BEIJING-北京

June 13, 2014

出発・・・

南海サザン空港急行
 今回はラピートではなく、サザン・・・でもなく、写真右上の空港急行で地味に行きます。ラピートで行っても8分くらいしか変わらんので・・・
エアチャイナ新ラッピング
 そして飛行機はエア・チャイナの銀牡丹ラッピングでした(ボーイング737−800)
北京空港
 今回で最後になるであろう北京首都国際空港。しょっちゅう来ているのでもう飽きた・・・が今回は池から煙が出る仕掛けができていました!って驚くほどでもないけど(笑)次はクアラルンプール国際空港経由で。その次はやっと直行便!だと思います。年末かな?

n785jp at 22:31コメント(0) この記事をクリップ!

April 27, 2013

出発!

北京空港 庭園
  帰りもエア・チャイナなので北京でトランジット。いつもの庭園をベースに行動開始。今回は「書初め」みたいなんがありました。
北京空港北京空港 スターバックス
  タンスにしまってあった、安い時に買ってあったユアンを大量に持ってきたので、今回は贅沢にスタバ(笑)カプチーノが600円以上するやん、高いな〜タイの道端なら同じ味で同じ量で70円くらいやのに。
北京空港 インターネット北京空港 リラックススペース
 空港内にネットもあるが規制規制で何も見られない。wifiを使い、自分のパソコンで「ワージー漫遊記」を見ると、写真のみ規制(笑)時間を空けて再度試すと、今度はページ全体が繋がらなくなりました。恐ろしい検閲国・・・(何か設定があるのかな?)
 仕方がないので前回来た時に見つけた仮眠スペースで、次の便が来るまでゴロゴロ。最安値のタイ航空直行より、往復で一人4万も安いので(2人だと8万も違う)こうやって我慢するしかないのだ。ちなみに次回も一番安値のエア・チャイナ。いつもバンコック・オフィスに直接行って買うのですが、常連なのでスムーズに買えるし、ここには書けないサービスも満点(笑)マイレージも溜まってきたので次回は無料!けど2人とも正直JALが恋しい〜ははは


≪地図・MAP≫

n785jp at 05:22コメント(2) この記事をクリップ!

November 01, 2010

万里の長城

万里の長城
 死ぬまでに一度は見てみたい場所ですね。だって全長8851.8kmですよ(もちろん全長は見えませんが笑)行かないと後悔します。ということで行って来ました。
 場所は、観光客が少ないからゆっくり見学できる、ということで北京郊外の『慕田峪長城』というところ。バスで麓まで行き、そこからキツイ坂を少し登って、さらにロープウェイに乗り到着。ひょえ〜高い高い!!
 またまたそこから階段を登っていくと、あの歴史的石畳が目の前に現れて「着いた!」って気分になります。言葉にならないくらい最高です。
 しかし意外と急な坂で、いがんだ造りが「made in CHINA」らしいです。これを歩いて行くという人が信じられません。我々は少し歩いて馬鹿らしくてやめました(笑)だって距離が・・・ちょいと歩いたところでキリがないし。壁に到着した時点でゴールです。しかし気持ちがいい!ずっと座って眺めを楽しんでおりました。もう一度言いますが、死ぬまでに絶対行くべきところです。
万里の長城 地図万里の長城 絶景


≪地図・MAP≫

n785jp at 01:02コメント(0) この記事をクリップ!

October 16, 2010

京津都市間鉄道

北京新幹線
 北京と天津の約120キロを結ぶ中国の高速鉄道。名前は「和諧号」とついているが、他の車両(CRH形式)もそう呼ばれているとか。
CRH運転席&1等車
 写真右上は1等車&運転席。ここに座りたかったな〜
2等車北京南駅ホーム
 しかし我々はこちらの2等車。ま、座り心地もぜんぜん平気です。最高時速は350キロ。しかし営業運転は330キロが最高とか。この日は324キロが最速でした。
 で約40分くらいしたらもう北京に到着。写真右は北京南駅のホーム。お洒落ですね。
北京南駅電光掲示板
 でこちらが北京南駅。なんと2年ほど前に改装したばかりだそう。こちらも天津駅同様、空港バリの建物でした。

n785jp at 02:29コメント(0) この記事をクリップ!

