自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)が体調不良を理由に今夏の参院選島根選挙区への立候補を断念したことが15日明らかになり、政界に波紋が広がった。すでに党運営の第一線から身を引いていたとはいえ、参院幹事長、議員会長を歴任し「参院のドン」と呼ばれた重鎮の事実上の政界引退に、党内では「低迷する自民党を象徴する出来事だ」との声も漏れた。

 野党転落後、中堅・若手議員からは世代交代を促すため、青木氏を参院選で公認しないよう執行部に求める意見が出ていた。しかし、青木氏は今年1月、5選を目指す意向を表明。同選挙区では07年に現職が国民新党新人に敗れており、執行部は青木氏の実績に期待して公認した。

 大島理森幹事長は岡山市内で記者団に「青木先生の無念を引き継ぐ人を県連が決めれば、ただちに公認手続きをとる」と述べ、後任候補の人選は党島根県連の意向を尊重する考えを示した。県連内では長男で秘書の一彦氏(49)を推す声が上がっている。

 谷川秀善参院幹事長は「青木氏はいい意味でも悪い意味でもいろいろ言われてきた。(参院選への影響は)まったくない」と語った。だが、「青木氏という支柱を失った参院自民党は選挙後に流動化するのではないか」(閣僚経験者)という見方もある。

 自公連立政権時代、野党側で青木氏の折衝相手だった民主党の輿石東参院議員会長は、毎日新聞の取材に対し「『約束したことは必ず守る』を信念にした立派な先輩だった。健康上の問題なので仕方がない」と惜しんだ。【中田卓二、井上元宏】

【関連ニュース】
自民党:青木幹雄氏、参院選出馬を断念 脳梗塞で入院
衆院選:落選の河本三郎氏が政界引退 故河本敏夫氏の三男
衆院選:落選の国民新党の綿貫代表 政界引退を示唆
若林元農相:議員辞職 「魔が差した」と謝罪 10回押す
公明:神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速

宮崎の口蹄疫感染 現地常駐の政府対策チーム発足へ(産経新聞)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)
<横須賀殺人>遺体現場に複数の指紋 東京で自殺男性(毎日新聞)
口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)