警察庁長官銃撃事件が時効を迎えたことについて、国松孝次元長官は30日未明、「誠に残念です。最後まで事件の解決に向けて努力を続けてこられた捜査員諸君の心情を思い、ご労苦に敬意を表します」とのコメントを出した。 

【同盟弱体化】第2部 普天間問題(上)県外固執 首相の甘さ(産経新聞)
<石油ストーブ>ふた外れ引火 火災4件、リコール(毎日新聞)
首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ(産経新聞)
琉歌で首相を激励=国民新・下地氏(時事通信)
<児童支援施設>外部監視を強化 虐待事件で厚労委(毎日新聞)