October 12, 2010

天津駅

天津駅

天津駅構内 何度か中国に来ているが、今回初めて列車に乗りました。それも高速鉄道!
 でやってきたのが天津駅。主要駅はどこも、まるで空港みたいな造りになっていたのが驚きでした。タイは完全に負けてます。今後も高速鉄道網はさらに延びていくみたいで、安くて早く各都市を移動できるのは魅力ですね(時間はかかりますが、バスよりはね・・・バスは運転も荒いし渋滞もひどい)なにしろ中国は広い!鈍行や夜行列車でタラタラ旅行するのも楽しくて好きですが、時間が限られている時は高速鉄道が便利です。
切符係りのおねいさん 駅前や周辺は開発中らしくデパートやマンションが建ち並ぶ予定だとか。しかし凄い規模でした。で早速駅構内へ突入!
 まずは持ち物チェック。空港と同じですね。ここで乞食や物売りなどは排除されます。高速鉄道の改札は2階(写真左上)どうです空港みたいに広いでしょう。ここでチェックインまで待ちます(発車の2〜30分前まで)空港みたいでしょう。普段はゲートが閉まっているのでホームに入れません(写真下左)で時間になるとご覧の通り行列(写真下右)昼の3時頃とラッシュ時間ではないんですが、どの列車もお客さんがたくさん。う〜ん、採算は取れているとおもいますが。
 さて、我々も時間になりました。改札のオネエサンが奥から出てきて切符を拝見(写真右)どうですか、空港みたいでしょう。何度も同じ事を書きましたが(空港みたい・・・笑)ここが中国の駅とは思えない程の豪華さ。昔に行った上海駅のあのイメージが嘘のようです。。。北京から上海までも工事中みたいですが(上海虹橋国際空港に駅ができるようです)開通すれば約5時間でいけるとか・・・高いけど早い飛行機と比べると微妙ですね。中国は経済発展のために金を刷ってばら撒いている感じが。。。近い将来、インフレで元の貨幣価値が下がるんじゃないでしょうか?
天津駅改札天津駅改札行列


n785jp at 15:22コメント(2) この記事をクリップ!

October 11, 2010

天津飯が食べたい〜!

天津2

天津1 列車に乗って天津市へやってきました!それも中国の新幹線?で!!ぱっと書くと簡単ですが、色々問題があるみたいですね>中国高速鉄道。これはまた次回に。
 おまけに「天津飯」も天津にはありません!!あ〜書いていて凄く天津飯が食べたい気分です。もちろんタイにもありません。。。
 上の写真は「タラート・ボラーン・天津」とタイ語で言いまして(なんでタイ語やねん。中国語では『古文化街』)「昔風の市場」と訳すればいいかな。多分観光用に綺麗に立て直された模様。右下の写真を見てもわかるように、すごい近代風のビルディングの建設ラッシュでした。町全体もおしゃれで、北京がどちらかというと、昔風のくすんだ印象なので対照的ですね。急ピッチな感が否めないインフラ整備といい、中国は凄くお金をつぎ込んで、海外に負けない国にしようと必死なんでしょうか「人種的モラルを向上しよう!」とかいう横断幕や看板もあちこちで目にします。確かに人々のモラルが最優先かもしれません。中国には何度か訪れていますが、来る度に段々と「まとも」な対応ができてきたと思います。なんか僕、偉そうですが。
 あと、タイと違って「漢字が読める」っていうところも親近感がわきますね。もちろん発音は違いますが、写真左下の「冷凍飲料」なんてそのままでしょう。でも買う時、値段が書いていないので、会話ができなければ値段がわかりません。ぼられても仕方がありません。。。
天津3天津4


≪南市食品街の地図・MAP≫

n785jp at 00:19コメント(0) この記事をクリップ!

