SRT

December 28, 2017

DEATH RAILWAY (泰面鉄道)

タムカセー
はし 「アルヒル桟道橋」とガイドブック等によく書かれているが、現地では「サパーン・タム・カセー(クラセー)」カンチャナブリ(ナムトック)線でございます。
 第二次世界大戦の時に日本軍が連合軍(オーストラリア、ヨーロピアンなど)や現地人を使って作った線路がこのデス・レイルウェイ。その中でも最も危険で死者もたくさん出たというこの崖っぷちの木造橋。と知ったかしているが、すべて列車の中で外人のツアーガイドが説明してたのを横で聞いただけ(笑)
おみやげ
 小さな停車場『サパーン・タム・カセー停車場』は、カンチャナブリーから来て、橋の手前に1箇所、そして崖をギリギリに走り過ぎたところにあるお土産場(写真下右)の2箇所あります。
 お土産場にはそのままお土産屋が占領してますので、外人はこちらで降りて観光?買い物?した方がいいと思います。
 その停車場の間の絶壁には『ワット・タム・カセー(カセー洞窟寺院)』がありますので歩いてどうぞ。
アルヒル桟道アルヒル桟道橋


n785jp at 22:11コメント(0) この記事をクリップ!

September 04, 2013

SRT vs 南海

 こうやって見比べると南海もかっこいいよね〜
プレミアム

ラピート

SRT 1138

SRT 4009


n785jp at 18:11コメント(0) この記事をクリップ!

February 12, 2013

操車場

ゲンコーイ操車場
 たまっている写真を・・・上は旧塗装の『ALS(アルストーム)4135』なんとフランス製です。
ゲンコーイ操車場
 こちらは新塗装の『ADD(アルストーム)4415』すでに汚い・・・
SL 給水
 手動の給水塔。勿論、頭を洗うものではございません。
珍しいサボ豪華 タイ料理
 写真上左は『アユタヤー〜フアマーク経由〜バンコック』のサボ。現在このルートの運行はありませんが、サボはここに保管してあります。写真上右はレストランに行くと出てくる『高級』タイ料理「奥さんがタイ人だと毎日タイ料理食べられるでしょう?うらやましいな〜」と良く言われますが・・・答えは「ノー」です(笑)同じ食材がなかなか手に入らないし、あっても値段が高いし、タイ料理はタイで食べる方が美味しいですよ。

n785jp at 17:19コメント(0) この記事をクリップ!

January 21, 2013

SL試運転

850号機

ナコンパノム駅 以前お伝えした通り、試運転に乗車させていただきました。しかし同乗するために集まったのはいつものRFTドットコムのメンバー(笑)最近は新規で若者や女性が増えてきて、挨拶されても誰が誰か覚えられまへん〜日本人からしたら顔も名前も似てるし・・・と思ったら嫁シャワさんも「覚えられへん・・・」だとか。それなら一安心・・・かな?笑
 運転はトンブリー駅からナコーン・パトム駅までと珍しい。車両は勿論前回見た850号機+824号機のパシフィック型です。運転席を見ると発電機が積んであります。昔は石炭を燃やして蒸気を作っていましたが、現在はこれで蒸気を作っているようです(整備のおっさんいわく「ハイドリック」って言ってたけどどういう意味かな?油圧?)
コントロール室発電機

カワサキエンブレムSLと共にイキル
 写真上右のように、蒸気機関車と一緒にイキって写真を撮りたい方は(笑)年4回、バンコック駅からアユタヤー駅まで走っていますのでどうぞ。運転日は
鉄道開通記念日:3月23日
パラチニー王妃の誕生日:8月12日
チュラーロンコーン王(ラマ5世)の誕生日:10月23日
プミポン国王(ラマ9世)の誕生日:12月5日
 プミポン国王は現在の国王さん、パラチニー王妃とはその奥さん、チュラーロンコーンさんは鉄道を作った王様。
機関車 方向転換


n785jp at 01:52コメント(5) この記事をクリップ!

October 27, 2012

ブアヤーイ線の旅

ニーハオ
 ニーハオ。毎度毎度。チャヤプーンまで列車で遊びに行ったときの写真です。やっぱり列車は運転席から見る車窓が一番です。
食堂車車掌室
 さて、3等に乗る貧乏日本人はいないと思うが(?)3等は基本自由席なので席は早い者勝ち。急行(レオ)の時に、たまに3等でも予約して切符を買っている人が居る。その場合は席番号も決められているので、そのお客さんを優先させなければならない。混んでいるときは立つしかありません・・・そんな時は、食堂車(ロット・サビアン)に行きましょう。たいていガラガラなので、コーラひとつでもいいし、買ってゆったり、どこまでも座れます(写真上左)少し食べ物の値段が高いですが(知れてる!笑)堂々といられるのでお勧めです。僕は最近は運転席か車掌室(写真上右)がもっぱら。これは長距離列車などには必ず付いています。中は事務机と2段ベットがあります。
4444 at ゲーンコーイ駅
 ブアヤーイ線は超ローカル線。最近、途中にあるダム拡大工事&線路補修とが仕上がったようなので見に行ってきました。出発はゲンコーイ駅・・・の脇にある車庫から(写真上左)この写真の左にある柱に日本軍が撃ち込んだ弾の跡がついてます。見えますか?
 この車庫は何度も遊びに来たり泊まったりしたことがある所なので、久しぶりに挨拶をしに参上。あまり詳しくは書けませんが、なんとマッカサン機関区がここに移転するようで・・・そのプロジェクトの会議をされていました。楽しみですね〜
 そしてこの車庫から乗車。始発駅のゲンコーイ駅に入線(写真上右)日光に当たると、車両が生き返った感じに見えません?同じ車両なんですが。しかしボロいな〜
運転席から安全確認 さてここからも当然、運転席に陣取り、運転手補佐の仕事をしながら出発!途中は無人駅が多いので、お客さんがきっちり降りたか、また乗ったかをチェックし、後ろに乗った車掌さんが赤旗と緑旗を使って運転席に教えます。有人駅では駅員からの日報やタブレットの交換(検索してね)をします。この作業は駅員と俺との手渡しです!いちいち各駅で「誰やこいつ?!」と笑われます。昔はタブレット・キャリアには鉄球が入っていたようですが、現在は謎の紙切れが入っています。ちなみに写真横左は有人駅の「コーク・サルン駅」です。
 写真下右は運転席横から。ここから見る景色は格別ですね。ちなみに阪急もこういう感じで見れますよね(もちろん運転席の後ろですが)タイのローカル線では遮断機の無い踏切多いので、車が進入してこないか、ちゃんと線路前で停まっているか、遠くからチェックしないと衝突事故になります。列車は惰性で走っていますので急に停まれないんですよね(車と違ってわざわざ鉄の車輪とレールが使われるのはそのため)もし車が踏み切りに近づいているとガンガンと警告のためにクラクションを鳴らします。あとは線路脇で工事しているとか、牛が線路内に入ってくるとか(笑・・・でもマジにあります)僕の席にも足で踏む警笛が付いていますので、たまに鳴らしたります(笑)オラオラ〜ひき殺すぞ〜牛〜っ!って 笑
運転席 そして下の写真がパ・サック・ジョンラシッ・ダムを通過中の写真です。国王プミポンさんがここを作るときに設計や指導をしたらしく、たくさんの村や畑、そして古い線路など、全部ダムに沈んでしまいました。それでも文句は言えません。国王が絡んでいるのだ・か・ら!永年住んでいた土地を追われる気分はどんなんでしょうか?しかし村人には引越し代みたいなのが出たようです。
 延々と続く湖上を渡る線路が続く風景は気持ちいいです。最近はみんな携帯を持っているので、タイ人もここを通る時は写真を撮っています。
パサックダム 橋

パサックダムパ・サック・ジョンラシッ・ダム
 ダム湖が終われば、次は長い登り坂を上がっていきます。スピード全開にしても60キロしか出ません。踏み切りも何もないので手放し運転でもオッケイです。しかしすごい地形を走るもんだ。これでもちゃんと走りやすいルートを考えたんでしょうね〜
坂チャイヤプーム
 途中に採石場がありました。採石場なのか線路なのか・・・(写真下左)そして美しいほどに削られた岩山の中を走る列車(写真下右)偽グランドキャニオンとでもいいましょうか・・・
採石場偽グランドキャニオン


n785jp at 05:30コメント(5) この記事をクリップ!

October 09, 2012

トンブリー機関区

トンブリー機関区
 久しぶりに今回2度目のバンコック訪問。いや〜約80キロ違うだけやのに、バンコックってこんなに都会なんやね〜って感じがするほど、我々の町はのんびりとしているのだ。
 ほんでタイ国鉄(SRT)で働く高給取り男「ジェフ」君と合流。バンコックに来てどこに遊びに行く〜?ってなったら我々鉄ちゃんはいつもココへ行く「トンブリー機関区」一般は立ち入り禁止の場所だが、友達がたくさんいるので問題なし。今日は来週の試運転に向けてリニューアルされた850号機を見に行く(写真下左)なんと今回は珍しく我々の住む町「ナコンパトム駅」まで試運転するのだとか。もちろん我々も特別に乗せてってくれるって!来週が楽しみ〜
850号機824号機
 ここには写真のように他にも、戦時中に日本から持ってこられた蒸気機関車がたくさん整備されている。驚くことに現在は部品などもちろん生産されていないので、自分達で試行錯誤しながら手作りされている。事務所には日本の蒸気機関車の仕組みの本がズラ〜〜ッ!笑 それをタイ語に訳して頑張っているんだそうだ。もちろん通常運転では耐えれないので(?)年に何回かある祝日の日のみアユタヤー駅まで往復している。
 他にもカンチャナブリー線をメインに走るディーゼル機関車などの整備、給油、修理、塗装などなど、ここで管理されている。何度来ても飽きない場所である。
トンブリー機関区ジェフ君
 行きはタクシーで来たが、帰りは船で帰る。写真右上に小さく写っている「ワット・アルン(暁の寺)」をバックに。普通、バンコックへ来たらコッチへ遊びに行くのにね(笑)

≪地図・MAP≫

n785jp at 01:02コメント(0) この記事をクリップ!

