station - 172.71 km
ノーンサン ここへはカビンのポーコーソーから贅沢にバスで。。。もったいない。。。
 バスも列車同様、カビンブリ以降はパスポートチェックがあります。不法侵入者を取り締まるためです。この日もたくさんのカメーン人(なぜか日本語表記はクメール?)が捕まって車外に引きずり出されてました。
 ここの駅長は英語が上手で、僕はタイ語で駅長は英語でと不思議な会話をしてました。切符も本当は売らなければいけませんが(タイ人以外は有料)意気投合した事もあって「切符は...」と話を振っても「ま〜気にするな」とウインクしてました。車内でもほとんどの車掌が知り合いなので、実はまだお金を払った事がありません(笑)内緒ね。

n785jp at 04:10コメント(0) この記事をクリップ!

October 12, 2008

カビン・ガオ停車場

KABIN KAO Halt - 165.50 km
カビンガオ
 英語表記は「KAO」ですがタイ語表記を見れば「ガオ」で「古い」という意味です。日本語で「カオ」と良く書かれていますが「米」「白」「古い」と発音違いでありますので要注意。
 カビンブリ・バスターミナルはここからの方が近いです。304号線まで出てソンテウを拾いましょう。304号線は山を越えてコラート(ナコーン・ラチャシーマ)まで繋がっています。

n785jp at 07:06コメント(0) この記事をクリップ!

October 10, 2008

カビン・ブリー駅

KABIN BURI Station - 161.26 km
Kabin Buri ちょいと歩かなければならないが、市場があって、その辺が栄えているみたい。あと、ここにはホテルが2軒ほどある「駅で泊まるか?」と言われたが、ここを拠点に周辺駅をウロウロ撮影しようと思ってたので、きちんとホテルに泊まる事に決めました(後に連日の大雨で予定は崩れますが。ちなみにミャンマーの台風の時です)

 最近、この駅からの始発列車(普通278)の時刻が変更された。6:30発なので注意。写真はその出発準備をしているところ。駅前のホテルに泊まった事もあって、機関車のアイドリングで目が覚めた。

n785jp at 11:10コメント(0) この記事をクリップ!

October 08, 2008

バーン・コ・デーン停車場

BAN KO DAENG Halt - 156.15 km
コデーン
 ここも2等停車場なので停まる列車を確認してから利用しましょう。駅標も一個しかありません。

 近くには学校とお寺が2箇所あるくらいで、何もない田舎です。次はカビンなんですが。。。

n785jp at 07:07コメント(0) この記事をクリップ!

October 06, 2008

バーン・プローム・セーン駅

BAN PHROM SAENG Station - 151.85 km
バーンプロームセーン ここは一応「駅」ですが、停車場に格下げになったそうです。写真はジャングル状態ですが、近くにまーまーの道があり、人家もそれなりにありました。
 この路線は33号線が並走しているので(それでも線路から1キロ以上離れています)隣駅へ行くにはそこまで行けばなんとかなります。楽に行くコツは、まずバイクや車の音が聞こえたら死にそうな顔を演技しましょう。そして声をかけられるまで待つ。声をかけられたら「お金がない」と必ずいいましょう(重要)一番トラブルに巻き込まれる確立が低いです(今まで0%)よく「お金出せばいいじゃん」と日本人感覚で考える人がいますが危険です。すごく良くしてくれたら別れ際に20バーツくらい渡せば十分。

n785jp at 04:15コメント(0) この記事をクリップ!

October 04, 2008

バーン・ドン・バン駅

BAN DONG BANG Station - 146.73 km
バーンドンバン
 4等駅ですが結構利用客がいます。
 駅に付属している売店&食堂のオカンに気に入られ、いつも良くしてもらっています。おかん曰く「パッタイ(一応タイ風やきそば)」が名物料理みたいです。が味はバンコックで出店したらすぐに閉店で田舎に帰る、ってくらいかな?ま、まずくはないですが、バンコックには美味しい店がたくさんありますもんね〜食べたこと無い人は、決して日本の「焼きそば」を想像しないでください。
ドンバン部屋 近くには「ドン・バン寺」があり(工事中)なんと「やまだ何とか」いう日系の会社も近くにあるみたいです。
 駅員もフレンドリーで、一日4往復8本が停車するだけなので、その合間にバイクで遊びに連れて行ってくれたり、メシを食べに行ったり。。。田舎の駅員って良い仕事っすね!あと写真の隣駅との指令システム?が自慢とか。イギリスの会社&メイドインインドでした。

n785jp at 15:05コメント(0) この記事をクリップ!

October 01, 2008

ノーン・セーン停車場

NONG SAENG Halt - 143.41 km
ノーンセーン 東線は基本的にすべて各駅停車なんですが、ディーゼル車はこういう2等停車場をブッ飛ばしていく。時刻表にも載っていないので行く人は要チェック(誰が行くんだ?)
 大通りまでちょいとあるので、そこまで出て行くなら、線路を歩いて行った方がいいかな?と、ここから隣駅まで歩いて行きました。3キロチョイっす。
 大きな瓶が待合所の隣(見えますか?)にあるのが特徴です。

n785jp at 03:08コメント(0) この記事をクリップ!