October 08, 2010

星5つです!

ホテル5つ星 本当か嘘か?!北京では最高級の部類に入るホテルに到着。次の日、ライヴがあるのでタクシーで帰る用にホテルの名刺をもらっておこう。とカウンターで名刺をもらってよく見ると「最初の予定のホテルと違う。。。」なんだかな〜
 建物も綺麗でサービスも良い。部屋も綺麗ですが布団や枕にカビが。。。トイレやシャワー室はガラス張りで、部屋から丸見え。もし家族で泊まった時、気まずくないんかね?シャワーはお洒落で天井の真ん中から細い細い水が四方八方に飛び散るタイプ(どんなんや〜)圧が弱いので洗った気がしませんでした。
 しかし中国のホテルの星の基準ってどんなんでしょうか?
燕京啤酒 食事は朝はホテルでバイキング。豪華な北京料理が並びますが、ほんとうに北京料理はおいしくない。というか口に合わない料理が多すぎる。パンやフルーツなどでお腹を満たす。コーヒーなど飲み物ももちろん飲み放題ですがまずい。豆乳にオレンジジュース(ホット!そして薄い)牛乳(これもホット)紅茶などがありました。しかしまずいのを察してか、添乗員さんがタイからコーヒーを持参。毎朝、みんなに入れてくれました。感謝!
 昼と夜はレストランでバイキング。毎回違う店でしたが、どの店もなかなかのボリュームで足りないという事はありませんでした。がコーラが1テーブル(7〜8人)にペットボトル1本。あとビールが2本。そしてお茶。お茶はおかわりしてくれますが、お湯を足すだけ。最後の方は白湯でした(笑)しかしお茶は日本よりおいしいですね。特にウーロン茶は別の飲み物という感じで格別でした。写真右は仕方なく『燕京啤酒』を飲む。タイ人ってお酒を飲まない人が結構多いです。今回のツアーも誰も飲みませんでしたので一人でビール担当をしていました。みんなは「日本人はお酒好きだね〜」って思っていました。実際に日本人に対してそういうイメージがあるようです。お酒、タバコ、女(←笑)
雑技団 さて、中国といえば「雑技団(?!)」今回のツアーでは2箇所予定が入っていました。ひとつはここ。フラフープから始まり、皿回し、独楽回し、写真の綱渡り、アクロバットetc...ちょこちょこ失敗する子もいて、少々興醒めしますがそれもご愛嬌ということで。しかし!最後の丸い金網の中でバイクを猛スピードでグルグル走り回るショウは凄い!!(写真下・左奥にある網の中です)しかも1台1台と増え、最後は4台がぶつからずに猛スピードでクロス。。。これには最前列で見ていた私も驚きの連続でした。
 ショウが総て終了すると場内は大歓声。するとすぐにステージから降りてきてDVDを買ってくれ!と攻撃開始。さっきまで喜んでいた外人達は手の平を返したように冷たくあしらって出口へ急ぐ。。。たった数秒後ですよ。なんでしょうね〜現実は厳しいという事でしょうか? 頑張れ雑技団の子供達よ!
雑技団バイク


n785jp at 16:37コメント(0) この記事をクリップ!

October 02, 2010

石花洞

石花洞
 北京にこんなのがあるとは。。。バスに揺られて1時間半ほど。超が付くほどのド田舎のバス停に到着。そこからさらに急な山道を登り(どうやら先程の所までしかバスは坂を登れないらしい )さらに階段を登り、入り口に到着!(写真下左)
石花洞 入口石花洞 1
 しかし何枚写真を撮ったか!ライトアップが綺麗なせいで三脚立てて大忙しでした。こんなのが1時間半ほど続く(それでも3分の1くらい。残りは未公開なのだとか)階段を登ったり降りたりで大変でした。ここで全部お見せできないのが残念ですが、これでも十分楽しめるでしょう?もっと詳しく知りたい方はネットで検索してみてください。多分僕の写真が一番綺麗だとおもいます。
石花洞 2石花洞 3
 最後は長い坂を延々とのぼり、出口でなぜかお酒を売っていた(写真右)
 いわゆる鍾乳洞ですが、イメージが派手ですね。しかし〜規模が多き過ぎて、中国の自然の底力を見せ付けられた気がします。恐るべし!