April 30, 2011

チャチェンサオ以東複線工事中

チャチェンサオ複線工事
 バンコックからチャチェンサオ市までは列車の本数がありますが、それ以東は一日一往復です。しかしこの路線はレム・チャバン港(海外からの船便が到着するタイの重要な港)やマーッ・タ・プッ港(大きな工場地帯)まで続いていて、貨物列車が走る重要な路線です。実質それで儲かっている黒字路線だそうです。したがって現在、チャチャンサオ駅からレム・チャバン駅まで、複線工事が行っていて、もう半分以上出来上がったと思います。写真はチャチェンサオ駅から出発しての大きなバイパスカーブです。下のバンパコーン川沿いには有名な「100年市場(タラート・バーン・マイ)」があります。
チャチェンサオ複線工事1チャチェンサオ複線工事2


n785jp at 18:49コメント(2) この記事をクリップ!

April 03, 2011

列車情報

ナコーン・ピン号
 タイの列車で車両に名称が付いているのは2列車のみ。そのひとつ、列車番号1のチァンマイ行き特急『ナコーン・ピン号』であります(写真上・写真下2枚)
 北線のニューカラーや日本塗装に食堂車などなど、バラバラな色や形の編成ですね とても1番列車とは思えない・・・中身は日本製なのでバッチリなんですが。
食堂車ナコーン・ピン号1
 タイの一年で一番暑い時は4月頃なんですが、今年は異常気象で連日寒い日が続いています。昼間は過ごしやすくて良いのですが、夜はさすがに寒い・・・そんな中、タイ南部では大雨が続き、大部分に渡って洪水なのだそうです。よって南線はチュンポーン行き以外、運休中なのであります(写真下左)
 写真下右は東線のニューカラーの列車、チャチェンサオ行き。
南線運休東線ニューカラー


n785jp at 11:09コメント(7) この記事をクリップ!

January 18, 2010

またまた途中経過

4133







タイ国鉄<SRT>全駅写真集
<東北線>バンコック〜ウボン・ラーチャタニー間
<東線>バンコック〜アランヤパテーッ間
<ケン・コーイ〜コーン・シップカーオ線>ケン・コーイ〜コーン・シップカーオ間
<トンブリー線>トンブリー〜タリン・チャン間
<メー・コーン線>ウォン・ウィアン・ヤイ〜メー・コーン間
<スパンブリー線>ノン・パー・ドゥック〜マライ・メン間

 やっとこさ東北線の写真を整理してアップしました。全長575.10キロという距離を全駅制覇しました。ちなみにタノン・チラ駅からバンコック駅まではノーンカーイ線チェンマイ線との共通なので、そちらをご覧ください。
 もうすでに写真は撮り終わえている駅がたくさんありますが、時間がなくてアップできていません( )次はナムトック線ブアヤイ線になると思います。そしてその後はいよいよ長距離路線のノーンカイ線、チェンマイ線、南線ですね。半分ほどはすでに撮り終えていますが、性格的に中抜け記事は嫌なので、連荘できるようになるまで保留です。

n785jp at 06:00コメント(2) この記事をクリップ!

January 05, 2010

帰郷

新掲示板 みなさま「あけおめことよろ」気分はどうですか?もうすみましたか?こっちは4月が本正月なんで1月は大晦日のカウントダウンが盛り上がり頂点です。今年はテロも大きな事故もなく無事すみました。めでたしめでたしですね。
 で年末から嫁(実際はまだこう書くのも抵抗があります )の実家へ帰っていました。電話もネット環境もないド田舎です。道路も舗装していないので家の中は半日で砂だらけ(笑)でもゆっくり過ごせます。

 さて今回も「のんびりと列車で行きましょう」という事でファランポーン駅(バンコック中央駅)へ。すると案内パネルが液晶に変わってました(写真右)まだ稼働していませんでしたが、プラスティックの板がなくなるかと思うと、情緒ある旅立ちの始まりも寂しい気分になりそうです。
 で、E&O(イースタン&オリエンタル・エクスプレス)も来ていました(写真下)いつ見ても素敵で、ここだけ見ているとヨーロッパ気分になれます。今回は食堂車のアップもどうぞ。
EOEO
 しかし我々はホーム端の11番乗り場から出発のボロボロ2両編成です(写真下 )これで恐怖のスパンブリー線を突っ走ります。遮断機もない踏切が近づくと警笛を鳴らしまくり、ライトを点けたり消したりして車やバイク、歩行者を威嚇します(本当です)嫁の実家は『ノーン・ファーク停車場』が最寄り駅なんですが、その手前1キロのところの交差点の方が近いので、運転席に行ってドアを開け交渉します。すると「どこでも停めるよ!」と快い返事が返ってきます。そう、この路線はほとんど草ボーボーですが、交差点などの降りられるところなら、停車場でなくてもどこでも停めて降ろしてくれます。
スパンブリー行き列車スパンブリー行き列車1
 普段は入れない運転席横で僕は終始かぶりつきなのは言うまでもありません

n785jp at 04:31コメント(3) この記事をクリップ!

December 22, 2009

ひまわり列車ツアー

ひまわりひまわり列車2

ひまわり列車 正式の名前は「カブアン・ロット・ピセート・ナム・ティアオ」なので「ひまわり列車」では全然違うのですが、訳すと「特別観光列車」ってなところでしょうか。今年は切符の売れ行きが芳しくないのか、駅に遊びに行ったら強引にチケットを渡されました(笑)
 早朝の6時40分にバンコック中央駅(ファランポーン駅)を出発します(ちなみにこの日は8分遅れ)列車番号は臨時番号の921列車。2等のクーラー車が3両連結されていました。写真左上は記念にと2両目に繋がれていた「ひまわりラッピング?車」にて。朝早いのでまだ暗いですね。しかし僕たちが乗るのは勿論クーラー車です(写真上右)いくらこの時期涼しいといっても、日本人には暑いですし、通常この車両は寝台車なので(韓国製)椅子を倒せばゴロンと横になれるのです!
 列車はサムセン駅バーン・スー駅バン・ケーン駅ラク・シー駅ドン・ムアン駅ランシット駅アユタヤー駅サラブリー駅ケン・コーイ駅と停まって乗客を拾い(熟睡していたので停車駅はパンフレットから抜粋)そして最初の目的地「カオ・ヒン・ダーッ停車場」を越えたあたりのひまわり畑に到着(到着予定時間午前9:52)
ひまわり列車1ひまわり畑
 ここで30分ほど観光(入場料無料)っていっても写真を撮るかお土産を買うくらいです。今年は天候が悪かったのか、来た時期が悪かったのか、ひまわりの背も低く花も小振り。すでに枯れている花も多く残念でした。売店はこの列車の為だけにオープンしているらしく、列車が出発する頃には店じまいに夢中でした。
ひまわり畑2パサックダム1
 そして「ケン・スア・テン駅」で75列車(バンコック発〜ウドン・ターニー行)を先に行かせる為に小休憩(降りられません)その後10分ほど走って、写真上右のダムの上で停車&撮影大会。パンフレットには「チョム・ロット・ファイ・ローイ・ナーム」で「水に浮く列車を見学」って書いてます(笑)ここでも30分ほど停車。もともとダムを作る前はここを列車が走っていたので、ダムを作る時にこういう形で残したそうです(信憑性は知りません )陸地を走らせる方が楽だったのにね。でもおかげで良い観光スポットになりました。
コークサルーンダム
 そして列車は次の「コーク・サルーン駅」で10分ほど停車。でも降りられません。機関車の付け替えです。ここから列車は向きを変えて、今来た線路を戻ります。再び長いダムを横断する橋を渡り「パ・サック・ジョンラシッ・ダム停車場」に到着(その前に「バーン・ノーン・ブア停車場」がありました。自分のノートに載ってない停車場だったので、ちょいと興奮。いつ出来たんだろう?
ホーケオホーケオ中

マナオワーン そしてお待ちかね?ダム見学です。予定時間は大幅に遅れてもう午後1時。ここで昼ごはんを兼ねて自由行動。
 国王プミポンさんがここを作るときに設計や指導をしたらしく、それで有名なのでたくさんのタイ人が訪れます。機関車型のトラクター(25バーツに値上げされてる )に乗って対岸へ行けば、大きな仏像があるようです。写真上左の記念塔?も前回来た時は無かったので驚き。中は1階は無料ですが(写真上右)上の階は有料です。その麓には線路が少しだけ敷いてあって「マナオ・ワーン(停車場?)」と書かれていました(写真右)昔のここの地名がマナオ・ワーン村だったのでこう書かれているのかな?(現在はノーン・ブア村だそうです)
 さて列車はお客を降ろした後「ケン・スア・テン駅」で待機。午後3時に迎えに来ました(なんとバックでやってきた!)約2時間の自由行動が終わり、後はバンコックに帰るだけです(列車番号926)帰りもグッタリなので寝台車が役に立ちます。約3時間半ぐっすり寝ました(バンコック到着時間18:30。予定時刻は17:45)
 以上が謎の臨時列車「ひまわり君」レポートです。毎年11月から1月くらいまで週末土日のみ走っていますが、最近は12月で終了するみたいです。時間はもちろん、料金や座席なども変わるみたいなので、必ずバンコック駅の前売り切符売り場で尋ねましょう。ここは英語も大丈夫です。他の旅行会社などで頼むとサンドウィッチが車内食で出たり、片言タイ人ガイドが付いたりと色々あるみたいです。もちろん値段はそれ以上高いですけどね

n785jp at 05:19コメント(2) この記事をクリップ!

