都教育委員会は8日、平成22年度の都立高校一般入試の応募状況(2日目)を発表した。全日制は176校で2万9851人の募集に対し、4万5781人の応募があり、平均倍率は1・53倍(21年度は1・50倍)となった。普通科は1・57倍で、いずれも学区を撤廃した15年度以降で最高となり、受験生の都立志向が高まっている。

 全日制の普通科(コース、単位制以外)で最も倍率が高かったのは、男子が日比谷で3・31倍、女子が足立東で2・54倍だった。

幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待-理研など(時事通信)
小沢氏「けじめ」論で平野長官「コメント控える」(産経新聞)
塚本容疑者「守秘義務がある」 山本病院の患者死亡(産経新聞)
<自民>参院選で2新人を公認(毎日新聞)
5月に民主党訪米団、米国務次官補が要請(読売新聞)