個人輸入代行業者らが厚生労働相の承認を得ずにインフルエンザ治療薬「タミフル」の広告をインターネットに掲載した事件で、大阪府警生活環境課は3日、薬事法違反(未承認医薬品の広告)容疑で、東京都や大阪市などの5業者の経営者ら6人を4日に逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 国内で販売承認を受けているのは中外製薬(東京都中央区)1社のみで、同社以外の業者がタミフルの販売や広告を掲載することは同法で禁じられている。同課は仕入れ先についても調べる。
 同課によると、TEN(大阪市中央区)、エーアイジー(東京都豊島区)など4法人と岡山市の個人経営の輸入代行業者らは昨年8~11月、ホームページに「タミフルカプセル75ミリグラム」の写真や商品名、料金などを掲載した疑いが持たれている。
 同課などによると、医薬品の個人輸入代行には規制がないため、近年インターネットを利用した代行業者が急増。中には原価の数倍の価格で取引する業者もいるという。 

【関連ニュース】
中外製薬、10年12月期純利益22%減=「タミフル」売り上げ半減で
初の国産インフル薬、27日発売=3月末までに70万人分確保
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑
初の国産インフル薬承認=塩野義が取得、3月にも発売
未承認ピルを無許可で保管=販売目的、比国籍の女と夫逮捕

江戸川区が全校に読書科新設へ(産経新聞)
外務省、ロシアに厳重抗議=駐日大使、射撃の確認避ける(時事通信)
センバツ 入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>死刑囚側が反論の意見書を提出(毎日新聞)
<化粧>「男のくせに」はもう古い(毎日新聞)