埼玉県蕨市の自宅で、当時4歳の次男に十分な食事を与えず放置したなどとして、県警蕨署は4日、保護責任者遺棄容疑で、同市中央、無職新藤正美容疑者(47)と妻早苗容疑者(37)を逮捕した。次男はその後死亡している。
 逮捕容疑は2007年11月ごろから、次男の力人君を入浴させず、必要な食事も取らせないなどした上、衰弱しているにもかかわらず、治療を受けさせるなどの措置を取らずに放置した疑い。 

【関連ニュース】
食事与えず5歳児死なす=2カ月放置、体重約6キロに
「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死
女性死亡、無罪主張へ=押尾学被告の弁護団が会見
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死

津波注意報、すべて解除(産経新聞)
文科相、五輪選手支援企業の優遇税制検討(読売新聞)
「安全への努力」WHO認証=児童殺傷事件の池田小、国内初-大阪(時事通信)
<北教組事件>小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
車でバイクに接触、転倒させる=殺人未遂容疑で男を逮捕-福岡県警(時事通信)