愛媛県警松山東署は28日、同県松山市内の高校3年の男子生徒(18)を道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕した。

 発表では、男子生徒は同日午前、同市三番町から約6キロ離れた自宅まで、父親の普通乗用車を運転した疑い。午前10時頃、三番町の市道交差点で一時停止違反をしたとして巡回中の同署員に停止を求められたが逃走。約15分後、同市勝山町の交差点で信号待ちをしていた車3台に接触し、そのまま逃げた。接触された車には各1人が乗っていたが、けがはなかった。

 調べに対し、男子生徒は「警察に捕まると免許が取れなくなると思って逃げた」と供述しているという。

検察審査会、初の起訴議決=元県警副署長、刑事裁判に-明石歩道橋事故・神戸(時事通信)
雑記帳 秋田で漬物「いぶりんピック」(毎日新聞)
普天間代替 退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
<押尾学容疑者>女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見(毎日新聞)
<法務省>公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用(毎日新聞)