September 30, 2008

パーチャン・タッカム駅

PRACHAN TAKHAM Station - 137.65 km
Prachantakham
 久しぶりの東線だ。今回は「カビンブリー駅」を中心にウロウロ撮ろうと思ったが、連日の雨で思うように動けず断念。3日ほど予定が潰れました。

 駅前は「カビンブリー駅」よりも拓かれていて、お店がたくさんあります(カビンは駅から少し離れた所に市場がありますが)まずまず便利かな?ボケーっと近くのメシ屋で、雨が上がるのを待って「サッ」と撮った苦労作ですわ。

n785jp at 15:30コメント(0) この記事をクリップ!

September 29, 2008

コーク・マコック駅

KHOK MAKOK Station - 131.00 km
コークマコック どう訳すのか・・・「マコックが生える土手?」マコックというのはオリーブに似た実をつける木の事らしく、タイにはよく生えているらしい。僕は見たことがないが。。。
 外国人がタイの首都「クルンテープ」の事を「バンコック」と呼ぶ。たぶんマコックがたくさん生えているバーン(村の集まり)って事だろう「バーン・マコック」が縮まって「バンコック」
 これを機会に、ここを読んでいる人は「バンコク」ではなく「バンコック」と呼んで欲しい。タイ人と話す時は「クルンテープ」が望ましい(そう、ややこしい)
ぼんさん
 さて、クソみたいな「ウンチ」クはさておき、この駅には売店が付属している。店のオバハンは何故か親日派らしく(知り合いに日本人がいるそうだ)僕がタイ語が話せると判ると機関銃の様に話続ける。30分ほどして奥から出てきた娘がそれを察知し慌てて「もう、店番は私がするから」と助けてくれた(笑)
 列車が出発してすぐに急停車。無線に耳を傾けると「坊さんが乗り遅れたから途中で乗せてやってくれ」とか。ちょっと行った踏切まで進んで待つ事1分。坊主を乗せた車がやってきて、無事乗れました。タイ語が理解できないと撮れなかった一枚でしょう?
 

n785jp at 01:10コメント(0) この記事をクリップ!

September 28, 2008

ノーン・カチャープ停車場

NONG KRACHAP Halt - 126.25 km
ノーンカチャップ
 たぶん役場であろう建物が前にあり、西側すぐには国道と交差する踏切があって、列車以外でも来ることが可能です。というかその方が便利です。

 しかし何度も通るが、列車が停まったことがない!たぶん廃駅になったんでしょう。なむさん.......

n785jp at 02:08コメント(0) この記事をクリップ!

September 27, 2008

パーチン・ブリー駅

PRACHIN BURI Station - 121.78 km
パーチンブリー を〜次のターニング・ポイント?に到着したぜ!毎度の事ながら日本語では「プラチンブリー」。。。駅名で「PRA」と表記されている時は語尾を上げて「パー」と言った方が通じる。坊さんも「パー」ラマ9世は「パ・ラム・カーオ」魚醤は「ナーム・プラー」でもオッケイ。これは魚だからまた違う「ラップラオ」なんて絶対通じません。日本語表記は難しい。。。「KHLONG=コーン」も同様。ま、こちらは「クロン」でも通じない事はないが、はっきり「ロ」と言わない方がより通じます。自分はタイ語の先生でもないし、どうでもいい事ですが、駅について書くことがないので(笑)とぶっちゃけます。
寺 もしタイ語で生活するのであれば、この辺の発音を注意して馴らしておけば会話は早いかも。とか言いながら自分は「ン=n,ngなど」の発音の区別が未だにできないみたいです。
 さて駅ですが(笑)主要駅なので他のサイトで見てくださいな。観光地など郊外へ行けばあるみたいです。駅の隣には市場があり、お寺&学校があります(写真左下)反対側はビッグCもあり、都会人には馴染のある風景でしょう(写真上)わざわざBIG−Cが写るように撮りました!さあ、次のターゲットは「カビンブリー」だ。

n785jp at 16:10コメント(0) この記事をクリップ!

September 26, 2008

バーン・パック・ピリ駅

BAN PAK PHLI Station - 115.28 km
バーンパックピリ この駅だけ一旦ナコーン・ナヨック県に出ます。
 次の駅は「パーチンブリー駅」なので、案外開けているのかと思いきや、超ド級の田舎でした。駅員はバイトか本職か、牛の放牧に、畑仕事と精を出しておりました。え、え、駅の仕事は?ま、そんなに列車が来ないので・・・笑
 パーチンブリーへ行く大きな道もないので、交通手段は列車のみ。もう、ここは諦めて、次の列車が来るまで昼寝でもするしかないっす。
ピリ駅標 写真右下の写真はSRTのロゴをあしらった植木。もう一つの駅標の所はタイ語で「SRT」と書いてます。すんげ〜でしょ。暇だから出来る技ってか?(笑)
 上の写真を見てもわかりますが、たくさん花が咲いていて綺麗でしょう?ここの様に、綺麗にしてある駅に着くと、乗客も車窓から見て「わ〜」ってなります。その笑顔が見たくて各駅は綺麗にしているのかも知れません。

n785jp at 13:03コメント(4) この記事をクリップ!

