厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)に基づき受け入れたインドネシア人とフィリピン人の計3人が、看護師国家試験に合格したと発表した。EPAで入国した外国人の合格は初めて。
 同省によると、合格者はインドネシア人2人とフィリピン人1人。 

【関連ニュース】
経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示
看護師・介護士試験見直しへ=外国人向けに難解語言い換え
日韓EPA交渉の再開模索へ=鳩山首相が関心、こう着打開目指す
日本企業、情報収集急ぐ=大地震のチリに約50社進出

自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕-佐賀県警(時事通信)
国民生活センター理事長、応募33人全員が不合格(読売新聞)
九州の公共事業14%減 前年度比 港湾事業は25%増(西日本新聞)
<電話不通>東京の板橋区役所で12時間以上 機器の故障か(毎日新聞)
<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)