塩野義製薬は26日、点滴のインフルエンザ治療薬「ラピアクタ」を27日に発売すると発表した。国内開発のインフルエンザ治療薬は初めてで、3月末までに約70万人分を供給する。飲み薬のタミフル、吸入薬のリレンザに次ぐ第3の治療薬で、新型を含むA、B型インフルエンザが対象。5日間投与するタミフル、リレンザと異なり、通常は点滴で1回(約15分間)の投与で済む。人工呼吸器を装着する重症患者にも使いやすく、治療薬選択の幅が広がる。

 世界初の販売となるため、塩野義はすべての患者に副作用調査を行う。小児用も年度内に厚生労働省に製造販売承認の追加申請する準備を進めている。

 塩野義が米国のバイオベンチャーのバイオクリスト社から日本での開発・販売権を取得し、07年から開発を進めてきた。09年10月に厚生労働省に製造販売の承認申請をし、今月13日に承認を取得した。申請から承認まで通常は1年程度かかるが、新型インフルエンザの流行を受けて同省が優先審査品目に指定し、短期間で承認した。

 国内では第一三共、富山化学工業もインフルエンザ治療薬の開発を進めている。【久木田照子】

【関連ニュース】
タミフル:予防投与 12歳以下にも承認
20代喫煙者:7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査
喫煙者:20代「ニコチン依存」7割 半数「高校までに」吸い始め--製薬会社が調査
世界の雑記帳:ホッキョクグマのふん、薬剤耐性菌の研究に一役
ツムラ(4540)は地合悪化の中でも下げ渋る 「医薬用漢方好調、4-12月期純利益は12%増の公算」報道が下支え

財政健全化目標めぐる検討開始-政府(医療介護CBニュース)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 大半の教科書に記述(産経新聞)
検察側冒頭陳述(上)「大事件起こして捕まれば人生終わり」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)
2次補正、きょう午後に成立(時事通信)
神経細胞 皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)