October 28, 2009

故障?脱線?転覆?

 ある日、なかなか列車が時間通りに来ないので「また、脱線でもしたかな?」と冗談を言っていたら、列車からの無線が入った。どうやら「駅の手前で停まっているので助けに来て欲しい」との事。駅員はしかめっ面でイヤイヤ原付にまたがり、僕達は満面の笑みで付いて行った
脱線1脱線2

脱線3脱線6
 700メートルほど行ったところに列車を発見。一見、何事も無いようだが、皆が集まっているところを覗き込んで見れば、車輪に何かが引っかかっていて、列車が動かないようだ。脱線ではなかった。反対側へ周ると理由がわかる。木材が山積みになっている。それもこんなに列車ギリギリに(笑)
 列車の窓から覗くと、木工屋の従業員が木を取り除いていましたが、かなり引きずったらしく、食い込んでなかなか取れませんでした。小1時間はかかりましたが、なんとか外れ、列車は何事もなかったように出発して行きました。
脱線4脱線5
 とりあえずわかることは、こんな状況は日本ではありえないってこと。これがタイと日本の鉄道に対する安全度の違い。いつ事故が起こってもおかしくない状況が普通に共存しているのだ。
脱線7 この路線(メーコーン線&マハーチャイ線)は、いわゆる盲腸線と呼ばれ、本線とは線路で繋がっていない。よってマルチプルタイタンパーなどの保線車両が入れなく、ほとんど手作業のため、いつ脱線してもおかしくはない。唯一できる事といえば、ゆっくり走るくらいなのだ。写真を見てもわかるように枕木がない。鉄の棒が2本、波打ちながら置いてあるだけ。こりゃ恐ろしい。左の写真も雨で線路が1本陥没していて見えません。こんなところが山ほどあります。
 一応外国人が良くツアーで利用するドル箱?路線でもあるので(赤字だけど笑!)こんなことではいけないんですが(昔よりは外国人観光客が減りました。ツアー会社が危険だと判断したのでしょうか。プライベートの旅行者はたまに見かけます)
 平日は通勤・通学客が大半を占め、大切な地元の足なので、廃止にするには惜しい路線です。

n785jp at 03:46コメント(0) この記事をクリップ!

October 20, 2009

ラッピング作業見学

バンレム ラッピング 2バンレム ラッピング
 「明日,、バンレム線の車両にラッピングする作業があるから見に行ってくれば?」とタイ国鉄職員からのタレコミ電話(笑)があっったのでヘコヘコ行って来ました。ここへ来るには一度『マハーチャイ駅』から船に乗らなければいけませんので少々面倒くさいんですが。。。貴重な写真が撮れたので良しとしましょう。
 下の写真はラッピング完成後の1221号車と(左)汚いまんまの1210号車(右)です。この路線はこの2編成しかありませんので、どちらも故障をすると、せっかくここまで辿り着いても「本日の列車はお休みです」と言われます(笑)
バンレム ラッピング 1221バンレム ラッピング 1210


n785jp at 03:24コメント(0) この記事をクリップ!

October 07, 2009

寝台特急「北星」脱線事故!?

新聞北星
 駅員の友達から電話があって「無事だった?」って言われた。なんと早朝に南線で衝突事故があったらしい。もう一人の友達が現場に行って写真を撮ってきていたので見せてもらったが凄い事故だ。現在のところ8人が死亡で80人ほどが重軽傷だとか。新聞や報道では大雨で列車がスリップして、と言っているが。。。
トラン行き 事故現場は『カオタオ駅』で原因ははっきりしていないが、駅手前にあるポイントが故障したか駅員のミスか何かのトラブルで作動せず、駅員は列車に向かって「停まれ!」と合図したらしいが(笑)運転手は気がつかずに(居眠り運転?)猛スピードで待避線に突入。大雨(?)もあって脱線&横転したらしい。運転手は生きていて「無線で連絡したが駅とつながらなかった」とか言って、その後逃走したとか?誰かが嘘をついている。。。
 その日は列車に乗って遊びに行く予定があったのでバンコック中央駅に行くと駅員達がみんな集まってきて、この事故の話で僕を囲み大騒ぎ。おまけに南線の列車は全部運休になり、戸惑うお客さんもちらほら。特に外人さんなんかは途方に暮れていました。
bluetrain で、自分たちも予定が変わったので、本日の夜にタランへ向けて走る「予定」だったブルートレイン(列車番号83)に乗り込み記念撮影(なんで??)ちなみに事故を起こした列車はコレの上りでタラン発バンコック行き寝台列車(列車番号84)
 とりあえず今年の12月に開通する新空港と市内を結ぶ「エアポートレイルリンク」の試運転チケットをもらって駅を去りました。
 上の写真は近所の食堂で新聞をもらって撮影。友達の写真を見た時もびっくりしましたが、ブルトレの幕が『北星』なんですわ!!通常は幕が無いんですが。。。事故後に誰かが回した?
 前日にも南線で(これまたフアヒンあたり)貨物列車が横転事故を起したばっかりなのに、二日続けて何をやっているんでしょうね?

n785jp at 07:07コメント(0) この記事をクリップ!

October 05, 2009

看板

 久しぶりの看板特集ウボン編。
看板看板2
 写真左は、車掌の席に置いてあった看板を勝手に拝借&撮影した「ラムチー発サムロンタープ経由ナコーン・ラチャシマ(コラート)行き」始発特有の特殊な経路ですね。
 列車番号423 ラムチー発 04:38 〜 サムロン・タープ着 05:40
 列車番号424 サムロン・タープ発 05:55 〜 ナコーン・ラチャシマ着 09:55

 お隣は上から一日3往復する各駅停車「ナコーン・ラチャシマ〜ウボン・ラーチャタニー」のレトロな看板。
 その下は「バンコック〜シー・コ・ラプーン」を結ぶ列車番号72&73です。
 列車番号73 バンコック発 21:50 〜 シー・コ・ラプーン着 05:50
 列車番号72 シー・コ・ラプーン発 07:25 〜 バンコック着 14:50

n785jp at 05:05コメント(0) この記事をクリップ!

September 02, 2009

タイに譲渡

あさかぜ タイあさかぜ@ウボン
 去年の3月頃に上陸した、日本のブルートレイン。前後はオレンジに塗られ、サイドにもオレンジ線が1本追加されています。本当は警告色の黄色なんですが、最近の車両に塗られている色は鮮やかなゴールデン・オレンジに見えますね。まずはバンコック〜ウボン・ラーチャタニーを結ぶ寝台列車67&68列車に今年の正月頃から連結されています。
JR WEST 写真上左はバンコック駅で出発を待つ67列車。出発時間は夜の8:30です。
 写真上右はウボンに到着後の67列車。すぐに清掃員がやってきてゴシゴシと洗いだします。
 洗った後は68列車としてバンコックへ向けて帰っていきます。それまで留置線で一休み(写真下左)ウボンを発車する時間は夕方の6:30です。
あさかぜ@ウボン上り 写真下右は『シー・サ・ケーッ駅』に貼られていたちらし。この列車の宣伝です「日本のJR・WESTの車両、綺麗で快適で高いよ」はっきりと「高い」とは書いていませんが(笑)ベットの写真や車内の様子など「バンスー車庫」で撮影された写真が掲載されています。

n785jp at 06:19コメント(0) この記事をクリップ!

July 29, 2009

サイヨーク

バナナ畑 (写真上左)7月7日の七夕だったと思う。バンコック発ナムトック行きの臨時列車が【ナーカーン停車場】手前カーブで脱線しバナナの木に突っ込み客車が大破する事故が発生。ここが発生現場です。
 さぞかしバナナ畑のおっさんは怒っているだろうな〜と思いきや、実は線路周辺の土地はタイ国鉄のものだそうで、勝手におやじがバナナ畑にしているんだとか(ほとんどの線路沿いがそうみたいです)よって今回もお互い笑って何事もなく終了。
 バンスーからJRでいうところの『ソ(クレーン車)』が救援としてやってきた。あ〜写真に納めたかった〜〜〜!!

 (写真下左)日時は変わって、『ワン・ポー駅』に一番近いリゾート『ジャルワン・リゾート』のロビーにて。2人なら外国人価格は最低1泊1200バーツからあります。お菓子が食べ放題&タマリンドのジュースやペットボトルの水が飲み放題。帰りは親切に駅までバイクで送ってくれました。なんじゃこりゃ?小学生の作文みたいやな。
 写真下右はお部屋の前で。中は広い部屋にダブルベット、クーラー、冷蔵庫、テレビ、家具、温水器も付いた、タイではフル装備のこの部屋がなんと「800バーツ」タイ人価格なので400バーツも安い!ホテルよりは泊まった感がアリアリなので、たまにはいいですわ。また来ま〜す!(本日のレートは1バーツ=2.7円)
jaruwan部屋
 2キロほど行けば「サパーン・タム・カセー」に着きます。手前の河を渡れば(国道6018)河向こうのリゾートまで行けます。そこから夜にライトアップされる列車を見ることができますね。

n785jp at 05:23コメント(2) この記事をクリップ!