≪地図・MAP≫

n785jp at 03:28コメント(0) この記事をクリップ!

October 01, 2010

頣和園

昆明湖
 さて何と読むのかわかりませんが、大きな湖(昆明湖)があって綺麗な場所でした。写真上のボートに乗って対岸へ行きました。
昆明湖 おやじ昆明湖 夕日
 写真左のこれはボート乗り場の前で習字(?)のデモンストレーションをしている親父。どうやらいつもいるようなので仕事なのかな?右は夕日を。初日にここへ来たのですが、タイを出発する飛行機が4時間も遅れて、朝からスケジュールがずれずれ。すでに夕方になってしまいました。まだこれから2箇所も廻るんですが。。。 
長廊長廊 thip
 対岸に渡ればこの『長廊』がありました。その名の通り長いです。それを歩いていくと、あらびっくり。元のボート乗り場へ帰ってきました。

n785jp at 02:06コメント(0) この記事をクリップ!

September 29, 2010

天安門

天安門
 北京といえばやっぱり?天安門(故宮博物院)でしょう。なぜかこの日は凄い人人人。。。なにかの記念日でしょうか?(注釈;中秋節・・・9月22日〜24日)
 中には男性立入禁止の大奥があり約1000人の女性をかこっていたとか。するとそれを聞いた男性達は「約3年。。。」とつぶやいているのを聞き逃さない俺。国は違えど男性はみんな同じ事を考えるんですね〜
 そんな大奥を出れば、そこは景山公園(けいざんこうえん・写真右下)があります。すると屋台であの「ハミメロン」が!さっそく購入。タイでは全体にオレンジになってから食べましたが、こちらでは半熟れくらいで食すみたいです。全体にみずみずしく、オレンジ部分が甘く、緑の部分は瓜。食後のデザートにスイカとメロンが必ず出てきましたので、こちらでは安くて定番のフルーツなんでしょう。うまかったです。値段は1ユアン=約13円なり。
ハミメロン@北京景山公園


n785jp at 15:30コメント(0) この記事をクリップ!

September 28, 2010

with EXODUS

ワジドラ北京 無事終了しました。
 僕は自力で地下鉄を乗り継ぎリハ直前に会場に到着。終了後も時間がないので、エクソダスを最後まで観れずにタクシーで帰りました(地下鉄がなくなったので)。。。相変わらず深夜までやるな〜

 今回の北京公演用にシャークエフェクトが作ってくれたボード。めっちゃいい!ノイズゼロ!いままで会場によってはノイズがいろいろ乗ってきたけど、すべて電源(パワーサプライ)からなんやね〜今回シャークが作っているパワーサプライは完全にノイズをシャットアウト。なんで日本の業界でも、こんな初歩的な事が後回しにされているのか。。。今まで僕は騙されていました。
ワジドラ北京中国
 シャークでテスターとして働いてから、色々なエフェクターを試しました。その9割はノイズが多い。そして音質の劣化。僕は怖くてそんなエフェクターを3つ以上もつなげられません。色々他の人のエフェクトボードを見ますが、劣化を誤魔化すためにまたエフェクターをつなぐ。。。そんな感じなんですよね。とりあえず安い韓国、中国産エフェクターは問題外でしょう。シャークもアジアですが、僕がいる限り、しょぼい音のエフェクターは出させません。ワージードライヴも完全ノイズなしであの歪み。みんな。もう試してみましたか?

 でライヴの内容ですが。。。個人的にはゲイリーより良い音が出せたと思います。ソロもまずまず。その為か終わってからサイン攻め。こんなん初めてで困惑っす。良いショウができると気持ちいいね。

n785jp at 03:01コメント(13) この記事をクリップ!

June 19, 2009

サムネイル到着!