September 25, 2008

ノーン・ナーム・カーオ停車場

NONG NAM KHAO Halt - 109.49 km
ノーンナームカーオ まるで「トトロ」にでも出てきそうな停車場。高〜い木が目印で遠くからでも良くわかる。周りは一面田んぼだからね。しかしこの時期は梅雨。連日の大雨で、この辺りは水浸し。沼か田んぼかわからない状態だ。
 駅名は「白い水の沼」と何とも雰囲気ありげな名前。駅には住み着きのジジババが経営している売店があり他は何もない。野良犬が4匹昼寝をしていて、触っても起きないくらい熟睡している、という、のどかな停車場です。

n785jp at 20:04コメント(0) この記事をクリップ!

July 13, 2008

バン・サン駅

BAN SANG Station - 101.53 km
バンサン ほ〜やっとこの路線も100キロ地点に到達。ナコーン・ナヨック県に通じる国道3076号が通っているが、4桁の国道なのでそれなりだ。でも結構乗降客がいるし、モータサイもたむろしているのでチャチェンサオを出てからパーチンブリーに行くまでの間のまともな駅といったところか。
 駅に付属しているバーミー屋で食事&情報収集。するとみんなゾロゾロ集まってきて、あれやこれやと絡んでくる 結構いいかげんな事を言う輩もいるので、こういう場合は人を良く注意して見分ける能力が必要となる。
 ちょいと行くと川沿いに綺麗なバンサン寺があるので、観光といえばここくらいだろう。歩いては遠いのでバイクでどうぞ。往復50−70バーツくらいか?僕は人を見分ける能力があるので、この日は無料で色々遊べました。

n785jp at 00:08コメント(0) この記事をクリップ!

July 10, 2008

ヨータカ駅

YOTHAKA Station - 93.73 km
ヨータカ 「チャチェンサオ」ではたくさん検索が引っかかるが「ヨータカ」では0件
 ここへ来るまでに途中、大きな鉄橋を渡ります。これがバンパコーン河かな?ヨータカ駅で降りても何もない。駅員に聞くと「観光なら鉄橋へ行きなさい」と言われ、駅員のバイクに乗ってやってきた。やっぱりこれしかないのか〜(追記:後で聞いたのだがカウボーイの学校があるそうだ!是非行きたいね!)
 ちなみにこの川を越えれば「パーチンブリー県」なので、この駅はチャチェンサオ県バーン・ナーム・プリィアオ郡ヨータカ村ではない。だがヨータカ駅と名乗っている不思議な場所なのだ。
鉄橋 よく見ると、周りの学校やお寺もヨータカと名乗っている。何なんだろうね。飛地?ちなみにヨータカ村はコーン19と21の間にある。
 ま、日本人がそんなのを気にしても「しゃんがない」のでバイクでその辺をウロウロ・・・ドドドド田舎でおま。話といえば牛を放牧させているおっさんと友達になって、家でメシをいただいた、くらいか。ビバ・ヨータカ!!

n785jp at 00:06コメント(0) この記事をクリップ!

July 08, 2008

コーン・イーシップエッ停車場

KHLONG YI SIP ET Halt - 89.42 km
21 アルファベットで書くとこうなるのか〜と駅標を見て思わずニヤけてしまう。訳すと「運河21本目」運河の間が約2キロ間隔なので前の駅「コーン19駅」からは約4キロ来たということになる。
 ま〜ド田舎だ。畑畑畑・・・で途中に村があったので遊びに行ってやった。小さな売店らしき家はあったが、ほとんどは他所から車で売りに来るのを待つか、自分で遠くの町まで買いに行くしかないようだ。チビッコ達は興味津々で寄ってきて質問攻め。村の娘全員に、将来俺の嫁になる事を約束させ(笑)男の子は使いっ走りに行かせ、いつしかこの村の王様になったような気分だ。ガキ共、また遊びに来てやるぜ!(Hizumiさん風で)

n785jp at 00:08コメント(0) この記事をクリップ!

July 06, 2008

コーン・シップカーオ駅

KHLONG SIP KAO Station - 85.60 km
19 訳すと「運河19本目」しかし運河は埋め立てられて現在はないそうだ。
 ここからゲンコーイ駅まで行く貨物線が分岐するので、正式には「チュンターン・コーン19」になる。住所はチャチェンサオ県バーン・ナーム・プリィアオ郡ヨータカ村。ず〜っと畑が広がる真ん中にある寂しい駅だ。

 この日は駅中にある池の掃除をしていた。ひとつはグッピー、もうひとつはナマズ(写真左下)僕はナマズは嫌いなので興味がなかったが、客のおっさんが「焼いたら美味いで〜」と駅員に聞こえないよう、俺だけに囁いたのには笑った。
なまず ここの駅員は良く自分を覚えてくれていて、話によると日本の鉄ちゃんもたまに見かけるそうだ。貨物を撮りに来るらしいのだが、それならここよりゲンコーイ駅の方がいいぜ。遠いか?
 あと余談だが、若い駅員の妹が駅中の売店で働いている。それがどうした?ってか?書くことがないので埋めただけ〜

n785jp at 00:27コメント(0) この記事をクリップ!

