トヨタ自動車のハイブリッド車、新型「プリウス」のブレーキに関する苦情が日米のユーザーから寄せられている問題で、国土交通省は3日、国内のトヨタ販売店に入った苦情はこれまでに77件に上ることを明らかにした。
 同省は、ユーザーから直接寄せられている不具合情報13件や、警察からの事故情報1件とともに内容を詳細に調査し、構造などに問題があれば早急に対策を取るよう同社に指示した。
 同省によると、不具合情報13件のうち、2件は昨年12月、残り11件は今年1月に入ってから寄せられ、いずれも「低速走行時にブレーキが利かなかった」「利きにくかった」などの内容だった。 

【関連ニュース】
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
「苦情はもっと多い」=リコール問題、政府に報告
品質問題、看板車種に飛び火=「プリウス」苦情、打撃深刻
米当局、電子制御装置も調査へ=リコール問題拡大の様相
トヨタ株5.7%下落=「プリウス」問題で業績悪化懸念

「未公開株」被害者に「回復手続き」と詐欺(読売新聞)
<桜の開花予想>東京都心は3月23日ごろ 日本気象協会(毎日新聞)
小沢氏会見わずか18分 疑惑説明なお曖昧 4日勾留期限 窮地か余裕か(産経新聞)
大量の人骨は人体実験?旧軍医校の跡地調査へ(読売新聞)
<鳩山首相>小沢氏の幹事長続投、改めて容認(毎日新聞)