June 12, 2009

バンコック中央駅

バンコック中央駅 ここは僕の遊び場
 前売りキップがここで予約できます。涼しくて知り合いがたくさんいるのですが、やっぱ男はおもんない。外にある「インフォメーション」にはたくさんの若いピチピチが2−30人います。電話で予約する時はそこにつながりますよ。でもやっぱり生が一番。制服が学生服みたいなんで、見た目は中高学生なんすよね〜女子高の教室みたいな(笑)
 で来月ラオスに行くので(ハネムーン?)さっきチャットで予約しました。友達が働いていると便利です。
 そういえば飛行機のチケット、めっさ安なってる。込みで3万切ってるし。毎月電話代10万弱の僕は、3回往復できまんがな。これやったら行った方がええやん

n785jp at 03:45コメント(0) この記事をクリップ!

April 26, 2009

鉄分補給(?)

newあさかぜ 鉄ちゃんとかいうてドラマでも取り上げられ、ちょいとしたブームだったらしいですね。今はどうなんでしょうか?
 去年タイへ譲渡されたブルートレイン客車。今年の初めから各線で使用されています。正月にはウボン・ラチャタニーを1往復、チェンマイへも2往復(たしか)され、現在は定番のタラン(トラン)行きで使用されているようです(写真右)
 写真下2枚は珍しいチェンマイ・サワンカーロック周遊のE&O。その後シンガポールへ帰って行きます。ブルトレ2両貸し切ってウェディング・トレインを決行しようと担当者と商談中ですが、そんなんしてもロットファイドットコムのメンバーが喜ぶだけ(笑)個人的にE&Oに乗った方が安いし記念になりそうかな〜なんて思っております。
E&OE&O看板


n785jp at 01:36コメント(0) この記事をクリップ!

April 05, 2009

盗撮戦隊RFT.com

盗撮5 タイの鉄道大好き集団からなる「ロットファイ・タイ・ドットコム」僕は会員ではないんですが、そのイベントがある時には必ず呼ばれる(タイにいてない時は参加できないけどね)その謎は...
 その会員にもバンドをやっている子が何人かいて、タイで毎月出てる音楽雑誌に、僕の写真がガンガン載っているのを見て、彼らは僕のことを有名人だと思っているらしい。盗撮4
 で、その会に参加するたびに盗撮をされる 堂々と言ってくれれば普通に撮るのに、タイ人ってシャイなんです。最近は俺に馴れてきて(タイ語が話せる事がばれたのだ)2ショットも撮ってるんですが、それに飽きたのか、普段の「素」のところを撮りはじめた。最初は気付かなかったが、俺も意識しだしてきて、カメラの視線(?)に気付くのが早いから盗撮にはならない(笑)俺の勝ちだ。たまに俺が気付いていない写真が、彼らのプライベートのホームページなんかに晒されてビックリ&敗北感で一杯です
 写真左上:機関区での所長の講義中に。余裕勝ち!
 写真右上:俺のファンで(?)一緒に撮りたいのバレバレで近づいて来た。モチロン勝ち!
 写真下左:タブレットを渡す為に列車を待っている所。望遠で撮ったようだ。負け
 写真下中:さっきのデブ女。頭の上でピースされる程の完敗!ちなみに結婚してて、撮ったのは旦那だとか。ブレブレの所を見ると、サッと一瞬で撮り逃げしたんでしょう
 写真下右:こちらも同じく旦那撮影。寸前で気が付きました。勝利!
盗撮1盗撮2盗撮3


n785jp at 11:55コメント(0) この記事をクリップ!

March 11, 2009

ドラム急募!

 帰国早々ビッグなライヴの知らせが...よってグリムフォースはただいま(というか前からですが)ドラム急募です!パスポート要必要で心の底からスラッシャーなら尚良し!短い音楽人生、できる時にビッグな結果を残せ!
JAL 写真左はいつも利用するJAL。やっぱりこれがええわ。今回観た映画は「ホームレス中学生」と「私は貝になりたい」「ホームレス...」の方はお笑い映画と思っていたが終始泣きっぱなし 主人公が男も惚れる小池徹平君という所が大きいね。あれが田村だったら泣いてないだろうな〜 俺の中学ん時は田チンと違ってコンビニもないので家出の時はもっと悲惨でしたよ。あんな親切にケアしてくれる人もおらんかった。夜も9時を過ぎれば活気もないし寂しいものでした。大抵夜を過ごす場所は決まってましたので(橋の下、マンションの屋上、公園 etc)他にも家出少年は良く見かけましたし友達にもいます(笑)良くあの話が嘘って言われているけど、良く本を読んだり映画を見れば「ある」話っすよ。勿論映画なので脚色はあるでしょう。主人公からして男前ですからね(笑)
movie 「私は...」の方は時間の問題か前半端折りすぎかな?あと色々な圧力があるのかな...という事ばかり気になって、あんまり楽しめなかった。出てくる人もバラエティばっかりなんで、こちらも魅力半減。例えばつるべで笑ってしょうがないとか...ええ演技してるのに
 写真右は良く見ないとわかりませんが映画の撮影中です。ただいま僕はタイで映画の仕事に関わっていて「今度ワージーの大好きな場所でロケがあるよ」と言われ早朝からオメオメ?と出陣、なんとファランポーン駅でした。良く来るところやんか。。。ガッカリ

n785jp at 03:13コメント(0) この記事をクリップ!

March 10, 2009

帰国子女

チェンマイ行き 今回の滞在では忙しくて駅を撮れませんでしたわ...残念。一応、列車やバスには乗りましたが相変わらず無料で乗れました。期間が延長されたみたいですね。たぶんこのまま永遠と無料の様な気がします。というか無料でええやんけ。
 という事で写真右上はディーゼル特急「列車番号9」で約12時間でチェンマイまで行きます。残念ながらこの列車は特急で通常料金なので高いですよ。これが無料なら混雑必至ですわな〜普通列車は無料なんですが、最近2等車の連結を増やしてまして(有料)3等車は醜い席の取り合い合戦が増えました。
TUI FAMILY さて変わってこちらはバンコックから車で1時間くらい行った所にあるプッタモントン近郊のレストラン。ミスターTUI氏お勧めで安くて本当に美味しい。良く家族全員(僕も一緒 )で食べに行きます。娘2人はかわいいでしょう?最近初めての男の子が生まれて跡取りが出来たと上機嫌なTUI氏、僕はタイにいる時だけですが、こんな騒がしい子供に3人も囲まれてうんざり。。。

n785jp at 03:30コメント(0) この記事をクリップ!

February 11, 2009

スアン・ロットファイ

 訳すと「列車公園」チャトゥチャックのウィークエンド・マーケットの北側にひっそりとあります、が置いてある列車はこれ(写真左)と汚い客車だけ。鉄ちゃんには物足りないので。。。
 中は芝生や池があるジョギングコースがメインで、タイの文化にジョギングというか運動するというのは基本「無し」なので(汗かくのがダメ、要はメンドウクサイ笑)訪れた人はレンタル・サイクルでウロウロしています。最近はスポーツも盛んになりアレですが、でも殆どの人は「あんなに体動かして、あいつらMだよ」とからかわれます。お!そういえばSMという言葉も浸透していて「日本人はサディストだから怖い」とよく女の子から聞きます。完全に日本のAVの影響ですわ。あと蝶の博物館もあり、室内には珍しい蝶が放し飼いされています。池には恐竜?!もいてます。 写真も撮りましたが、想像力がなくなりますので載せません。ご自身で訪れて見てくださいね〜
 写真右は何故か芝刈り機に興味を持った我が妾達。メイド・イン・ジャパン(確かクボタ)
公園pataew

 知り合いが明日からタイ&カンボジアへ行く。いつも僕と入れ替わりだな〜その人曰く最近「株・FX・先物など投資で生活してて...」とか言って余裕のある収入を自慢しながら近づいてくる人が多いとか。で、よくよく聞くとしょうもない物品を取引しないか?とかマルチだったりを誘われるという(不景気でマルチ商法に足を踏み入れる人が最近急増中とか)ブログやっている人でも広告バナー張ったり見苦しいよね。本当に儲かっているなら、しょぼいアフィリエイトなんて貼らないし、金持ち自慢ブログなんてしない「俺は金持ってんぞ!」って不特定多数の人に公表して危なすぎる!自分は関係ない宣伝はしたくないのでプロに加入して広告はありません。しかし友達や協力してくれている人の宣伝はします。

n785jp at 17:55コメント(0) この記事をクリップ!

January 17, 2009

SRT情報?

1106 何枚か良いのが撮れたので。。。
 写真左上は先月出場した、新デザインの寝台車。なぜかホームに留置してました。その後ろに入線してきたのはホアヒン発バンコック行き各停。
ヤード
 そして写真右は去年春に日本から譲渡されてきた客車(真ん中へんの奴)オレンジのラインが追加されたタイ仕様(2本入りとか色んな仕様を見ましたが。。。統一されていないのは何か意味があるのかな?)なんと、もう一部ウボン・ラチャタニー行き寝台に付いていました。最初の発表ではチェンマイ行き&南行きだったと思うのですが、予想と違うでしょう?笑 これがタイなのだ!

n785jp at 01:12コメント(0) この記事をクリップ!

January 12, 2009

ある女性との会話

chon 写真は南線の「ノーン・プラードゥック駅」にて。なんと橋げたの切り替えの為、2時間以上も待たされているのだ!左がホアヒン発バンコック行き、右がそれ以前から待たされているナムトック発トンブリー行き。結局7本も待たされました。いつも上りの普通列車はこういう運命になるのです。おかげで普段はガラガラの駅前の汚ったないメシ屋は大繁盛。国鉄とグルかね?