July 02, 2008

バン・ナーム・プリアオゥ駅

BANG NAM PRIEO Station - 79.04 km
バンナムプリャオ 直訳すると「酸っぱい水の村」
 土砂降りの雨の中の撮影。何もなさそうな駅だが(国道3124号があるけど、しけてます)結構乗降者がいる。しかし駅前にはモータサイ(バイタク)も何もなく、みんな家族が迎えに来ているようだ。みんなが去った後、一人寂しく駅に残される自分は、おかんがなかなか迎えに来なかった時の幼稚園の午後の様な気分になる。。。でも駅員は優しかった。大雨&一人ぼっちなので、余計に優しく感じるのか?今でもここを通る度に若い駅員が覚えてくれていて、いつも手を振ってくれる。

n785jp at 01:06コメント(1) この記事をクリップ!

June 28, 2008

プロン・アカス停車場

PHRONG AKAS Halt - 74.53 km
プロンアカス 今回は諸事情もあり東線を充実させてきました。以前のブログでは「嫌い」と書いていますが、こうやって一駅一駅巡って行くと楽しいです。
 チャチェンサオ駅を過ぎれば、ご覧の様な「あ〜ド田舎」的な停車場のオンパレード(古)次の大きな町のパーチンブリーまで60キロ!頑張れ、ワル!

 停車場について書くのを忘れた。ここの駅?前には普通の民家の庭でオープン食堂らしきものがあるのみ。腹が減ったり喉が渇いたりした時の心配はない。ちょいと田舎道を走れば大きな建設中のお寺があったので立ち寄る。
tera
 この寺は車窓からも遠くにですが見れますので、バンコクから来た場合はチャチェンサオを過ぎて10キロくらいで左手を見てください。すぐにわかるくらい派手です!!
 まだ建設中ですがお布施する人がたくさん来ていました。そのお金で建つ訳で。。。

n785jp at 00:18コメント(0) この記事をクリップ!

June 26, 2008

バン・クワァン踏切所

BANG KWAN Halt - 67.14 km
バンクワン 駅標を死ぬほど探したぜ&なかったぜ!
 現在は踏切しか残ってなくて、列車は止まらなくなりました。しかしここを通り過ぎる度に速度を落とし、何やら踏切に駐在するおっさんと連絡を取り合っている(写真参照)
 ここへの行き方は、チェチェンサオのポーコーソー(バスターミナル)から出ているソンテウで行けます「誰が行くか〜!」ってか?行けよ。。。

n785jp at 02:05コメント(0) この記事をクリップ!

November 08, 2007

チャチェンサオ駅

CHACHOENGSAO Station - 60.99 km
チャチェンサオ1 ここでカンボジアへ向かう本線と、シーラチャやパタヤーなど海水浴場でお馴染みのサッタヒープ線とに分岐します。私の大好物、マンゴーの産地としても有名。マンゴー祭りもあるとか。是非参加したい!!いつだ?

 駅標の横の看板には「ワットポー・ソートーンに行くにはここで降りてね」と書いてありました。知らん。。。
 重要な都市なので、何かあるかな?と駅をでるとソンテウ運転手がワラワラ寄ってくる。があまり商売熱心じゃないな〜(笑)
チャチェンサオ2
 隣駅へ行きたいけど道を知らないし「ソートーン寺に行くか?」しか言わない。観光地はそれしかないのかも?行きたかった隣駅(バン・クワン)は廃止駅決定らしく各停も停まらなくなったとか。う〜ん、歩き...か?

 駅前には立派に機関車が鎮座。さすが2等駅(なぜか1等駅が無い東本線...)ここから先はアランヤパテート一日2往復&平日のみ一日1往復のサッタヒープ線、と超ローカル地帯。まだ半分以上もあるのに!やっぱり東線は嫌い...


n785jp at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

November 07, 2007

バン・トゥーイ停車場

BANG TOEY Halt - 57.10 km
バントゥーイ ここは駅に歩道橋がなかった。それもそのはず、かなりの過疎村で、次の「チャチェンサオ駅」のソンテウ運転手も「マイ・ルー・ターン(行き方-道-がわからん)」という程だ。
 では近所を探索してみるか。駅の脇の小道を発見し、汚い沼を渡す板(橋ではない)を歩いていけば、いきなり他人の敷地内でした。吠える犬を手なづけていると第一村人発っ見〜ん「こんな駅で降りても何もないよ」と言われ、水を持ってきてくれた。この辺の話を聞くと、一面に畑が広がり、お寺も何もない。買い物も遠くまで行かないとない。だから外人が降りたのが不思議で仕方がない。との事。納得。
 そして僕の事情も説明すると。。。納得してもらえませんでした。駅の写真なんか撮ってど〜するの??と欽ちゃんバリに困惑していました(笑)

n785jp at 00:12コメント(0) この記事をクリップ!

November 06, 2007

コーン・バン・パラ駅

KHLONG BANG PHRA Station - 53.99 km
コーンバンプラ またまた同じ造りの4等駅。辿り着いたが次の列車は2時間後。中にはイケ面兄貴が休憩の為、横に設置された宿舎(自宅?)に帰る用意。もう一人はヘチャムクレの鉄オタがパソコンに向かって嬉しそうに列車の移動をチェックしている。
 喉が渇いたので聞いてみると、とりあえず近くにスーパーがあるというので向かってみた。歩くこと3分、ビリヤード台を置いたドグサレの溜まり場だった。ス・ス・ス・スーパー?!とりあえず飲み物を買って店内でボケーと列車を待つ。隣の駅まで歩いて行ってもいいけど、もう5時。隣は停車場なので列車も来ない。仕方なくここで待つ。時間がもったいない...東線嫌い...

n785jp at 00:08コメント(0) この記事をクリップ!

