平野博文官房長官は27日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、受け入れ先の地元自治体への対応について一般論と断りながら、「手続きも含めて法律でやらなければならない場合もある」と述べ、法的決着もあり得るとの考えを重ねて示した。
 平野長官は一方で、「地元の協力を得てやらなければならいと一貫して言ってきた」とも語り、土地の強制収容など強硬手段は回避したいとの考えを強調した。 

<公選法違反>後藤衆院議員の出納責任者が控訴(毎日新聞)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大-情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止(読売新聞)
結核検査2200人誤診の疑い=大阪府、正しい検査器具使わず(時事通信)