鳩山由紀夫首相は14日朝、米軍普天間飛行場の移設問題について、「5月末までに決着する。米国の前に沖縄と全国、特に移設先にかかわる地域に理解をいただき、『これで行こう』という方向でまとめていく。それ以上でもそれ以下でもない」と述べ、月内決着の方針に変わりはないと強調した。首相公邸前で記者団に答えた。首相は13日夜には5月末決着を事実上、断念する考えを示していた。

 この問題で平野博文官房長官は同日午前、訓練の移転先として政府が検討中の鹿児島県・徳之島の関係者と15日、鹿児島市内で会談する考えを明らかにした。関係者によると、住民10数人に会うとされる。

 また、北沢俊美防衛相は記者会見で「政府としての方向性は5月末までに明らかにする」としながらも、6月以降も移設先自治体や米側との協議を継続するとの見通しを示した。

【関連:普天間問題】
米政府、くい打ち方式を正式拒否 「ミサイル攻撃に弱い」
普天間5月末決着を断念 それでも首相は「続投」
代案なき反対は「無責任」 普天間問題でアーミテージ氏
決着先送り 擁護発言続々 亀井氏「引田天功じゃあるまいし」
石原知事「総理としてみっともない。小学生じゃないんだ」

嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び(産経新聞)
出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)
米へ密入国?引き返し便の2人、旅券所持せず(読売新聞)
強盗に自転車投げた!乗って逃げられた(読売新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)