November 04, 2007

コーン・クウェーン・クラン停車場

KHLONG KWAENG KLAN Halt - 51.02 km
コーンクェンクラン 綺麗な赤屋根が並ぶが、近くで見れば窓ガラスは全て割られ(人は何故割りたくなるのか?)トイレは何故か野グソの山が溢れかえり(一応トイレで用を足すという習性?)何故かすずめの棲み家と可している駅舎群。もったいない。周りの民家はこれよりボロボロやで。

 東側の踏切に辛うじてメシ屋がある。うざいオバハンが殿様商売をしている感じだ。パーク&ライドでも稼いでいるらしい。
 しかしモータサイもソンテウも無い。列車が停まるか歩くかしか移動手段がない。次に停まる列車は4時間後...という事で歩いて先の「コーン・バン・パラ駅」へ...(これも習性?笑)

n785jp at 00:04コメント(0) この記事をクリップ!

November 03, 2007

プレン駅

PRENG Station - 46.50 km
プレン この区間で唯一栄えていた駅。でも4等。
 夕方になれば夜店が駅前を賑やかし始め、きれいなお寺もこの村の自慢。乗降客も結構ある。

 タイと言えばセメント産業が有名。ここにも「TPI」というセメント会社が横にあって、運搬には鉄道も使用。貨物車(タキ)が引込み線に停まっている。石灰を飛ばしながらブッ走る貨物車はなぜかカッコイイ!(通りすぎた後は粉が煙たいけど...)

n785jp at 00:06コメント(0) この記事をクリップ!

November 02, 2007

コーン・ウドム・チョンラジョーン停車場

KHLONG UDOM CHONLAJORN Halt - 43.43 km
コーンウドムコンラジョン ここは無人駅の停車場。例のごとく汚れ廃れきっています。残念。

 「コーン(クロォーン)」というのは「運河」という意味。駅名にも良く付くほど運河は生活に重要です。
 あほの友達が自慢げに言うには(一人だけ)2キロごとに運河があって、この先の「コーン19」「コーン21」は、それぞれ「38キロ」「42キロ」地点だという。
 どこからの距離なのか、そして地図をみてもそんなに綺麗に2キロごとに運河はない。ま、戯言としてはまずまずだな(きっちり運河が並んでいる所もあるにはあるから)目安として使える場所もあるようだ。

n785jp at 00:06コメント(0) この記事をクリップ!

November 01, 2007

コーン・ルアン・ペーン駅

KHLONG LUANG PHAENG Station - 39.50 km
コーンルアンペーン ここからは似たような駅舎が続く。赤い屋根に歩道橋、トイレ、職員用の宿舎、ごみ焼き所など同じ形・デザインなんです。違いといえば駅員がいる4等駅か誰もいない停車場か。一応今後の事を考えてか、無人駅にも同じ建物が作られていたが、水道、電気などの設備までは工事されていなかった。
 ここは駅員がいる4等駅。綺麗にされているが、無人駅のところは窓ガラスはすべて割られ、野グソ、ゴミ、すずめの棲み家になっていた。もったいない。

n785jp at 00:03コメント(0) この記事をクリップ!

October 27, 2007

新停車場

NEW Halt - ??? km
Inland ここの近くに住む友達から少し情報をもらったので更新します。

 写真右下の団地(ケーハー)が見えますか?奥の赤い屋根のマンションは出来上がってるっぽいですが、手前はまだまだ建設中のオバケビル(マンション)です。工事が進む気配はないみたいですが、完成すれば写真左上の停車場にも列車が止まるようになるらしいです。
 そのマンションの、写真右下でいえば左横あたりに運送会社の大きな集配所があって、その関係の社宅か何かでしょうか?とにかく、停車場付近には何もないです。写真を見てもわかるように一面の畑です。沼も見えますね。
団地
 将来的にはこの辺りを新しい住宅街にするみたいです(という計画が古くに発令された笑)新空港にも近いし、高速も走っているので交通の便もよさそうです。あちこちに沼を埋め立てて、基礎工事が済んでいる場所も見られます。ただ困った事に、工事が進む気配がありません。
 僕の予想ですが、たぶん駅名は「ツピャオ(Tubyao)停車場」かも?ここの名前が「ツピャオ・ニュー・タウン」になるに、いくら賭けますか?(笑)え?!予定中止に10万バーツって?

n785jp at 12:14コメント(0) この記事をクリップ!