WARZY beijing オープニングは『レイジング・モブ』ボーカルはアサシンのロバートが歌っているというので有名です。彼もドイツと行ったり来たりしているのかな?ドイツでもアサシンの活動は続けているようですし。
 2番手は『サフォケイテッド』地元ではそこそこ人気があるバンドらしく(他がいないのかも?)名前は良く聞きます。演奏は...バンド名もそうやけど、ありきたりな音楽やってます。これといって特徴は無し(お、久しぶりの辛口)
 3番手、我ら『グリム・フォース』前回は『テスタメント』のオープニングをやったので反応は上々。メンバーはグレードダウン(?)どんどんライヴはやっていきたいな。ガッツのあるドラマー募集!デストラのメンバー&クルーは、それまで楽屋でワイワイ騒いでいたが、うちのライヴの時だけキッチリ観てくれていたらしく、終わってから色々嬉しい言葉をかけてくれて感動しました(ドラムのマークは観てなかった ここにも写真あり。
 ラストのメイン『デストラクション』シュミーヤは海外を旅するのが好きらしく、好きな音楽をしながら旅ができる今の状況に満足しているみたいです。今回は初めての中国上陸「ついに北京にきたぜ〜Finally we came to Beijing! 」っていういつものMCで場内は爆発!後片付けもソコソコに僕はキッズと化して観てました。ちなみに『ザ・ロック』の決めゼリフは「Finally... The Rock HAS COME BACK to 〜」ですね。懐かしい...

n785jp at 12:02コメント(0) この記事をクリップ!

May 28, 2009

本番

 はどこいったんや?実は写真がまだ送られてこないのだ。困った。次回の雑誌の広告用にと、専門の方に頼んで撮ってもらったんですが。。。さすがアジアン・タイム!
マクドマイクギター
 という事でマクドで腹ごしらえ。北京料理は危険度一杯なので世界共通の味を。。。共通ではなかった。まずい。中身もバンズからベロンとはみ出していて、見た目も最悪。マクドで初めて残したわ。
 で、昨夜、一人黙々と大食いしていたマイク氏。痩せの大食いとは彼の事だね。その食べた海鮮中華料理にあたり、本番中、一時演奏中断してゲロ吐いてたらしい。終わった後もサイン会があったけど、座っても下痢ですぐトイレに行きたくなってサイン会どころではない、と専属PAと共に先にホテルへ帰っていきました。心配だぜ。たぶんあさりかな?そういや俺も(みんな?)おなかの調子が悪かった「ダンボールあさり」は恐ろしいね(笑)
 で、翌日「良くなったよ」という事でギターを拝見。最近新しくDEANからもらった黒いギターは、早速アメリカでパクられた(?)とか言ってた。そういえば空港に着いた時も「マイギター?」って言うて探してました。持ち物はしっかり管理しましょう。
 これはVセレクトシリーズかな?本人曰くEMG82(笑)らしい。ロゴが金と銀なんで、たぶん81&85でしょう。お茶目なマイクでした!

n785jp at 05:55コメント(3) この記事をクリップ!

May 24, 2009

当日〜鉄ちゃんの夢破れ...

