【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)

 □浄土真宗本願寺派総長 橘正信さん 

 ■正しい生き方ができる宗教を次世代に 今こそ教えをひろめたい。

 --何が正しい宗教なのか、よく分かりません

 橘 その思いを変えたいのです。日本人は宗教心はある。人は宗教なしでは生きられません。ですが、宗教そのものの理解が日本では進んでいません。

 --理解するためには、何が足りないのですか

 橘 正しい宗教教育です。成長とともに宗教教育があって初めて、きちんとした宗教心に基づいて信仰を選んでいくことができます。西欧ではミッションスクールが多く、宗教に対してきっちり教育がなされています。日本は宗教教育を避けてきた。ですから、無宗教で育てられ、いざ困ったときにデパートみたいに好き勝手に選ぶ。信仰の自由といわれますが、そのためにもわれわれは、正しい生き方ができる宗教を次世代に向けて発信していかなければいけません。

 --親鸞聖人がブームになっています

 橘 50年前のブームと今は違うと思います。まずは親鸞さまを理解する上で、史的解釈も進み、いろんな見方ができる時代になった。これは結構なことだと思います。親鸞さまのことは教科書にもそんなに書かれてはいない時代なのに、若い人たちにも知られるのは非常にありがたいことです。親鸞聖人を知り、学ぶことによって、自分の人生とのかかわりが分かっていただけると思います。

 --親鸞聖人750回大遠忌は、教えを伝えるいいきっかけとなりますね

 橘 50年に一度の大遠忌。平成17年から、法要前、法要、そして法要後を起点にした3期12年にわたる「宗門長期振興計画」を進めてきました。あらゆるところに広報展開し、多くの方とのご縁をつくりたいという思いがあります。

 --どんなことを実践しているのですか

 橘 例えば、今、門徒推進員が約7千人育っています。み教えを通しての研修と中央実習を終えた門徒が推進員として活躍してくださっています。その方々に信仰体験を発表していただこうと考えているのです。僧侶の法話だけでなく、いろいろ話し合う機会をつくりたいのです。

 --僧侶以外のお話も求められているのでしょうか

 橘 浄土真宗は万人が救われていく教えです。普通はお寺に参りますと一方的に話を聞くだけです。苦しみを持つ人が来てみたら、聞きたいことと合致しなかった。寺に参っても…となる。まずはテーマを設け、話し合う。そのことについて門徒推進員が話をする。人々の苦悩に向き合い、ともに悩み、支え合うと関係も深まります。もちろん僧侶の法話を聞くことも大切ですが。

 --教えを分かりやすく伝えるための工夫はありますか

 橘 現代に即応する教学の構築も必要です。「拝読 浄土真宗のみ教え」という冊子を作りました。これまでは言い聞かせようという本が多かったのですが、押しつけではなく、親しみやすい表現で理解を深めていただこうと作りました。学生らに感想を求めたところ「浄土真宗の教えがこういうことだったのかと自然に分かった」という意見が多く寄せられました。

 --最後に

 橘 浄土真宗のみ教えは根本的なことを知らされる教えです。「生かされている命」であることを知らされることです。混迷の時代だからこそ、今、念仏というものが理解されやすいと思います。私たちも努力して、み教えをひろめていきたいと思います。=おわり(聞き手 嶋田知加子)

【関連記事】
浄土真宗本願寺派、新総務5人を選任
国宝飛雲閣の公開始まる 西本願寺
異例「東・西」本願寺そろって協力要請 親鸞遠忌法要
ろうそくの明かりに縁結び 雪化粧の飛騨「三寺まいり」
裁判員制度 対応割れる宗教界 カトリック「過料払っても辞退」

えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
石綿被害 国の不作為認め、26人への賠償命令 大阪地裁(毎日新聞)
ストーカー男と娘を逮捕 金銭目的で犯行か 千葉(産経新聞)
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)

<ニュース1週間>首相、普天間移設の5月末断念/英国キャメロン連立政権誕生、2大政党制崩壊(毎日新聞)

 今週(5月8~14日)のニュースをまとめた。

【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか

 ◇首相、普天間移設の5月末断念

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鳩山由紀夫首相は13日、「沖縄の負担を全国で分かち合う」との理想を47都道府県の知事に問いかける姿勢を打ち出した。自ら設定した5月末決着を断念し、「退陣論」も取りざたされる中、6月以降も関係自治体や米政府との交渉を継続する切り札として「負担分散」を訴え、全国民に責任の共有を求める戦術。全国規模で踏み絵を迫る意味を持ち、「続投」への理解を得られるか、大きな賭けに出たといえそうだ。

 ◇英国キャメロン連立政権誕生、2大政党制崩壊

 6日投開票の英総選挙後の連立交渉の結果、第1党・保守党のキャメロン党首が11日夜(日本時間12日朝)、エリザベス女王から任命を受け首相に就任した。キャメロン新首相は第3党の中道左派・自由民主党と連立政権を発足させ、クレッグ自由民主党党首は副首相に就任した。英国で連立政権が誕生するのは戦後初めて。英国の2大政党制は名実ともに崩壊した。政権交代は13年ぶり。ブラウン首相は同日、辞任した。