 列車のまつわる話でこんなのを。

 俺「あけおめ。今どこいいるん?」
 女性「新しいタイ人の彼氏とパタヤにいるの」
 俺「わ〜本命と列車事故(ロットファイ・チョンガーン)に気をつけな」
 女性「大丈夫。日本にいるから(本命は日本人)」
 俺「もしばれたら飛行機事故(クアンビン・チョンガーン)やな」
 女性「あなたも気をつけないとダメよ」
 俺「僕はバレてもバス事故(ロットメー・チョンガーン)やから」
 女性「がはは、うまい事言うね〜そのうち大怪我するわよ

 タイのことわざでロットファイ・チョンガーン=列車衝突で「浮気がばれる」特にお互い顔を合わせてしまった場合に使われるが、それ以外でも上記の様に使えます。列車は線路の上を走るので、前から列車が来ても右にも左にも行けない、ぶつかるしかないんですね。それに類似したクアンビン・チョンガーン=飛行機衝突は上の場合「国が違うのでバッタリ会う確立は少ない」滅多にないが事実がばれた時にこう言います。で、最後は僕が作った言葉、バスはちょいと乗れる=ツマミ食いですな。だれでも簡単に乗れる(やれる)ので、ぶつかっても「真剣な関係じゃないからお許しを!」ってな感じです。実際バスは故障の方が多いし(笑)最近のタイの10代は男も女も軽いですが、中には真剣で純情な人もいて、浮気した奴を拳銃やナイフで殺したりする事件がよく新聞に載っています。僕は。。。もう歩き(卒業)っす。

n785jp at 00:58コメント(4) この記事をクリップ!

November 29, 2008

正解です!

4209
 さて、今回の訪タイで東線全駅を制覇できました!約250キロと全線の中では短いので、ここを中心にやっていればもっと早く終わったのですが、時間や日程の都合で均等に各線を探索しているし、列車の本数が非常に少ないので順番に手前からとか、日本の様に簡単に行けません。ここが辛いところです。
 枝線ではすでに終了しているところもありますが、本線で次に短いのって575キロのウボン線ですので当分この報告はないでしょう(笑)
トゥックトンナカップ
 写真左上は4209@PHRA PRONG Halt
 そして写真右下はタイ版みのもんた「トゥックトンナカップ(正解!)」のポーズをしてみました。ちょいと古い流行語ですが@ペッブリー市内

*SRT−EAST LINE(東線)完全版

n785jp at 01:15コメント(0) この記事をクリップ!

November 26, 2008

無事帰国!!!

denchai 運が良いのか悪いのか、なんと帰国日に反政府運動のデモが空港でありまして、空港の手前の道から2〜4階を占拠してました。自分はこの情報を聞いていたので家を早めに出ましたが、それでも倍の時間がかかりました。でチェックインして下のクーポン食堂で空港職員に逆ナンされていると「今から空港を閉鎖するので外に出るか、パスポートチェックを受けて中に入ってください」と警備員から警告。で仲良く手をつないで4階まで見送ってもらい、その後、知り合いのパスポートチェック担当のポリ君と暴動を遠めで見学(棒でドつき合いしてましたよ!)先ほどのテレビのニュースでもインタビューされてたように、一部飛ばない飛行機があったようで...(なんと、この方は前日一緒に酒を酌み交わしていた大阪のKさん笑。彼はタイ航空利用で同じ時間帯に出発だったけど飛ばなかったみたいですね。僕はJALだったので無事飛びました)直前まで電話してたんですが、彼の電話は電源が入っていないか、通話できない状態でした。他の名古屋に帰る知り合いも同じ状態で心配してたんですが、、、両方とも帰れなかったみたいですね。大阪組は無事帰れてラッキーでしたが、しかしなんで帰国日がデモとかぶるかね?逆ナンといい、Kさんの映像といい、自分の飛行機が飛んだことなどを含め、何か運命の日でした。僕の作る曲の内容に『フェイト(FATE)』という言葉が多いのがお分かりでしょうか?
 写真はタイ鉄道友の会?の連中とデンチャイ駅で。この日は合計80人ほど集まりました。ここはチェンマイまであと200キロちょいという北の山岳地方で、写真の様に朝は霧が出て冷え込みます。日本もタイも鉄ちゃんはダサイ格好だな〜とお思いのあなた、タイはみんなこんなダサイ格好なんです。確かに性格は日本同様「変」ですが!笑

n785jp at 20:57コメント(1) この記事をクリップ!

November 10, 2008

こないな汚ちゃなげなものが

ルミネ
 この間、スワン氏と新宿で待ち合わせ(田舎もんの僕が言うとかっこいいね)した時に見つけたもの。
 なんとな〜く見慣れた機関車なんで気にしなかったけど、よく考えて見ればタイの機関車じゃん!(田舎もんの僕が言うとかっこいいね)
 と、いうことで写真を撮ってきました。(田舎もんの僕が人ごみの中、カメラを向けるのは別に恥ずかしくないよね)
 たぶんホームの形状から見て、場所はバンコック中央駅でしょう(田舎もんの僕が言うから間違いない)

 .......合成でしょうか?

話は変わって、、、駅訪問で訪れたぺブリーの街は最高でした。ちなみに同じ名前ですがバンコックのぺブリーではありません。念のため。ここにしばらく滞在する予定です。

n785jp at 17:06コメント(0) この記事をクリップ!

October 17, 2008

落雷!

かみなり そういえば落雷に遭遇しました。
 豪雨の中、ディーゼルカーが東線のサーケオ駅の手前(実際はバーン・ケーン〜サラ・ラムドゥアン間)を走行中「ゴゴーン」という雷鳴と共に急停車。線路脇の木に落雷し、折れて線路を塞いだのだ(写真右上がその写真。クリックで拡大すると折れて煙が出ている木がドアから見えると思います)ブレーキが間に合わず、ちょっと木を引きずってたので、直撃寸前、危ない所でしたよ。すぐさま野次馬が先頭車両に殺到。ドカタ風のおっさん達は土砂降りの中、降りて行って木を除ける作業を助けていました。
かみなり2 こういう時って、不思議とみんな助け合うんですよね〜目の前で状況を見たいのか、はたまた英雄になりたいのか、普通に助けたいのか。僕は荷物があったのでその場を離れる訳にはいかず、本当は手伝いたいのですが(!)写真を撮っていました。
 ちなみに写真右上に写っているのは警官で、パスポートチェックをするためカビンブリから乗ってきます。もうすぐカンボジアとの国境なので不法侵入者を取り締まる為です。トイレもチェックしますので隠れても無駄だぜコン・カメーン!

n785jp at 11:07コメント(0) この記事をクリップ!

October 15, 2008

田舎の通勤列車風景

魚
 田舎の列車には、早朝採れた魚や野菜を近郊の都市にある市場へ売りに行く人がたくさん乗ってくる。場所も取るし臭い!ただでさえ学生や通勤の人で混んでいるのに。と考えるのは日本人感覚だろうか。
 たいていのタイ人は平然としている。中には魚の匂いやパラ(プラーラ・魚を発酵させたもの)の匂いに鼻に手を当てて露骨に嫌がる顔をしている人も見える。いや〜本当にこれは臭い。イカの塩辛みたいな色してます。
????Ф? で、その車内でも販売する。これが結構売れるのだ。値段は卸値だと思いきや、商魂たくましいおばはんは市場と同じ販売価格で売っていた。この辺はタイ人らしい感覚。
 これ以外にも普段からいる物売りが先頭から練り歩いているので、車内はかなり混雑不快感100%です。

??? これがその『パラ』まだ漬けたばっかりなので発酵していません。魚の漬物といえば判りやすいかな?
 作り方はモチ米をフライパンで茶色くなるまで炒めます。そのままではすぐに焦げますので、ゆっくりとかき混ぜながら時間をかけて炒めます。あとは塩水(或いは醤油)を加えておしまい。2〜3週間で発酵して食べられますが。。。

n785jp at 07:14コメント(0) この記事をクリップ!

October 05, 2008

コン・ジョン

ただ 今月から新しい看板が加わった。それが写真のやつで「ラット・チュアイ・コンタイ・ケーン・ロットファイ・フリー=政府は列車をただにすることでタイ人を助けます」つまりタイ人以外は有料ということだ!キーニャオウ!(=ケチ)
 なぜかというと先月は車掌が俺を見ても無視してたのが、今月に入って急に金を払えと言ってきた。やっぱり全員無料では洒落ならんと判断して、外国人からは金を貰えと通達が出たとか。俺は払わないけどね。だってタイでやつらよりも高い税金納めてるじゃないか!(どっちがキーニャオウなんだ?)
さぼつく それはさておき、一部ではバスも無料で、こちらはタイ人や外人関係なく無料。前面にステッカーが張ってあるのが目印。それ以外は有料。そう、実は9月からまたまた値上げになっているというカラクリなのだ。赤が9バーツ、白青が10バーツ。こうなるとエアコンがいいね。
 写真右下は列車のサボを作っている所。無料期間が終われば無料告知のサボはどうなるんだろう?またの機会まで取っておくのかな?果たしてまたの機会はあるのかな?

n785jp at 02:04コメント(0) この記事をクリップ!

