仙台市は14日、宮城刑務所(仙台市若林区)の20~70歳代の男性受刑者129人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、うち2人からノロウイルスが検出されたと発表した。

 重症者はおらず、全員が快方に向かっている。

 市保健医療課によると、受刑者3人が今月3日、症状を訴え、12日までに発症者が約60人に増えたため、同刑務所が若林保健所に報告した。同刑務所は、発症者を隔離したり室内を消毒したりしたが、その後も発症者は増えた。

 いずれも感染性胃腸炎で、検査の結果、14日に2人からノロウイルスが検出された。同刑務所は「受刑者の健康・衛生管理を徹底したい」としている。

NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で-総務省(時事通信)
<囲碁>関西棋院2人目の外国人女性棋士(毎日新聞)
与党、党首討論提案へ 政治とカネ 苦境打開に「捨て身」(産経新聞)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補-政府(時事通信)