MAOschmier
 昨夜は明け方まで会食してたので眠い。本当は逆リハ方式でDESTRUCTIONからリハが始まるのだが、我々はその前に優先的にリハをさせてもらった。よって早起きである。とか言いながらも、当日みんな9時には目が覚めた様子で、シャワーを浴びてから、朝飯にありつこうと近所を探検!前に上海で豚マンが美味かったので、まずチュウリンに毒味がてらに買わせ「まずい」わ〜北京料理嫌い。それからマクド、スーパーを周り、変な『串』と書いた食堂に入る(なんかこの『串』料理は流行っているらしく、アチコチに看板があがっていた)俺は無難にチャーハンを頼み大成功!チューリンは「冷麺」と「醤炒飯」を頼んで死亡。ベーシストは...何食ったかな?
 でスーパーで買ったアイスを食いながらライヴハウスへ!ここは『MAO』っていう有名なバンドがよくやるところ(写真左上)ラウドネスのボーカルのバンドも来たよ(ってバンド名覚えてもらわれへんのな)って言ってた。とりあえず前の晩にローディがデストラクションのセッティングをしていて、その前のスペースでやれと 狭っ!まあ「一緒にやれるだけありがたいよな」と心に言い聞かせリハスタート。ここの箱所属のエンジニアが日本人で(アタラシさん)しかも大阪出身。スムーズに音も決まり大満足でした。で、デストラのリハ...2時間経ってもメンバー来ず。ローディーによる病的な程のハウリング・チェックが続く(あれは初めて体験)納得いったのかいかなかったのか、時間もないのでメンバー登場(写真右上)やっぱシュミーヤ兄さんは貫録あるね。おまけに優しいし面白いし、こりゃモテるはず 音出しでマイク&マーカスによるテスタメントやシェンカーが印象的でした。で、その後、マイクがスピーカーを変えたりと、色々変更があったので、もう一度グリムのリハをやる事に。北京駅に行って写真を撮りたかったのに〜

n785jp at 16:56コメント(0) この記事をクリップ!

May 22, 2009

トロリーバス

トロリーバス1トロリーバス2
 デストラクションの反応がないので北京リポートは中止だ!
 北京にはトロリーバスが走っていた。お〜〜〜実物を初めて見たかも知れない。2両連結バスも貫録十分ですね。ちなみにバイクも静か〜に走っていたので、それも電気で走っているんでしょう。町をあげて排気ガスを減らす為の方針でしょうか?
 今回は観光する時間がなく、北京駅にも地下鉄も、あ!天安門さえ行ってまへんわ〜また行く機会がありそうなので、今度は下調べを十分にして行きたいと思います。

n785jp at 01:47コメント(0) この記事をクリップ!

May 20, 2009

北京到着!

 やっとのおもいで到着した北京!いきなりの試練が待っていた。新種のインフルエンザを水際で防ごうと必死である。あの中国がだ!世界に追い付け追い越せ...ってか俺以外みんなマスクしてるやんけ〜根性ね〜な!そんな事じゃスラッシャー失格だぜ?
北京空港ツアーバス
 で、ここでプロモーターのお迎えがあり、今回のスケジュール表を渡される。そして2時間後、デストラクション御一行様も成田から無事到着。誰一人マスクは着用していない!さすが真のスラッシャーだ!!その後、一緒に行動します。モチロン、バスでは憧れのマイクと同席。チュウリンも交え、色々機材関係の話に花を咲かせます。興味深かったのはアンプ関係。5150がメインらしいですが、今はエンドースの関係でエングルを使用「良く歪むので悪くないよ」って言ってました。ピーカーは何でもいいって言ってましたが、本番ではエングルのピーカーをやめて、わざわざマーシャルに交換してもらってました(レンタルなんで交換が大変!)結構こだわっているのかも知れません。ハイゲインの代表と言われている某アンプは「糞」っていってました。結構あれこれ試しているみたいですね〜自分も今回は訳あってVHTの某ヘッド直でしたが、弾きにくいのなんの...それを言うとマイクは笑ってました。彼はVシェイプがお気に入り。昔からギブソンVを使用「シェンカーの影響?」って聞いたら「もちろんシェンカーは大好き(リハでもシェンカーの曲を弾いてました)でもVシェイプが僕の体に合っている。他のは弾きにくい」だそうです。Vがクロスした僕のTシャツ(タイのギター屋、ソサエティのTシャツ)を見て「くれ!」って言ってました。トックチャイさん、1枚キープしておいてくださいな。
ツアーバス内食事会withDestruction
 で、無事ホテルに到着。チェックインした後は親睦会?夜中の2時に DESTRUCTION & GRIM FORCE 御一行は海鮮中華料理屋へ移動。やっぱり俺には本場の中華は合わない。マイクは刺身が大好き「昨日も日本でたくさん刺身を食べたぜ。へへへ」この日はあさりやエビを中心に食べる食べる...その後、マイクの身に異変が起きるとは誰も知る由もない。つづく...

n785jp at 04:10コメント(0) この記事をクリップ!