September 07, 2008

ネルトン

トンネル 懐かしい写真が送られてきた!今年3月頃に行った南の方のトンネルの時の写真(手前のクレイジーなオレンジ野郎) このメンバーは「タイ国鉄.com」という集まりで、名前そのまま、タイ国鉄が好きな人が集まっている。っていうかタイの車両はほとんど日本製ですからね(SLもちゃんと手入れして保存、運行しています)みなさん日本の車両には大変興味があります。
 前から言っているけど、自分はこの会の正式メンバーではない(笑)僕は昔から、こういうのには属さず自分で行動する派。だから彼らよりも独自のルートを持っているので『名誉会長』という形で(?)こういう会があれば招待されている。でも僕はそんな横柄な態度も見せず、仲良くさせていただいています。タイでは彼らは先輩ですから敬語も使うしワイ(合掌)もします。
 メンバーには現役のスーパーアイドルもいるし、スーパーニューハーフもいるし(写真でわかる?)スーパー金持ちもいるし(実際、彼の趣味の会かも)鉄道に興味ない人もいるし、自分だけ行く先々で優遇さるので若い会員には嫉妬されますが(笑)まずまず面白いです。日本人がタイに行く一番の目的の売春遊びや、ねずみ講やFXのような怪しい商売の勧誘などとは無関係です!本当に一部の(大多数の?)アホ日本人のせいでタイに行っている人全員が悪く思われるのは不愉快ですね。家族の間では、他人に僕の事を聞かれると「アメリカに行っている」と言うらしい(笑)姪にまで「アメリカのお土産買ってきて」と言われます。。。

n785jp at 19:56コメント(4) この記事をクリップ!

August 31, 2008

機関車内部侵入

エンジン なかなか見れませんよね?っていうか普通は見たいと思っても、エンジン音がうるさいし、熱いのでエンジン室には入る気がしません。ということで、今回は車庫に入って、熱が冷めてからゆっくり撮影。
 これはアルストーム(Alsthom, made in France)という車両。長距離列車に徹夜で運転席に乗っていると、あまりのエンジンの轟音に耳鳴り&頭痛がしてくる。おまけにクーラーなんてないし油臭いし。。。いくら鉄ちゃんでも遠慮だわ。しかし誘われると又乗ってしまう。運転席からの景色はまた格別。喉元過ぎれば熱さ・うるささ忘れる、てか?

n785jp at 18:57コメント(0) この記事をクリップ!

August 20, 2008

忙しいのでサボります〜その2

サボ2 久しぶりのみんなの大好きな『サボ』特集をしま〜す!(2日続けて同じ事を書く勇気...)パート2。
 今回はオドロおどろしい深緑一色!この色は全て『無料車両』の印である。何度も書きますが8月から来年1月までは普通列車の3等席が無料になります。長距離の[RAPID]や[EXPRESS]は通常値段なのでボヤかないように!今回の処置は石油による物価高騰で貧乏国民が不満をかかえ大騒動になりかねないので、ま、とりあえず国も頑張ってますよ、という政策です。他にもバスや水道、電気が一部無料です(詳しくは検索してね)自分の家は電気&水道両方で月70〜90バーツ(200〜300円)なんで、あんまり意味がない。
 おっと、話をサボに。上は昨日も説明した「ランシット発〜フアタケー経由〜バンコック行き」
 お次も早朝のみ運行の普通「バンコック発〜フアタケー行き(往復)」けど下りは途中「マッカサン駅」1駅しか停まらないという超特急!
 一番下はこれまた平日のみ一日一往復の「バーン・プーター・ルアン行き」この列車には2等席が付いているがそれも無料です。今回は無料という事で「女子」高生が学校をさぼって遠出するのに良く出会いました(いけない事です!)そこにお菓子を手土産に合流すれば性行率100%(いけない事です!)タイの男は列車で遠出の旅とか、そんなロマンチックな事は興味ないかも。日本なら逆でしょう。乗り物にしか興味の無いオタク野郎がドカドカのさばりそうですな〜

n785jp at 03:15コメント(0) この記事をクリップ!

August 19, 2008

忙しいのでサボります〜その1

サボ1 久しぶりのみんなの大好きな『サボ』特集をしま〜す!
 一番上から、見た目通りゲーンコーイ・ブアヤイ線のサボ。バンコックからノーンカイ(ラオス)方面へ向かうのにナコーンラチャシマ(コラート)を通らず途中で分岐するバイパス線とでもいおうか。美しい湖面(?)とひまわりで有名なパサック・ダムもこの沿線です。
 2番目は平日朝のみ運行の『ランシット発〜フアタケー経由〜バンコック行き』本線から東線へのバイパスを走る車両は貨物を除いてこれだけ。よってパヤータイ駅では通常と違い反対側のホーム(草むら )に停まります。
 3番目は珍しくない『バンコック〜カビンブリー』のサボ。今回は右上に白い紙が張られていて「バンコック駅からラッカバン駅まで学生さんの貸切」という内容。こういう臨時の場合はこんな紙が張られます。しかしこんな紙なんか誰も読まないので、続々人が乗ってきます。
 最後、一番下は今回8月から来年の1月まで普通列車の3等席が無料です!というサボ。なんて書いてあるのか読めないが「貧乏国民のために無料開放します」とかなんとからしい 自分は初日から利用したけど、当初の予定であった無料チケットがいるわけでもなく(当然)タイ人以外も無料(当然)なんと編成によっては2等席も無料だった(ラッキー)大きな駅のアナウンスでしか言わないのでガラガラ。自分はゆったりと移動を楽しんださ〜〜っていってもクッションが「まし」な一人用の椅子と扇風機がもれなく当たるくらいで、こんなの金出して乗るところじゃないな〜と普段思っている席だけど。続く...

n785jp at 03:07コメント(1) この記事をクリップ!

August 18, 2008

キハ その後2

廃2
 今日も引き続きタイへ渡ったキハをレポート。もともとは姫路(一部福知山)所属の車両でした。現在は半分くらいタイの車番に変わっていますが、残りは元の車番がチョークで落書きみたいに書かれて残っています(笑)何かの顔みたいないたずら書きも含め。。。なんという事を! この辺は『さすがタイクオリティー』といったところか。
 写真右は運転席。部品取りというよりも「この線はどこに繋がっているんや?」みたいな内臓が飛び出している感じで放置されています。
なか 左下の写真は内部。何もありません。床はベニヤで、長年ほったらかしなので歩くとバキッと床が抜けました。ちなみにこれは外側が綺麗に塗り替えられた車両の内部です。外から見ると、いかにも走り出しそうなんですが。。。

n785jp at 06:02コメント(0) この記事をクリップ!

August 17, 2008

キハ その後1

廃1 結構良い写真が撮れたのでアップします。
 日本から折角いただいたのに、結局使えないんですわ。もったいない。で、色々聞いてみました。一番の問題は整備の技術力みたいです。見たこともない装置を整備するのは大変。あとはお金ですね。
 ざっと車庫を見たところ、半分は新しいタイの国鉄カラーに塗り替えられていました。残りは塗装を剥いだままで錆だらけ。それらは部品取り用として置いておくみたいですが、塗り替えられた車両も中は床も腐っていたりしてボロボロ。。。今のところ、今後の手入れの予定はないとか。今年初めには寝台車をたくさん輸入したけど、そちらも目途が立っていない。
廃3
 写真公開の許可は出ましたが、場所などは書けません。もし場所がわかったとしても撮影に行くのは危険です。まず立ち入り許可は出ませんし勝手に進入となると逮捕 or 殺される可能性アリ。軍事絡みの事もあってか厳しいです。外人が他の国で出すぎた真似をすると大変危険ですよ。

n785jp at 01:08コメント(0) この記事をクリップ!

August 14, 2008

ナーラック・マイ?

発見 たまには気分を変えてレイディーの写真でもどないだ?
 どえらい草むらの停車場に降り立ったギャルたち。すかさずカメラを向けると元気な笑顔と共に手を振ってくれた。たぶん格好から見て大学生だと思う。この近くに学校なんかあったかな?

アップ ここは「ノン・ヌーッチ停車場」サブタイトルとして「オーキッド・ワンダーランド」と駅標には書いてあります。近くに「ノン・ヌーッチ・ガーデン」という植物園があるらしい。だぶんギャルたちはそこに遊び(勉強?)しに行くのかな?是非クリックして笑顔を見てやってくださいな。やっぱり若い子は癒されますね〜

n785jp at 01:10コメント(0) この記事をクリップ!

July 24, 2008

お待ちかねの水浴び!

アブナーム 今回はみんな仕事中だったので、風呂場の写真が撮れました。なんと半分は洗濯場となっていました。ここで干せばすぐに乾くな〜
 この前の大阪のライヴでは、はだしでプレイ。ステージにまで酒が飛び交う程の大盛り上がりだったので、ライヴ後に気が付けば、足の裏は真っ黒け!!で、しばらくはだしで後片付けなんかをしながらウロウロしてたんやが、そろそろ靴が履きたくなり、足を洗う事に。ちょうどアパッチ氏が水道を見つけたので通路で洗っていると「うわ〜ほんまに洗ろてはる〜」と浮浪者を見るような目で皆が遠巻きに。。。
ドラム もう僕はタイ人化しているのであろうか?タイでは普通の事だ。写真の様に水を溜めれば立派な風呂である!地方に行けば大きな瓶が庭先などに置いてあり、そこに雨水を溜めて生活用水になる。料理にも使うしそのまま飲む!僕はそこまでできないが、顔や手を洗ったりは普通にします。
 みなさんはここで体を洗えますか?この間のライヴでのトラウマが。。。「僕にはできません!」とブログには書いておこう。

n785jp at 03:05コメント(0) この記事をクリップ!

