平成21年の1年間に自殺した人の数は3万2753人で、過去5番目に多かったことが26日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。3万人を超えるのは12年連続。

 自殺者の性別は男性が2万3406人で、71・5%を占め、女性は9347人(28・5%)。

 自殺が発見された都道府県では東京が229人で最多。以下、埼玉(142人)▽大阪(127人)▽北海道(122人)▽愛知(115人)▽千葉(112人)▽神奈川(106)▽福岡(102人)▽兵庫(100)-など。

 月別では3097人で3月が最多。次いで4月が3064人、5月も3001人と多く、会計年度をまたいだ前後2カ月の多発が目立つ。

【関連記事】
自殺者12年連続3万人超 12月を残して突破
「青い光」、自殺予防の抑止力になるか? 検証までに時間必要
ハローワークに自殺相談窓口 政府100日プラン
昨年の自殺は11年連続3万人超 自殺対策白書
【主張】自殺予防 心のSOS聞き逃すまい

<名護市長選>24日に投開票 普天間移設に影響(毎日新聞)
民主議員、小沢氏問題の報道に「誤報」指摘 法相はあっさり否定(産経新聞)
落語協会 柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
<少子化対策>認可保育所の定員年5万人増へ 来年度から(毎日新聞)
少年らの氏名、HPに誤掲載=万引きで摘発49人分-愛媛県警(時事通信)