鳩山由紀夫首相は15日夜、ワシントンで12日に行われた日米の非公式会談について、記者団から「(オバマ米大統領から)不信感を示されたとの認識は」と聞かれ、「ない」と言い切った。そのうえで「まったく事実誤認の記事がたくさん載っている」と反論した。

 首相は15日夜、首相公邸で行われた民主党参院幹部との会合でも、「オバマ氏が(会談で)否定的な発言をしたことというのはまったくのウソだ。あのとき、オバマ氏は何も言わなかった」と強調した。

 さらに、「オバマ氏は話の大半をイランの核開発問題にしたかったが、(首相から)普天間の話を持ち出して、こちらの気持ちを伝えた」と説明した。

 時事通信は同日、会談のなかで、大統領が首相に「きちんと責任を取れるのか」と強い疑問を呈したと伝えた。

「日本は反面教師」韓国ロースクール誕生1年(産経新聞)
“豪快”三宅雪子氏に与野党どよめき(スポーツ報知)
ローソン本社に脅迫文、3000万円要求(読売新聞)
版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)
<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)