43年前に世界で初めて点字ブロックが設置されたのを記念して、発祥地である岡山市で18日、記念モニュメントが完成し除幕式があった。

 モニュメントは同市中区の原尾島交差点に設置。記念塔や来歴を記した石碑など3点が並ぶ。当時の点字ブロック3枚を埋め込んだ石碑には「暗礁を恐れぬ 希望の眼となれ ここから世界へ ここから未来へ」と刻み込まれ、視覚障害者の安全と自由を守ってきた歴史を伝える。

 点字ブロックは岡山市の実業家、故三宅精一さんが考案した。視覚障害者が交差点で危ない目に遭うのを見たのがきっかけで、コンクリートブロックの表面に突起を並べて試作を繰り返し、1967年3月18日、県立岡山盲学校の生徒の通学路にあたる原尾島交差点に点字ブロック230枚を敷設した。旧国鉄が70年、大阪・我孫子町駅に設置したほか、同年に東京都が採用し、全国に広まった。

 モニュメント建設は、同校の元教頭、竹内昌彦さん(65)が呼び掛け、昨秋から県視覚障害者協会を中心とする実行委員会が進めてきた。除幕式には約130人が出席。同協会の柴田富夫会長(50)は「点字ブロックにより多くの視覚障害者の命が救われた。障害者福祉の向上につなげたい」と話していた。

【関連ニュース】
くらしと政治:’09衆院選 マニフェスト、点字・音声で
障害児者家族のつながりを広める文化祭:点字体験や和太鼓演奏--和歌山 /和歌山
女の気持ちペングループ大阪会:投稿者が例会 視覚障害者が講演 /大阪
音声コード:視覚障がい協会、普及を要請 県、前向き姿勢 /青森
出版:「夢は、情報バリアフリー」 ライトハウス情報文化センターの岩井さん /大阪

<センバツ>「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)
両陛下が「神馬」をご覧に(産経新聞)
龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
<労働時間>有休取得率に目標 ガイドライン改正(毎日新聞)
<みんなの党>参院比例に元全国小売酒販組合中央会長を擁立(毎日新聞)