May 18, 2009

無事成功!

DESTRUCTION1 オ〜ライッ!無事デストラクション VS グリムフォースの北京公演が終了しました!
 写真は最終日の空港でお別れの最終ショット。シュミーヤいわく「変なウイルスが流行っているが、このアルコール度数の高いウォッカを飲めば消毒されるぜ!」と両メンバー全員で回し飲みをしているところです。早朝の空港で、かなり周りからは不良外人が騒いでると思っているでしょうな(笑)
 総括:3日間という短い日程でしたが、到着の空港から、この帰りの空港まで、メンバー&クルー全員ずっと仲良く接してくれて、生粋の『スラッシャー』にとって最高の時を過ごせました!特に移動中のバスの中でのシュミーヤとのエロ話や(!)マイクとのギター談義、マークと一緒にスキューバ・ダイビングに行く約束(笑)そして雑誌はモチロン、ここでも書けないデストラクションの過去から現在までの裏話、と盛りだくさん。当日も律儀にも我々のライブも時間を割いて観ていただき「また今後も一緒にツアーを周ろう」とありがたいコメントを言ってくれて、良い事尽くめでした。もちろん彼らのライヴは熱い!演奏力どうのこうのなんて関係ない。オン&オフと46時中これぞ『スラッシャーの生き様』というのを僕達に叩きつけられた気がします。僕は永遠に『スラッシャー』を続けて行くと再決意させられた3日間でした。詳細はボチボチ更新します。お楽しみに!

 写真後列左から
マーク(Ds-DESTRUCTION)
シン(Ba-GRIM FORCE)
チュウリン(Vo&Gu-GRIM FORCE)
シュミーヤ(Vo&Ba-DESTRUCTION)
ワージー(Gu-GRIM FORCE)
前列左から
マイク(Gu-DESTRUCTION)
ヤス(Ds-GRIM FORCE)

THANX A LOT for DESTRUCTION !!!

n785jp at 01:06コメント(0) この記事をクリップ!
WARZY Work Information
【WARZY OFFICIAL WEBSITE】
logo

jhm-logo

【FACEBOOK 参戦中!】


【 Supported WARZY by 】

NEW LOGO

EB

パンティップ店
MUSIC EXCHANGE PANTHIP

tuimusic
TUI MUSIC RACHATEVEE

WARZY DRIVE 発売中!
mini


『THE EFFECTOR BOOK VOL.6』

にWARZY本人による『WARZY DRIVE』製作についての独占インタビューが掲載されています。


jode head

liszko

- - - - - - - - - - - - - - - -
Copyright 2004-2016 WARZY
All rights reserved


livedoor プロフィール

ワージー

コメントは御自由に
My Release


RUTHLESS AGGRESSION (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2018


VERGE OF DEATH (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
RUBICON MUSIC 2017
JACKHAMMER MUSIC 2016


FATAL-Deluxe Edition-(CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
DIVEBOMB RECORDS 2016


BONDED IN HELL (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2015


CAGE OF THE SORROW (CD)
HATE BEYOND (演奏)

フルレンス・アルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2012

solo-cd
STATE OF WAR (CD)
WARZY (演奏)

初のソロアルバム

USA-comp
VD Records Vol.2 (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・God Cries! World Dies! (未発表)

Licenced by VD RECORDS 2009

tc
ULTIMATE METAL Vol2
- Asia united - (CD)
GRIM FORCE (演奏)

・G.T.G.T (未発表)
・GENE (未発表)

Licenced by
ULTIMATE MUSIC Co.,Ltd 2008

kaientai-new
KAIENTAI DOJO 3 SUPER BEST (CD)
WARZY (演奏)

・SHOOTING STAR
【円華(マドカ)選手】

・フューチャーキル
【MIYAWAKI選手】

・STRONGEST-Kテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2008


孤城悲闘 (CDR)
モノノフ (演奏)

4曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


我に七難八苦を与え給へ (CDR)
〜尾張先行発売限定版〜
モノノフ (演奏)

3曲入りCDR

Licenced by モノノフ 2006


大阪プロレス The 3rd. IMPACT! (CD)
HATE BEYOND (演奏)

9. The Tactical Violence
ブラックバファロー 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2005


KAIENTAI DOJO (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" 再収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


KAIENTAI DOJO (CDR)
~ Theme music collection vol,7 ~
NARCOTIC GREED (演奏)

上越たく選手のテーマ
"COMBINE" (未発表曲) 収録

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2004


大阪プロレス 物(ストーリー)語 (CD)
HATE BEYOND (演奏)

4. ULTIMATE PAIN
"ビッグボス" MA-G-MA 選手のテーマ

10. MADNESS
ゴア 選手のテーマ

8. KING OF TERROR
大王 QUALLT 選手のテーマ

Licenced by
KING RECORD Co.,Ltd 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東南アジアのみ販売。ボーナス2曲プラス

Licenced by
NORTH POEM RECORDS 2003


PERPETUAL PAIN (CASSETTE)
HATE BEYOND (演奏)

東ヨーロッパのみ販売。ボーナス3曲プラス

Licenced by
ROCK EXPRESS RECORDS 2003


REMASTERING OF "RUIN" (CDR)
NARCOTIC GREED (演奏)

2nd Cassette Album
"CRISIS OF RUIN"のCDR化

Licenced by STUDiO FACE 2003


PERPETUAL PAIN (CD)
HATE BEYOND (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by
JACKHAMMER MUSIC 2003


TWICET OF FATE
~運命のふたひねり~ (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

セカンドアルバム

Licenced by
WORLDCHAOS PRODUCTION 2001


INITIATION (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"IMMORTAL GERM" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1995


FATAL (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

ファーストアルバム

Licenced by LARD RECORDS 1994


TO LARD... YOU WILL DECAY (CD)
NARCOTIC GREED (演奏)

"FUTURE KILL" (未発表) 収録

Licenced by LARD RECORDS 1994


CRISIS OF RUIN (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1992年発売 2nd Cassette Album


ABSURED WAR (CASSETTE)
NARCOTIC GREED (演奏)

1991年発売 Debut Cassette

訪問者数

    一人一日一カウント!毎日「ワジ漫」見てね!

    SHARK EFFECT JAPAN

    NARCOTIC GREED, HATE BEYOND / WARZY

    WITCHES / LIENJ

    JAYRADIKAL / DISINTEGRATOR

    SxAxT / MATTCHANG

    CHAIN DISASTER / HISASHI

    BKK31 / POP

    VOIDD, CLANDESTINED / OKAZZY

    RAGING FURY / ZAP-T

    RAGING FURY / HELL WAR

    DARK FOREST / YOU

    THE UNCROWNED UNION / KANADE

    THE UNCROWNED UNION / SIN

    ギャルメット / あやの

    DEFILED / YUSUKE SUMITA

    ROSENFELD / SDGY

    ROSENFELD / SHINJI

    ∀NTI FEMINISM etc... / YAYOI

    ROSENFELD, ∀NTI FEMINISM, UNHOLY THE 13TH PREACHERS, 紅番区-RedbronX , HATE BEYOND etc... / LINA

    GRIM FORCE / CHU-RIN

    モノノフ / 富樫 刑部少輔 雄親

    モノノフ / 明石 式部法印 智玄

    ICONOCLASM

    HATE 77, THE JIZZ MONKS / 山内圭哉

    ヴァリアンテ / ISAO

    UNHOLY THE 13TH PREACHERS / アキ

    モノノフ / 尼子 民部少輔
    過去
    注意事項

    ※このブログに掲載の文書・写真・コメント
    などの無断使用・無断転載を禁じます。
    ご使用の場合は、コメント欄もしくは
    メールにてご連絡ください。

    こちらから


    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)