長妻昭厚生労働相は16日、政府が2009年度から開始した生活給付付き職業訓練などを利用して就職した10人を厚労省に招き、制度の改善点をめぐり懇談した。出席者からは、制度を紹介するパンフレットについて「ハローワークでもっと目立つ場所に置いてほしい」と、周知に向けた広報活動の拡充を求める意見が出された。
 生活給付付き職業訓練は、長期失業者ら雇用保険を受給できない人を対象として昨年7月に開始。扶養家族がいれば月12万円、単身者は月10万円の給付が受けられる。
 一部の利用者からは「生活給付が支給されるまでの間、学校や実習先への交通費、テキスト代が負担になる」として、支給の迅速化などを求める声が上がった。これに対し、厚労相は「大変貴重な意見をいただいた」と述べ、今後に役立てたい考えを表明した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

重要民俗文化財 沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
【中医協】医療技術344件が2次評価へ(医療介護CBニュース)
【月と太陽の物語】明石海峡大橋 だるま×だるま(産経新聞)
<産業ガス販売>カルテルの疑いで十数社立ち入り 公取委(毎日新聞)
<就職内定率>大学生73.1% 6年ぶり前年下回る(毎日新聞)