ハイブリッド車や電気自動車の走行音が静か過ぎて危険とされる問題で、国土交通省は29日、音を出して接近を知らせる装置についてガイドラインを決め、メーカーで組織する日本自動車工業会などに通達した。

 ガイドラインなどによると、対象はエンジンを停止しモーターのみで走行可能なハイブリッド車や電気自動車。装置は、発進から時速20キロまでと、後退時に音が自動で流れるものとした。一方、周囲に人のいない場合も考慮し、音を一時停止する仕組みも設けることができる。

 音の種類は、車両の走行状態を思い起こさせる連続音で、音量は今春をめどに示す予定。

【関連ニュース】
VW:11年に「トゥアレグ」HV 日本で販売へ
ホンダ:フィットHV、いくらで売れば…来年発売
トヨタ:新型HV「SAI」発売 1万4000台以上受注
09年新車販売:プリウス1位 HVで初
ハイブリッドスポーツ「CR-Z」登場、二輪車も充実 ホンダブース

小沢氏に収支概要報告=石川議員、陸山会04年分-貸付8億円、収入6億円(時事通信)
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”(産経新聞)
国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論-政府チーム(時事通信)
<普天間移設>額賀元防衛庁長官、駐日米大使と意見交換(毎日新聞)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮-亀井担当相(時事通信)