July 23, 2008

外食

2両 実は先月、冷蔵庫が壊れて、帰国してからはずっと外食生活。。。あかん、調子が悪いっす。栄養摂取のバランスが手に取る様にわかる。もっと野菜を!自炊が恋しい。
 と、ちょうど良いタイミングでこの写真が出てきた!前にも紹介した保線チームの移動宿泊車両をまたまた紹介しよう!(以前のは下記のリンク参照。2つあります)
 撮影は、どこやったかな?たぶんチャチェンサオ駅?手前の青色を基調にしたのが「台所車」そして奥の灰色を基調にしたのが「浴槽車」
食堂車
 今回はもう一度「台所車」をご紹介。右下の写真がそのアップ。大きな炊飯器とテレビが印象的です。おしまい!笑
 この車両は東線を行ったり来たりしている車両です。おっさんが「よ!元気か?」と声をかけてきた。あ、前にも見た事あるおっさんや「こんな写真撮るんは君だけや」って?メシを集りに来た日本人とか思われてるのか「仕事が終わったら一緒にメシでも食うか?」と言われた。。。また今度な!(食うんかい!)

 なんと原油価格高騰による物価への影響回避するために8月から12月までの半年の間、3等のみですが列車が無料になるらしい。ただしその都度、無料券を駅でもらわないと罰金100バーツ。停車場から乗る場合は今まで通り車掌に申告すれば無料券がもらえます。しかし発表ではそうですが、一部では月給が少ない人のみ(低所得者)というのが条件だとか。といってもいちいち見分けがつかないので基本全員無料なのかもしれません。外国人旅行者は微妙ですね。まあ元々僕たちには安すぎる価格なので気にしない気にしない(続報をお待ちください!)

保線
サシ?!

n785jp at 01:08コメント(0) この記事をクリップ!

July 17, 2008

停車場とは。。。

停車場の中 ご覧の写真は、いわゆる「停車場」よく「駅とどう違うの??」と聞かれますが。。。
 「駅」とは駅員がいて、切符が買えて、とお馴染みのあれです「停車場」とは日本で言う無人駅みたいなものか?バス停と同じような感じです。ただし!全列車が停まるという訳ではありませんので注意が必要です。各駅列車も停まらない時がしばしば。
 写真は東線の「プロン・アカス停車場」にて。たいていこんな雨よけの待合室みたいなんがあります。ここでの出会いが地元の情報収集や、人脈に繋がるので無視できません。

n785jp at 03:05コメント(0) この記事をクリップ!

July 11, 2008

改新型RHN

ウィハンデーン この車両は正式には日立製改新型RHNと呼ばれている。客車として「ウィハン・デーン駅」に入線するのは最後であろう。
 ちなみにキハ58(28)は、現在あるところに留置してある。一部オリジナルのJR色で保存されているのには驚きだ(ネットで写真を公開するのはダメらしいので勘弁)ヒントはバンコク近郊にはないという事だけ教えといたろか。ちなみになぜかそこだけ警備が厳しいので、一般オタクには写真を撮るのも一苦労するだろうから、行っても無駄かも。

n785jp at 04:02コメント(0) この記事をクリップ!

July 09, 2008

砂糖を運べ!

MITR PHOL
 お〜ワイのラッキカラー>オレンジの貨物列車発見!何を運んでいるのか、良く見てみると「Mitr Phol」と書いてある。何???
 聞くと砂糖を運んでいるらしい。タイは世界有数の砂糖輸出国なんですよ。日本へもオーストラリアの次に多く輸出しています。

 写真は早朝のパック・チョン駅にて。こんなけ繋がっているのは珍しいみたい?

n785jp at 00:29コメント(0) この記事をクリップ!

July 05, 2008

エアポート・レイル・リンク

エアポートレイルィンク赤 とりあえず完成するまで「SRT」のタグに入れておきます。という状態の「エアポート・レイル・リンク」長い。地元の鉄オタは「エアポート・リンク」と「レイル」を省略して言ってます。オーストラリアにも同名の物があるとか。正式に出来上がるまでに、何か良い名前に変えないですかね?ちなみに頭に「スワナプーン(新空港の名前)」のSをつけて「SAL」と略すとか。やっぱ、ここでも「レイル」は省略なんですね。さすがタイの鉄ちゃん。納得(ちなみに本家サイトはSARLが正式っぽい)
エアポートリンク青
 さて、写真には2種類、赤(EXPRESS)と青(CITY LINE)があります。赤は「アソーク駅」に隣接する「マッカサン・ターミナル駅(仮)」直行列車みたいです。なんでもこの駅でチェックインできるとかなんとか。。。そんなややこしいシステム理解できるのか??青は普通に各駅停車で終点の「パヤータイ駅」まで行くらしい。
 去年、車庫見学会があったのだが、自分は日本にいた為に行けず。最近、ここコーンタンの車庫外に出てきて、頻繁に移動している所をみると、試運転らしきものをしているみたいです。
 話は変わって、2〜3月に渡って送られてきた「あさかぜ」寝台車。マッカサンにも搬入してました。場所が一杯な為、バンコク駅にも留置してあります。どちらも何にも手をつけていませんでしたので、走るのはまだまだ先みたいです。

n785jp at 03:04コメント(0) この記事をクリップ!

June 29, 2008

本番です!

28 昨夜、ピカピカに磨いた列車での小ツアーが始まった(ほとんど僕はクーラーの効いた駅長室で、メシを食いながらテレビを観てサボッてました)
 まずは出発の「ゲンコーイ駅」にて(写真左上)みんながツアーの受付などをしている間に一足先に撮影。人が写ると嫌なのだ!
 その受付では、この日の為に作った銀行のキャッシュカードみたいな1デイ・フリー・チケットの切符、首からかける名前入りパス、あと無料で配られた昔の本物の硬券が入ったキーホルダー!これは貴重。好きな駅の切符が選べるが、僕はタイ語が読めないので適当にラッキーカラーのオレンジの切符をゲット。そして列車の前で記念撮影。この写真は本家のページにアップされているので割愛。
トンネル
 さて、無事出発した列車は次の「ブ・ヤイ駅」に到着。駅員に記念の絵をプレゼント。そしてすぐそばにあるトンネルで停車(写真右下)徒歩での見学&撮影会が始まった。ほんと、みんなトンネルが好きですね〜
 その後、列車は次の「ウィハーン・デーン駅」へ。おかま駅員がいない!!ま、ええか(笑)あとは「チャチェンサオ駅」までノンストップ。そして昼ごはん。昼休憩後、再びゲンコーイ駅まで帰るツアーは続くのだが(途中、コーン19駅で停車。オンカラック駅には行かなかった?とか)僕とメタル友達のノーヌン君はここでバンコクへ帰る。僕はこの路線に良く遊びに来ているので正直飽きた(笑)帰って仕事仕事...

n785jp at 05:05コメント(0) この記事をクリップ!

June 27, 2008

さて当日...

ジョラシッド 朝は駅施設に宿泊した者だけが、始発のブアヤイ行きに乗って沿線探索。そう、パサック・ジョラシッド・ダムを見て、反対行きの列車に乗って帰ってくる、約1時間程度の旅だ。
 昨夜はジェフ氏と特別待遇されたため(写真右下)他のメンバーから若干ジェラシーの視線を感じつつも、関係あらへん精神で通す。俺はお前らと違って「特別」なのだ。
 本題に戻そう。早朝でこの時期は雨期という事もあって、天気は良くないが(少し小雨もぱらついてたし)何とか写真が撮れました。。。前回はイースタン・オリエント・エクスプレスを撮影したあの橋ですわ。
部屋
 この橋は3つに渡ってダムを横切る形になっていて、タイ鉄ちゃんの間でも最大の撮影名所として知られている。勿論、一般の方も同じく、急に現れる美しい景色に驚いて見惚れてしまう程だ。自分も今回で5度目だが、停車場を過ぎると、やはりウキウキワクワクしてしまう
 そしてここから2つ目の駅「サラナリー」で反対行きに乗り換え(通常は列車が到着するや否や出発してしまうので注意)これも今回のツアーメンバーのみの特権だ。そしてゲーンコーイ駅に戻り、メインの「貸切列車」の催しの始まりである。続く。。。

n785jp at 01:03コメント(0) この記事をクリップ!

June 24, 2008

仮面ライダー参上!

ゲンコイ 今回の目的は14日の朝から1日かけてゲーンコーイ〜チャチェンサオ間を貸切列車で走る旅だ。この路線は現在、貨物列車しか運行されていない。後にも先にもここを走る営業車は無いと思う。自分は良く貨物列車に乗せてもらって来ているので、少々飽きた感がある今回のイベント。。。自分は昨夜に到着したばかりだが、急いで昼過ぎまでに仕事を済ませ、バンコク駅で働く友達と待ち合わせ。何、用事で一緒に行けない?仕方なく一人でゲーンコ−イ行きの列車に乗る。
 まず、前日に主要陣だけ集まり車両の修理&清掃から始まる。今回使用する列車は、普段は予備車両として車庫の片隅で眠っていたキハ28(と呼んでいた)31&1031号車。夜遅くまで写真の整備庫で点検する。
カメンライダー 写真下は友達で運転手のジェフ君。日本語で仮面ライダーの歌を歌いながら屋根上でポージング。約2年前くらいにタイ上陸した仮面ライダーブーム。やっと一般人にまで浸透してきたようだ。
 みんな今夜は駅の社宅で就寝、自分は偉いさんに誘われ、ジェフ氏と一緒に、ちゃっちい社宅ではなく、クーラーのある別宅で寝ることに。特別待遇とはこの事だ。俺はこの駅にはしょっちゅう来ているんで僻まないでくれ。深夜まで楽しんだ後、寝た。明日は早朝から出発だ!

n785jp at 16:36コメント(0) この記事をクリップ!

