民主党の輿石東参院議員会長は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題が米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部を移設先とする現行案で決着する可能性について「それはないだろう。鳩山由紀夫首相もあれだけ、沖縄県民の悲痛な叫びをきちんと受け止めていきたいと言っている」と述べ、否定的な見方を示した。甲府市内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
「戦争広告代理店」が語る「オバマ」「トヨタ」

障害者自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
「細かすぎ」不評の厚労省目標…全職員にメール(読売新聞)
JR西労組側、OBの国交省政務官に献金(読売新聞)
鳩山首相不起訴相当 検察審査会の議決要旨(産経新聞)
「首相中心」に不安、「検討」ばかり…―厚労省と自立支援法訴訟団が初の定期協議(医療介護CBニュース)