沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、同県名護市の稲嶺進市長(64)は13日、政府が有力視する米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部への移設案について、「基地の中なら何でもできると言わんばかりで、絶対に許してはいけない。このままでは(県議会が計画している)県民大会だけでなく、島ぐるみ闘争に発展せざるを得ない」と批判した。

 この日、同案に反対する集会が同市辺野古で開かれ、主催者によると、稲嶺市長は地元住民ら約200人を前に訴えたという。

 稲嶺市長は1月の市長選で、辺野古沿岸部に移設する現行計画に反対して当選した。今月8日の市議会本会議では「辺野古の海はもとより、陸上にも新たな基地を造らせないという信念を貫く」との施政方針演説を行い、シュワブ陸上部案に反対する考えを示している。

<愛知3人殺傷>懲役22年確定へ 最高裁決定(毎日新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
埋葬せずに遺骨紛失、寺に4480万賠償命令(読売新聞)
<強制わいせつ>容疑の警官逮捕 福岡(毎日新聞)
両陛下、愛子さまに気遣い…関係児童にも配慮(読売新聞)