 ◇参院選近づき著名人続々擁立

 民主党は10日、夏の参院選比例代表に、柔道女子の五輪金メダリスト、谷亮子氏(34)を公認した。谷氏は党本部で小沢一郎幹事長と共に記者会見し「現役はもちろん続ける。ロンドン五輪で金メダルを目指す」と述べ、現役を引退しない意向を表明した。谷氏は2000年のシドニー、04年のアテネ両五輪で柔道女子48キロ級を連覇。08年の北京五輪は銅メダルを獲得した。

 たちあがれ日本は11日、今夏の参院選比例代表に元プロ野球・巨人の中畑清氏(56)を公認候補として擁立すると発表した。中畑氏は福島県出身。75年にドラフト3位で巨人に入団し、80年代に中心選手として活躍した。明るい性格で「絶好調男」としてファンに親しまれた。

 ◇東北新幹線八戸-新青森間は「はやぶさ」

 JR東日本は11日、東北新幹線八戸-新青森間(81.8キロ)を12月4日に開業し、11年3月に導入する次世代新幹線「E5系」の列車名を「はやぶさ」に決定したと発表した。 開業時は従来の「はやて」で東京-新青森間を1日15往復し、仙台-新青森間、盛岡-新青森間も各1往復する。東京-新青森間は約40分短縮の3時間20分となる。3月の「はやぶさ」投入でさらに10分短縮され、13年度末には国内最速の時速320キロ運転で3時間5分で結ばれる。

 ◇ハロッズ売却 カタール王室関係者に

 ロンドンの高級百貨店ハロッズが総額15億ポンド(約2000億円)で売却されたと、英メディアが8日、伝えた。英BBC放送によると、同社を保有するエジプト出身のモハメド・アルファイド氏が、カタールの王室関係者に売却することに合意、同日朝に取引が成立したという。ハロッズは1849年に開業した老舗百貨店。英王室御用達だったことでも知られ、日本人観光客にも人気で、年間1500万人の顧客が訪れる。

 ◇iPadソフトバンクが販売へ

 ソフトバンクモバイルは8日、米アップル社のマルチメディア携帯端末「iPad(アイパッド)」を28日から販売すると発表した。価格はメモリー16ギガバイトの場合、無線LAN(域内情報通信網)機能のみのタイプが4万8960円、携帯電話回線も利用できるタイプは5万8320円から。インターネット閲覧のほか、電子書籍、ゲーム、動画を楽しめるアイパッドは4月3日、米国で発売され、販売台数はすでに100万台を超えている。

【関連ニュース】
【写真特集】これは格好いいロングノーズだ…E5系の内外装をいろんな角度からみる
【関連記事】米アップル:iPad販売開始 手に入れようと行列できる
【写真で見る】「iPad」の外観と写真イメージ

会社預金7000万円着服か=容疑で元役員逮捕-警視庁(時事通信)
<皇后さま>赤十字大会に出席(毎日新聞)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
<たちあがれ日本>参院比例に中畑氏擁立 青少年育成に意欲(毎日新聞)
停電復旧、10分で可能に=東海道新幹線に遠隔操作装置(時事通信)

<陸山会事件>「冷静な判断を」小沢氏、検察審査会に(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は26日の記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で検察審査会の結論が近く出ることに関し「1年間の強制捜査で結果として潔白を証明してもらったと思っている。検察審査会もそのことを冷静に受け止めてご判断いただければいい」と語った。議決を控え有権者で構成する審査のあり方に直接言及したことで、「圧力ではないか」との批判が出る可能性がある。

 小沢氏は強気の姿勢だが、再捜査となれば改めて「政治とカネ」の問題に焦点が当たるとみられる。参院選への悪影響は避けられず、党内では警戒感が強まっている。

 一方、鳩山由紀夫首相は同日、自らの資金管理団体の偽装献金事件で「不起訴相当」の結論が出たことについて「厳粛に受け止めたい」と語った。平野博文官房長官も「国会でも説明できる範囲は説明した。一つの区切り」として、解決済みとの認識を示している。

 ただ、首相は野党が求める関係資料の国会提出に消極的で、なお攻勢にさらされそうだ。自民党の大島理森幹事長は「(資料提出に消極的なのは)許しがたい不誠実な態度だ。本人が分からないなら関係者の国会招致にリーダーシップを発揮すべきだ」と批判。みんなの党の渡辺喜美代表は「国民の常識から見ておかしいことは国会で解明すべきだ」と指摘し、社民党の重野安正幹事長も「国民の目線で『よし分かった』とはならないだろう」と懸念を口にした。【木下訓明、念佛明奈】

【関連ニュース】
小沢幹事長:「前原君の発言、興味ない」…高速新料金で
検察審査会:鳩山首相「不起訴妥当」も説明に強い疑念表明
検察審査会:鳩山首相「不起訴相当」の議決 偽装献金事件
普天間:9万人県民大会「民意の一つの表れ」…鳩山首相
普天間移設:「岡田外相、微修正で受け入れ」米紙報道

両陛下が奥村土牛展ご鑑賞(産経新聞)
インフル患者が12週ぶりに増加(医療介護CBニュース)
運転免許証から本籍欄が消える(レスポンス)
時効撤廃、スピード審議に疑問の声…遺族は歓迎(読売新聞)
「新党改革」選挙の略称は「ますぞえ新党」の方針(産経新聞)
記事検索
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