October 24, 2007

フア・タケー駅

HUA TAKHE Station - 30.91 km
フアタケー ここは列車で直行。東方面は車&バスで来る方が多いので、自分には列車未開発地域。なかなか重たい腰が上がりません(?!)
 自分の場合は、まず全線を下見で終着駅まで乗ります。そして各チェックポイント(拠点となる駅、景色が綺麗場所など)を中心に、社員から極秘で譲ってもらった時刻表(停車場まで、すべての列車の停車時間が細かく載っている!)を利用して、できるだけ列車を活用できるよう移動予定を組む。これがあれば停車場でも遭難しなくて済むし、知り合いの運転士だと連絡しておけば拾ってくれます。最近は線路を歩くバカは珍しいのか、結構覚えてもらってます。

n785jp at 00:01コメント(2) この記事をクリップ!

October 18, 2007

パー・チョム・クラオ停車場

PRA CHOM KLAO Halt - 30.33 km
プラチョムクラオ ここと次の「フアタケー駅」は目と鼻の先。580mしか離れていないので歩いて行ける。レイルウォーカー&ステーションハンターには楽チンだ。

 多数の若者が列車待ちをしているので、聞いてみれば大学が近くにあるとか。KMITLかな?
 高架鉄道はいなくなりましたが、この辺りからは貨物線が並走、複々線となり、豪華なダイヤが組めます。

n785jp at 00:02コメント(0) この記事をクリップ!

October 17, 2007

インランド・コンテナー・デポ駅

INLAND CONTAINER DEPOT - ??? km

 訳すと「内陸コンテナ駅」シーラチャにあるレムチャバン港からの荷物を列車で運ぶために作られた。通称「ICD」そのまんまやね。
 場所はチャチェンサオから来て「パー・チョム・クラオ停車場」を過ぎた辺りから分岐。全景は高速道路から見えます。写真はのちほど。

n785jp at 00:26コメント(0) この記事をクリップ!

October 15, 2007

ラッ・カバン駅

LAT KRABANG Station - 26.75 km
ラッカラバン 現在は高架鉄道の工事でゴチャゴチャしているが、それまではのんびりとした3等田舎駅でした。高架鉄道はここから空港へと、スクンビット77を越え、地下へ潜って行きます。国鉄と並走はここでおしまいです。
 写真はスプリンターが到着したところ。お構いなしに線路側から降りていますね(笑)この車両はクーラーガンガンなので、ドアの開閉は自分でボタンを押します。
 左側のトタン屋根は、雨をしのぐのではなく「上から物が落ちてくるよ」という事故を防ぐ為のものです。見ていると本当に物がドンドン落ちてきますよ。怖〜っ


n785jp at 00:17コメント(0) この記事をクリップ!

October 14, 2007

ソイ・ワット・ラン・ブーン停車場

SOI WAT LAN BOON Halt - 23.94 km
ソイワットワンブーン なんと、残念ながら停車場(高架鉄道も素通りしてますね)しょうがない、すぐ近くは「ラッカバン駅」ですから。あ、そういえば無人駅でしたわ。

 駅名通り、ランブーン寺が川沿いの方に行くとあります。その川を越えればスクンビット77(オヌット)ですが、この辺りはラッカバンと呼ばれます。なんか川と線路に挟まれた、小さな小さな村って印象。楽しそうな町並み(村並み?)でした。

n785jp at 00:06コメント(0) この記事をクリップ!

October 13, 2007

バン・タップ・シャーン駅

BAN THAP CHANG Station - 20.87 km
バンタップチャン ギリッギリ、駅です(4等)
 この辺りはバンコク市内や、東にあるバンパコーンあたりの工業地帯の人の、住居が多いみたい。
 タイでは「田舎暮らしがしたいけれど、仕事は都会しかない。せめて家にいるときくらいは静かな場所でゆっくり、のんびりしたい」という傾向が多くみられます(自分は通勤時間を考えると職場に近いほうを望みますが)
 国道沿いでも堂々と牛の放し飼いが許されている、のんびりした地区です。新空港が近くにできたこともあって、今後は高級住宅が増えるとか。

n785jp at 00:02コメント(0) この記事をクリップ!

October 12, 2007

フア・マーク駅

HUA MAK Station - 15.18 km
フアマーク
 今回一番の難関だったのが、このフアマーク〜バンタープチャン間の5.69キロ。歩けど歩けど駅が見えない。。。約2時間かかりました。逆に来たのが失敗です。この駅からだとタクシーが拾えたのに(涙)

 ここも駅標が撤去されていました。駅はクラス3で、この辺りはマンションや高級住宅がいっぱい。オシャレな街という印象でした。シーナカリン通りとペブリー続きのパタナカーン通りと交差点に近い場所です。従って郊外ですが昼間は渋滞地獄です。

n785jp at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

October 11, 2007

スクンビット71停車場

SUKHUMVIT 71 Halt - 11.14 km
スクンビット71 日没までに到着して助かった〜という黄昏の一枚。ただ、現在は高架鉄道の工事でごった返していて、ここから先の駅も駅標など撤去されていて、とても残念でした。
 ソイ71(プラカノン)ですが、ペブリーを越えたこのあたりはランカムヘンになりますね。高架鉄道駅も「ランカムヘン駅」になるみたいです(仮)

 「アソーク停車場」もそうでしたが、駅(ホーム)が踏切で2つに分かれる形になっているので、長い列車が到着した場合は、踏切跨ぎで停車します。特にこの大通りは交通量が多いので、渡るのも一苦労。よって前に降りるか後ろに降りるかは、大変重要になってきます。

n785jp at 00:04コメント(0) この記事をクリップ!

