北陸大(金沢市)の学部再編に伴うドイツ語授業廃止で解雇されたのは不当として、教授2人が大学に地位確認などを求めた訴訟の判決が23日、金沢地裁であった。中山誠一裁判長は「合理的理由を欠く」として解雇を無効とする判決を言い渡した。
 中山裁判長は「解雇は権利の乱用で、社会通念上相当と認められない」と判断。解雇から現在までの給与と賞与の支払いを命じた。
 判決などによると、同大は2004年に、日本人男性教授(63)とドイツ人女性教授(54)が所属していた外国語学部などを廃止し、薬学部など2学部に再編。外国語授業が英語と中国語だけになり、07年に2人に解雇を通知した。
 同地裁は07年、2人の地位を認め賃金の一部を支払う仮処分を命じた。
 北陸大学の話 われわれの主張が認められず遺憾。控訴すると思う。 

野田財務副大臣「子ども手当のハードル高い」(産経新聞)
「メトトレキサート」添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
知事選敗北「政治とカネの影響」=鳩山首相(時事通信)
温暖化法案、原発利用を明記=連立相手の社民にも配慮-小沢環境相(時事通信)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 初の予算編成及第点(産経新聞)