コメが無くとも

面白画像をそのまま貼り付けしてもつまらない。 そんな投稿者のわがままで 適当な物語風にしています。 真実を隠して 嘘で固めたこのサイト。 生活の種にはならないが 笑いのネタになれば幸いです。 なおコメ(コメント)が無くとも頑張っておりますが、 コメ(コメント)があれば嬉しいです。 (米が食いたい。。。) なお老舗面白ネタサイト pya! に転載しています。

2019年01月

かつて 金曜ロードショーで映画評論家 水野晴郎さんが締めくくったセリフ。覚えていらっしゃるでしょうか?実は評価別に セリフを変えていたようです。●最高「いやぁー、映画って本当に素晴らしいものですね」●面白い「いやぁー、映画って本当に良いものですね」●イマ ...

映画『ゴースト』で演じてから常に背後に気配を感じるいったい 何が起きているのか?科学万能と言われる現代ですら未だに解決できない不思議な現象がある。なぜ このようなことが起きているのか?出口の見えない現象を 投稿者は日々追い掛け回しているのです。だが闇の世 ...

昨年ごろからかな?ネットでたくさん紹介された画像の一つ。多くの派生品が造られました。最初の内は コメントを入れ込んだものが主流でしたが男に嫉妬する女性と新しい女性を追い求める男性の構図からだんだんと コメントよりも 構図そのものを利用した作品へと主流は変 ...

もしも コメがあったなら。。。もっと 世界の荒波に挑戦してみたい。もちろん その時は今の適当なブログじゃなくてシャンとした ブログになってからだけど。もっと 盛大にして見せる自信はある。それこそ世界を支配するくらいの意気込みでいくよ!ただあんまり盛大にす ...

さてさて 最終話として『地球の科学』は まだ途中までしか読んでいませんが投稿者の感想を。今 当然の事として捉えられている様々な理論。様々な現象を説明できることから 真実とされている事。大陸が今後もまだ移動の途中であることは将来にわたって障害が出る可能性が ...

さてさて折角なので 大陸移動説について もう少し書き残しておこう。ウェゲナーの大陸移動説。説得力があり いきなり主流になれるかと思いきや学者たちの間では 賛否両論の議論となった。考えてみれば 大陸が動くなど 想像できないことであるからだ。では 否定派が唱 ...

最近 古本屋で日本放送出版協会から発行されたNHKブックス6 『地球の科学』なる本を読み始めています。内容は 最初から驚きの一言でまだ 読み途中なのですが ご紹介を。さて世界地図は皆さんもご覧になったことがあると思います。一般的に使われているのはメルカトル図 ...

もしも未来が分かっていたら人は 頑張ることが出来るのであろうか?投稿者は思う未来が分からないからこそ 夢を見ること努力をすることが 出来るのであろうと。未来のために 今できること。それは 様々なことに 通じることだと思います。ただ人は そのことを知りなが ...

もしもAIが世界を制覇するようになったら どうなるのでしょう?間違いを犯さない世界。それは 新たなる進化を閉ざす可能性があると思いませんか?なぜなら人はみな 間違いや失敗を繰り返しますがそれを 多くの発明・進展への肥やしとしてきたのだから。だから間違えに ...

誰からも愛される存在。それは パンだと思いませんか?職人さんが 腕によりをかけて作ったパンは一つ一つ 全身誠意を込めて作り上げたパンは多くの人を笑顔にしてくれます。もしも あなたが自分で作れるもん!とか思いあがった考えをしているのなら それは改めたほうが ...

研究所に閉じこもって 何かに没頭しすぎても何も思いつかない時があります。でも 日常生活に戻った時や 休息の時間にふと スイッチが入ったかのように 様々な灯を得たといいます。隠れた事実がスイッチが入ったかのように 溢れ出てくるのです。物事を一方向だけから見 ...

たとえ政府がどんなに必要なことを伝えようと緊急特番を組もうがアニメは その特番よりも重要性が高いものとされる日本の文化。他言語よりも同音異義語が 特に多いとされる日本語は 不便・不完全と言う人たちもいますがサラリーマン川柳や落語の世界を思い出してもらいた ...

時が経っても変わらないもの。時が経つごとに 親しさが増すこと。時が経つことに好みが変わってしまうこと。どんな状況でも時は まっすぐに進んでいく。それが 幸せにつながるのなら時を経る事って とても素晴らしいことです。忘れかけてた10年前の事も今となっては懐か ...

どんな名車でも使っているとどうしても ボロボロになってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。 でももっと大切に扱っていたら 車はいつまでも 輝きを失わないのではないでしょうか?ただ街で見かけた 最先端の車は全体が黒光りして 乗車できなそうですが何とか ...

日本には 乙女のたしなみのための戦車道なるものが存在するという。だが本場アメリカでは 気合が違います。幼少のころから磨き上げられた総才能は大学の単位を貰うために教授の車を洗ってポイント稼ぎする必須科目でもあるのです。洗車道。それは戦闘国家アメリカが勝ち得 ...

このページのトップヘ