October 10, 2007

コーン・タン駅

KHLONG TAN Station - 9.85 km
コーンタン駅
 「クロンタン」表記で有名なので違和感があります(笑)3等駅らしく、スクンビット63(通称エカマイ)にあるので乗降客はまずまず(市場関係者など)みたいですが、最近は「停車場」に格下げを検討中(と職員が冗談交じりに話していた)高架鉄道の駅もできるので無人駅にはならないでしょうが。

 空港用に新設される高架鉄道の車輌基地もここに作る予定。という事は、よくコンサートやバザーをやっている空き地がなくなる?!低所得者の暴動は起きないのか?(笑)

n785jp at 00:03コメント(0) この記事をクリップ!

September 05, 2007

アソーク停車場

ASOKE Halt - 6.98 km
アソーク駅1
 日本人にとても馴染みがあるであろう「ソイ・アソーク」日本大使館があります。ツーリストポリスの本部もあり、自分も日本人相手の電話番をしたことがあります(笑)だからぼられたり騙されたりしている日本人達をたくさん見て(聞いて)きました(特に女性が多かったです)しかし99%が今更どうしようもない、ただの愚痴同然の物ばかり。その節は役に立たずにすみませんでした。しかし全部あんたらの自業自得だったからしょうがないっす。
 しかししょぼい造りだな〜その横には高架鉄道の大きなドーム駅が建設中!雲泥の差ですね。ここが旅行者達の新しいバンコクへの入り口になるとかならないとか。
アソーク駅2
 南へ行けばMRTペブリ駅(なんで日本語表記はペッチャブリー??通じません)があり、ペブリ通りを越えた所の、橋の下にはドブ川船乗り場(センセープ運河)がありますので、市内への交通の便はよろしいです。ただソイの中へ入ればバンコク名物大〜渋〜滞(ひとりごっつの発見シリーズ調で)
 国鉄も市内のみコミューターとして本数を増やせば活性化される?BTSやMRTを建設してるんだから需要はあるはず?運賃も2〜5バーツと断然安い!本数を増やせば踏切が閉まっている時間が増える=渋滞。もともと市内の渋滞を緩和するためにBTSやMRTが造られたから本数を増やすのはダメなんでしょう。

n785jp at 00:28コメント(0) この記事をクリップ!

September 04, 2007

マッカサン駅

MAKKASAN Station - 5.17 km
マッカサン駅1
 駅といえる所がついに来ました(笑)ずっと「停車場」続きでタイの国鉄はどうなってんだ?とお思いでしょう。
 横には立派な「マッカサン車両区」が備わっている。ここは古い廃車された機関車や、事故でボロボロになった車両が山ほど置いてあって、マニアには涎物でございます。なぜかここは軍事施設絡みなのか、関係者でも撮影は無理だとかで「ワルシャワのコネをしてもここまでか」と。。。「バンスー機関区」は撮影できたけれど公開は無理だと言われましたし。こういう国の施設では何か厳しい一線があるのだと思います「他国で揉めても不利なだけ」これは必ず守りましょう。生活と命がかかっています。
マッカサン駅2
 上の写真では「ウルポン停車場」でも紹介した「バイヨーク・タワー2」を入れて撮影。右側に写っている橋脚は新たに建設されている例の高架鉄道。しかしここに「マッカサン駅」は新設されず(ラチャパーロッ駅に近い為)隣の「アソーク停車場」に合併駅「マッカサンターミナル駅」として造る予定。写真には写ってないけど、ちょうど僕の左側に「ロッド・トルアード・ターグ=小型救援車」の車庫があります。
 右の写真は駅構内。この発車のベルがあるところが「駅」と呼べるみたいです。全駅の「これ」だけを写真に収めているタイの鉄マニもいる(笑)駅の写真を集めている俺といい「ド変態」の集まりだ!

n785jp at 00:13コメント(0) この記事をクリップ!

September 02, 2007

ラチャパーロッ停車場

RACHAPRAROP Halt - 4.59 km
ラチャパーロップ駅1
 現在は高架鉄道を建設中の為、跡形もなくなったこの駅(「PRA」は「プラ」と言うと通じません)下の看板には「エアポート・レイル・リンク」と書いてありますが、リンク先はまだ何もありません。従ってどんなものになるのかわかりませんが、写真の絵だけを見れば、随分立派な物ができるようです。その下を走る国鉄のしょぼさが益々浮き彫りになりそうです。

 隣の「パヤーターイ駅」から距離にしたらすぐですが、駅ができるんですね。2駅目となります。次の駅は「マッカサン&アソーク」と合併駅になるとか。両駅間はかなり離れているけど。。。場所は「アソーク停車場」の所にできます。現在は工事中ですが、高速から白い大きなアーチ状の駅舎がよく見えます。
ラチャパーロップ駅看板
 ではここで予定駅をば

1.パヤーターイ駅
2.ラチャパーロッ駅
3.ニューマッカサン/アソーク駅
4.ランカムヘン駅
5.フアマーク駅
6.バン・タップ・シャーン駅
7.ラッカバン駅
8.NBIA駅

 その後の情報で4はラミンター駅、3はマッカサンターミナル駅、8は勿論スワナプーン駅にそれぞれ変更(あくまで予定!!)

