東京都豊島区はこのほど、介護保険サービスの概要と利用方法をドラマ仕立てでまとめたDVDを製作した。区によると、今回の取り組みは東京23区では初めての試みで、全国的に見ても珍しいという。

 DVDは、区の職員が台本を執筆した「ドラマ編」(35分)と、音声と図解による「制度説明編」(15分)の二部構成。聴覚障害者用の字幕も加えた。

 区によると、「介護保険制度とは何か」「利用するにはどのような手続きを行えばよいのか」といった質問が後を絶たないという。一昨年に実施したアンケート調査でも、高齢者に介護保険制度があまり知られていないことが分かったため、ドラマ化することで同制度への区民の理解を促す狙いがある。

 DVDは区の「介護保険ライブラリー」で無料で貸し出すほか、個別に個人や団体にも貸し出す。今後は介護保険課の窓口で活用するほか、関連施設や関係機関などに配布する方針。


【関連記事】
「最期は自宅で」が5割超、奈良県が高齢者介護の実態調査
「介護サービス情報の公表」制度でシンポ
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
福祉サービスへの苦情、横ばいの2500件余-全社協調査
「介護事故」の定義を明確に―日本介護福祉士会

脳細胞死滅を抑える酵素判明=神経疾患治療に期待-秋田大など(時事通信)
<タンポポ>西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け(毎日新聞)
マイナスばかり書く、と中井国家公安委員長(読売新聞)
殺人 65歳の男女2人刺され死亡 京都・長岡京市の路上(毎日新聞)
14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)