車内に覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の罪に問われた北九州市の無職男性(36)の判決が26日、名古屋地裁であり、村瀬賢裕裁判官は無罪(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。

 男性は、2008年9月、名古屋市南区の乗用車で覚せい剤約0・03グラムを所持したとして起訴された。

 男性は「職務質問を受けて逃げた間に、警察官や第三者が車内に置いた」と無罪を主張し、判決は「男性以外が車内に置いた可能性を否定できず、覚せい剤を所持したとまでは言えない」と判断した。

山崎前副総裁 公認問題決着後、進退自ら判断(毎日新聞)
報告書「大久保秘書に見せた」=石川議員が供述-提出前、「内容了承」(時事通信)
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に上田美由紀容疑者を尾行(産経新聞)
防戦・失言ずさん国会 自民攻勢「野党ボケだ」(産経新聞)
首都高湾岸線で6台玉突き事故、8人軽傷(読売新聞)