土星の南北両極でオーロラが光る様子をハッブル宇宙望遠鏡が観測し、欧州宇宙機関(ESA)が11日発表した。土星は太陽の周りを約30年間で一周しているが、こうした現象をとらえることができるのは、地球の春分と秋分に当たる時期の2回だけという。
 オーロラは、太陽から風のように流れる電気を帯びた粒子が、地球の場合と同じように磁場によって南北両極付近に集まり、大気上層の原子と衝突して起きる。 

民事再生法違反 容疑のIT会社社長ら6人逮捕 警視庁(毎日新聞)
【ネット番記者】「モノサシスト」の演奏(産経新聞)
「政治とカネ」で小沢氏擁護=民主党の輿石氏(時事通信)
地中海マグロが「おいしい」=苦境打開へ、あの手この手(時事通信)
無人偵察機のエンジン停止=飛行試験中、落下処理-防衛省(時事通信)