コメが無くとも

面白画像をそのまま貼り付けしてもつまらない。 そんな投稿者のわがままで 適当な物語風にしています。 真実を隠して 嘘で固めたこのサイト。 生活の種にはならないが 笑いのネタになれば幸いです。 なおコメ(コメント)が無くとも頑張っておりますが、 コメ(コメント)があれば嬉しいです。 (米が食いたい。。。) なお老舗面白ネタサイト pya! に転載しています。

      神に選ばれしモノ。神に守られた彼の行く手を遮るものは 何もなかったのである。しかし聖書の神はその彼であっても ちょっと 神に不信を抱いた罪を許さず約束の地手前で彼は その命を神に預ける事となってしまったのである。    ...

      最近 古い本ではありますが帚木蓬生さん著の『ヒトラーの防具』という本を読み終えました。第一次大戦後 ヒトラーの元 復興を遂げた華やかなベルリンに武官補佐官として ベルリンやってきたドイツ人とのハーフの主人公が華やかなドイツのきらびやかに感動しながらその陰 ...

      ふとしたところで現れるあの世の存在に あなたは触れたことはありませんか?神が見放したこの世界で愚かな人類は 簡単に闇の存在と交わろうとしています。その結果 生まれた亜人たち。恐ろしい。判を押したような悪魔が この世に蔓延してしまう!顔を入れ替えています? ...

      人類って凄いですよね。車輪の発明は 軍事や巨大な建築物を創り上げるのに 大きな役割を果たしたと思います。一部の動物たちも道具を利用していますがその道具の運用方法を 一つに限らず様々に活用していて 素晴らしいと思います。そして便利な道具にも 不便を感じたら ...

      幸せなら それでOKさ!   ...

      結婚しない人が増えてきましたね。理想の女性を より美しくより神秘的でそれでいて家庭的。などと 要求ばかりが多くなっているのではないのでしょうか?実際完璧な人など そうそう居ないものです。破廉恥だったり暴力的であったりどっか 違う世界の人だったり と。。。 ...

      様々な文化を吸収して 独自のスタイルに発展させていく。古来より 中華文明に接しながら 中華思想に嵌らなかった賢き民族。皆様はご存知だったのでしょうか?投稿者は おや? と思って調べてみて日本人の恐るべき能力に 改めて驚愕しました。中東で暴れまくる ISISが ...

      何故だ!モノトーンの簡単絵柄でありながら人気を独り占めする魔物め!だが 我が誕生した今お前の時代は もう終わりだ。お前なんか 箱詰めにしてhttps://imgur.com/6qANyzR  重いからリンク先から見てねこの世から 抹殺してやる!そうこの世は 我が愛により 新しい世 ...

      おっと 危ない!動物たちにとって 回りの風景に溶け込むことは捕食者から逃れる手段でもあると同時に獲物から隠れて近付くための 最大の武器であるかもしれません。いわゆる 同化ってヤツです。一歩間違えれば 死を覚悟しなければいけない厳しい野生の世界を生き抜いた ...

      皆さんは マンガを読んでいますか?投稿者も昔は読んでいましたが もうしばらく読んでいません。その反面 深夜アニメは録画して観ていますが 面白いと思う作品もありますが気に入らない作品も多く惰性で見ていたら 後半が面白かった とかそんも事はあり騙されたと思っ ...

      体を鍛えることは 大切である。ただ 肉体は日々の鍛錬無くして保持できないのです。昔 セルジオ越後さんは 年を取って体力は衰えても技術は衰えない と言っておりましたがそれでも 年をとっても鍛えることができるのが 筋肉の素晴らしいところです。みなさんは 体を ...

      地球を守るため次々と終結する人類の最後の希望。もはや 時代設定とかそんな事は関係ない。形振り構わず 戦に挑む人類がいた。そしてその先には 宇宙最強生物たるネコが立ちはだかる。駆逐まで あと僅か。だが 考えが甘かった。ネコは そんなに容易く倒せる相手ではな ...

      聖戦を知らせる弓矢が放たれた。ローマ帝国の元老院は聖地奪還の使命を皇帝に託し 聖地に赴く。聖戦に参戦するため 次々と終結する勇者たち。勿論 ご当地 大和の国からも援軍が。さぁ これですべての準備が整った!いざ聖地秋葉原に!だが 骨向きにされたローマ帝国軍 ...

      あなたにとってセクシーな女性歌手と云えば誰になるのでしょうか?とある世界的アスリートもトレーニングに来るスポーツ施設のレンガに施設利用者のサインがマジックで書かれているのですが世界各地の代表選手や金メダリスト、Jリーガー・プロ野球選手などの著名人のサインに ...

      穴があったら入りたい とか言わないで出ておいで。まったく 2度と戻ってくるんじゃないよ。街の風紀が乱れるから。  ...

      このページのトップヘ