鳩山由紀夫首相は6日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、公約通りに5月末までに解決できなければ退陣する覚悟があるかと記者団に問われたのに対し、「当然のことながら、1つ、1つの政策の実現に向けて覚悟を持って臨む。当たり前の話だ」と述べた。

 視察先の東京都大田区で語った。

 首相はまた、自民党の小泉純一郎元首相を念頭に、「以前の内閣では、『公約は守らなくても大したことはない』とおっしゃった。そういう政治が国民から鉄槌(てっつい)を食らわされた。それだけに約束は約束としてしっかり守らなければならない」と強調。5月末までに決着するとの政府方針が守られなければ、世論の支持は得られないとの認識を示した。

【関連記事】
大島氏、首相に退陣要求 「普天間」5月決着不能なら
米次官補、今月中旬に来日 普天間移設めぐり協議
「普天間」結論先送りは悪影響 米国務次官補
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に
普天間は国連軍指定基地 初耳だった首相ら
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

証言拒否でやむなく…4検事4役「熱演」3時間(読売新聞)
いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着(産経新聞)
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台-環境省(時事通信)
金元工作員招致へ調整=拉致解明の一環-政府(時事通信)
「大島幹事長の顔怖い」自民懇談会で不満(読売新聞)