May 20, 2008

コーン・カーナン・チィッにて

ダムで
 キックにせがまれ「コーン・カーナン・チィッ駅」まで泳ぎに行きました。何んにも無いのに。。。列車を降りれば駅長に「また来たのか!どうぞどうぞ!」と裏の家に招かれ食事をご馳走になる。タイの駅員はどこも優しいのだ。
 前回の時に書くのを忘れましたが、この駅は道が無いので、ここに来るには列車に乗るしか方法がありません。買い物は早朝の便で一日一回、物売りがやってきます。あとは自分で列車に乗って行くのみ。不便です。が「住めば都」なのでしょうか?人が住んでいる家が2軒、住民は4人で、あとは駅員3人だけです。
Khlong Khanan Chit
 あと2軒ほど住めるような家がありますが人は出て行った模様で空き家。駅長に「住んでもいいよ」とのお言葉をいただきました。僕がもう少し(だいぶ?)若ければ、ここにリゾートホテルを建てますわ。
 今は崖ですが、勇気を持って降りれば、写真の様に水辺まで降りられます。水も臭くなくて泳いでも大丈夫、人も来ないし綺麗な景色で最高です。

KHLONG KHANAN CHIT Station

n785jp at 00:16コメント(0) この記事をクリップ!

May 18, 2008

帰国

eo 今回は諸事情により、少し長めの滞在でしたが、仕事相手がタイ人なので、やっぱり時間が足りませんでした。最低一ヶ月は滞在できればな〜駅撮影も近距離の駅はすべて撮影したので、一回撮りに行くと3−4日は外泊になります。それでも時間だけが過ぎて行き、一日4〜5駅が限界。。。次回は当初のルールを覆して車で攻める予定です(笑)列車での全線走破は終わっているのでお許しを。。。
 写真は雨の中、シンガポールから到着したE&O。バンコク中央駅(ファランポーン)にて。
 そういえば各列車、省エネの為か、連結車両が短くなったような気がします。。。

n785jp at 00:41コメント(0) この記事をクリップ!

April 14, 2008

看板特集2

看板2
 さあ、子供向け特集その2、サボシリーズ!ワ〜〜パチパチ。。。(わしゃケロちゃんか)これも2度目。汚ったない板切れだが、男ならパクッて来て、一度は部屋に飾りたい商品ナンバーワンの異名を持つ、そう、それが「サボ」なのだ。

 上から、通常の赤色のサボ、だけど行き先が「ノン・プラードゥック」と珍しいね。一日一往復。
 しかし、その次のは良く見るが一日二往復なんですね。しかも貸切色の白色。そう、ここに座ると途中で外人観光客がわんさかと乗ってくるので(大体がカンチャナブリー駅かター・キレン駅)車掌さんに移動を勧められます。が、それまではガラガラなのでお好きに。
 そしてこれまた一番上と同じ「滝〜なまず池」間の貸切車両。一般車両まで占領してくる外人観光客の多さには本当に驚き。
 そして一番下は「ナーム・トック〜カンチャナブリー」間のみ2両増結する車両に付いている緑サボ。平日でもこの区間は本当にお客が多いんです(しつこい?)この2両は、通常カンチャナブリー駅に置いてあります。スペシャルだで「ピセーク」って書いてあるんかな?(僕、読めないけど)
看板3
 さてさて、こちらはお手製のサボ、がはは、我等「ロットファイ・タイ・ドットコム」の貸切サボなのだ!きっちり僕のラッキーカラーのオレンジにしてくれている所が憎いではないか!横で給水担当のお兄さんが不思議そうな顔で見ているね。タイでは鉄道ファンなんて数少ないし、こんな汚くて不便な乗り物は軽蔑の眼差しなのさ。
 「ロットファイ・タイ・ドットコム」のスローガンは「俺たちはタイ国鉄をサポートしているんではない。俺達が自立して鉄道を愛し、活用し、そして楽しむのだ!」だそうです。運転手や鉄道関係者など(特に上層部)もメンバーなんで、僕もかなりお世話になってます。
 そういえば、寝台車に南京虫が大量発生!で消毒の為、北線などを中心に運休する騒動がありましたが、南線は無事でした。タイでは小学校低学年層で今でも頭虱が流行っています。なんでも昼寝の授業(?)があって、そこで伝染するとか。あ〜聞いただけでも痒くなります。。。

看板シリーズ第一弾はこちら

n785jp at 00:18コメント(0) この記事をクリップ!
WARZY Work Information
【WARZY OFFICIAL WEBSITE】
logo

jhm-logo

【FACEBOOK 参戦中!】


【 Supported WARZY by 】

NEW LOGO

EB

パンティップ店
MUSIC EXCHANGE PANTHIP

tuimusic
TUI MUSIC RACHATEVEE

WARZY DRIVE 発売中!
mini


『THE EFFECTOR BOOK VOL.6』

にWARZY本人による『WARZY DRIVE』製作についての独占インタビューが掲載されています。


jode head

liszko

- - - - - - - - - - - - - - - -
Copyright 2004-2016 WARZY
All rights reserved


livedoor プロフィール

ワージー

コメントは御自由に
My Release


RUTHLESS AGGRESSION (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2018


VERGE OF DEATH (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2017
JACKHAMMER MUSIC 2016


FATAL-Deluxe Edition-(CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
DIVEBOMB RECORDS 2016


BONDED IN HELL (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2015


CAGE OF THE SORROW (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2012

solo-cd
STATE OF WAR (CD)
WARZY (演奏)

初のソロアルバム

USA-comp
VD Records Vol.2 (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・God Cries! World Dies! (未発表)

Licenced by VD RECORDS 2009

tc
ULTIMATE METAL Vol2
- Asia united - (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・G.T.G.T (未発表)
・GENE (未発表)

Licenced by
ULTIMATE MUSIC Co.,Ltd 2008

kaientai-new
KAIENTAI DOJO 3 SUPER BEST (CD)
WARZY (演奏)

・SHOOTING STAR
【円華(マドカ)選手】

・フューチャーキル
【MIYAWAKI選手】

・STRONGEST-Kテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2008


孤城悲闘 (CDR)
モノノフ (演奏)

4曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


我に七難八苦を与え給へ (CDR)
〜尾張先行発売限定版〜
モノノフ (演奏)

3曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


大阪プロレス The 3rd. IMPACT! (CD)
HATE BEYOND (演奏)

9. The Tactical Violence
ブラックバファロー 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2005


KAIENTAI DOJO (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" 再収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


KAIENTAI DOJO (CDR)
~ Theme music collection vol,7 ~
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" (未発表曲) 収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


大阪プロレス 物(ストーリー)語 (CD)
HATE BEYOND (演奏)

4. ULTIMATE PAIN
"ビッグボス" MA-G-MA 選手のテーマ

10. MADNESS
ゴア 選手のテーマ

8. KING OF TERROR
大王 QUALLT 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東南アジアのみ販売。ボーナス2曲プラス

Licenced by
NORTH POEM RECORDS 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東ヨーロッパのみ販売。ボーナス3曲プラス

Licenced by
ROCK EXPRESS RECORDS 2003


REMASTERING OF "RUIN" (CDR)
NARCOTIC GREED (演奏)

2nd Cassette Album
"CRISIS OF RUIN"のCDR化

Licenced by STUDiO FACE 2003


PERPETUAL PAIN (CD)
HATE BEYOND (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2003


TWICET OF FATE
~運命のふたひねり~ (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

セカンドアルバム

Licenced by
WORLDCHAOS PRODUCTION 2001


INITIATION (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"IMMORTAL GERM" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1995


FATAL (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by LARD RECORDS 1994


TO LARD... YOU WILL DECAY (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"FUTURE KILL" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1994


CRISIS OF RUIN (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1992年発売 2nd Cassette Album


ABSURED WAR (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1991年発売 Debut Cassette

訪問者数

    一人一日一カウント!毎日「ワジ漫」見てね!

    SHARK EFFECT JAPAN

    NARCOTIC GREED, HATE BEYOND / WARZY

    WITCHES / LIENJ

    JAYRADIKAL / DISINTEGRATOR

    SxAxT / MATTCHANG

    CHAIN DISASTER / HISASHI

    BKK31 / POP

    VOIDD, CLANDESTINED / OKAZZY

    RAGING FURY / ZAP-T

    RAGING FURY / HELL WAR

    DARK FOREST / YOU

    THE UNCROWNED UNION / KANADE

    THE UNCROWNED UNION / SIN

    ギャルメット / あやの

    DEFILED / YUSUKE SUMITA

    ROSENFELD / SDGY

    ROSENFELD / SHINJI

    ∀NTI FEMINISM etc... / YAYOI

    ROSENFELD, ∀NTI FEMINISM, UNHOLY THE 13TH PREACHERS, 紅番区-RedbronX , HATE BEYOND etc... / LINA

    GRIM FORCE / CHU-RIN

    モノノフ / 富樫 刑部少輔 雄親

    モノノフ / 明石 式部法印 智玄

    ICONOCLASM

    HATE 77, THE JIZZ MONKS / 山内圭哉

    ヴァリアンテ / ISAO

    UNHOLY THE 13TH PREACHERS / アキ

    モノノフ / 尼子 民部少輔
    過去
    注意事項

    ※このブログに掲載の文書・写真・コメント
    などの無断使用・無断転載を禁じます。
    ご使用の場合は、コメント欄もしくは
    メールにてご連絡ください。

    こちらから


    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)