小沢氏の資金管理団体「陸山会」を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で逮捕された同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)(西松建設からの違法献金事件で公判中)が、東京地検特捜部の調べに対し、虚偽記入への関与を一部認める供述を始めたことが、関係者の話で分かった。

 大久保被告は同会の元事務担当者・池田光智容疑者(32)と共謀し、2007年5月頃、陸山会から出金され、小沢氏に渡されたとされる4億円を同年分の政治資金収支報告書に支出として記載しなかった疑いが持たれている。大久保被告は当初、関与を否定していたが、最近、池田容疑者からの虚偽記入に関する報告について、「そういうことがあったかもしれない」などと供述し、関与を認め始めたという。

<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除-元社員逮捕・警視庁(時事通信)
「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)
石川議員の辞職勧告決議案、自公が起訴後提出へ(読売新聞)
<読売文学賞>小説賞に高村薫さんの「太陽を曳く馬」(毎日新聞)