n785jp at 00:28コメント(0) この記事をクリップ!
WARZY Work Information
【WARZY OFFICIAL WEBSITE】
logo

jhm-logo

【FACEBOOK 参戦中!】


【 Supported WARZY by 】

NEW LOGO

EB

パンティップ店
MUSIC EXCHANGE PANTHIP

tuimusic
TUI MUSIC RACHATEVEE

WARZY DRIVE 発売中!
mini


『THE EFFECTOR BOOK VOL.6』

にWARZY本人による『WARZY DRIVE』製作についての独占インタビューが掲載されています。


jode head

liszko

- - - - - - - - - - - - - - - -
Copyright 2004-2016 WARZY
All rights reserved


livedoor プロフィール

ワージー

コメントは御自由に
My Release


RUTHLESS AGGRESSION (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2018


VERGE OF DEATH (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2017
JACKHAMMER MUSIC 2016


FATAL-Deluxe Edition-(CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
DIVEBOMB RECORDS 2016


BONDED IN HELL (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2015


CAGE OF THE SORROW (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2012

solo-cd
STATE OF WAR (CD)
WARZY (演奏)

初のソロアルバム

USA-comp
VD Records Vol.2 (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・God Cries! World Dies! (未発表)

Licenced by VD RECORDS 2009

tc
ULTIMATE METAL Vol2
- Asia united - (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・G.T.G.T (未発表)
・GENE (未発表)

Licenced by
ULTIMATE MUSIC Co.,Ltd 2008

kaientai-new
KAIENTAI DOJO 3 SUPER BEST (CD)
WARZY (演奏)

・SHOOTING STAR
【円華(マドカ)選手】

・フューチャーキル
【MIYAWAKI選手】

・STRONGEST-Kテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2008


孤城悲闘 (CDR)
モノノフ (演奏)

4曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


我に七難八苦を与え給へ (CDR)
〜尾張先行発売限定版〜
モノノフ (演奏)

3曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


大阪プロレス The 3rd. IMPACT! (CD)
HATE BEYOND (演奏)

9. The Tactical Violence
ブラックバファロー 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2005


KAIENTAI DOJO (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" 再収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


KAIENTAI DOJO (CDR)
~ Theme music collection vol,7 ~
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" (未発表曲) 収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


大阪プロレス 物(ストーリー)語 (CD)
HATE BEYOND (演奏)

4. ULTIMATE PAIN
"ビッグボス" MA-G-MA 選手のテーマ

10. MADNESS
ゴア 選手のテーマ

8. KING OF TERROR
大王 QUALLT 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東南アジアのみ販売。ボーナス2曲プラス

Licenced by
NORTH POEM RECORDS 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東ヨーロッパのみ販売。ボーナス3曲プラス

Licenced by
ROCK EXPRESS RECORDS 2003


REMASTERING OF "RUIN" (CDR)
NARCOTIC GREED (演奏)

2nd Cassette Album
"CRISIS OF RUIN"のCDR化

Licenced by STUDiO FACE 2003


PERPETUAL PAIN (CD)
HATE BEYOND (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2003


TWICET OF FATE
~運命のふたひねり~ (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

セカンドアルバム

Licenced by
WORLDCHAOS PRODUCTION 2001


INITIATION (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"IMMORTAL GERM" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1995


FATAL (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by LARD RECORDS 1994


TO LARD... YOU WILL DECAY (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"FUTURE KILL" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1994


CRISIS OF RUIN (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1992年発売 2nd Cassette Album


ABSURED WAR (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1991年発売 Debut Cassette

訪問者数

    一人一日一カウント!毎日「ワジ漫」見てね!

    SHARK EFFECT JAPAN

    NARCOTIC GREED, HATE BEYOND / WARZY

    WITCHES / LIENJ

    JAYRADIKAL / DISINTEGRATOR

    SxAxT / MATTCHANG

    CHAIN DISASTER / HISASHI

    BKK31 / POP

    VOIDD, CLANDESTINED / OKAZZY

    RAGING FURY / ZAP-T

    RAGING FURY / HELL WAR

    DARK FOREST / YOU

    THE UNCROWNED UNION / KANADE

    THE UNCROWNED UNION / SIN

    ギャルメット / あやの

    DEFILED / YUSUKE SUMITA

    ROSENFELD / SDGY

    ROSENFELD / SHINJI

    ∀NTI FEMINISM etc... / YAYOI

    ROSENFELD, ∀NTI FEMINISM, UNHOLY THE 13TH PREACHERS, 紅番区-RedbronX , HATE BEYOND etc... / LINA

    GRIM FORCE / CHU-RIN

    モノノフ / 富樫 刑部少輔 雄親

    モノノフ / 明石 式部法印 智玄

    ICONOCLASM

    HATE 77, THE JIZZ MONKS / 山内圭哉

    ヴァリアンテ / ISAO

    UNHOLY THE 13TH PREACHERS / アキ

    モノノフ / 尼子 民部少輔
    過去
    注意事項

    ※このブログに掲載の文書・写真・コメント
    などの無断使用・無断転載を禁じます。
    ご使用の場合は、コメント欄もしくは
    メールにてご連絡ください。

    こちらから


    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)