筑波大学大学院の長照二元教授(56)が、研究論文の実験データ改ざんを理由に懲戒解雇されたのは無効として、同大などに地位確認と2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、水戸地裁土浦支部(犬飼真二裁判長)は19日、長元教授の請求を棄却した。
 訴状などによると、長元教授は2006年8月、高温プラズマを一定時間維持する実験をテーマに米学会誌に論文を発表したが、複数の大学院生が実験データに不審な点があると指摘。筑波大は、不都合な実験データを置き換えるなど、改ざんが判明したとして、08年8月に長元教授を懲戒解雇とした。
 長元教授は同年10月、「改ざんはなく、解雇は無効」として提訴していた。 

【関連ニュース】
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死
元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
債務超過状態で購入勧誘=帳簿改ざん、運転資金に充当

悪天候で帰還1日延期=山崎さんのシャトル(時事通信)
<1Q84>「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)
谷垣氏もツイッター 「好きではない」から転換(産経新聞)
名張毒ぶどう酒事件 農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)